はじめて会った時はあまり印象に残ってない。

「ふーん。あんた須賀って言うの?同じ金髪のよしみで覚えておいてあげる」

二度目に会った時はしつこい奴だと思った。

「まったく弱っちいねー須賀は。え?まだやるの?暇だからいいけどー」

三度目は…ちょっと見直したかな。

「なーにー?いっちょ前に落ち込んでるのー?」

「はじめたばっかでそうそう勝てるわけ無いでしょー?天才の私は別だけど!ふふー!」

「…え?付き合ってもらった私に悪いって?初心者がそんなこと気にしてちゃ禿げるよー?」

「…また、暇なときは付き合ってあげるからさ」

四度目は見かけによらず優しい奴だと思った。いや、見かけ通りかな。

「…なんだ、須賀か」

「何、アンタもわたしを笑いにきたの?」

「生意気な一年生が生意気にもレギュラーに選ばれたのに準決勝で大失点して2位降格。あげくに優勝を逃す。馬鹿だよね、ホント」

「…何か言いなよ」

「…ぷっ、何それ。変なの」

「あはは、確かに元気出てきた。ありがとね、キョータロー」

五度目は…

「ねえ、キョータロー。私、多分アンタのことが好き」

「仕方ないでしょ?こういうの初めてなんだから」

「あはっ、麻雀以外で嬉しいって思えたの初めてかも」

「…にひひっ♪もう絶対に離してなんかやんないんだから、ね!キョータローのばーか!」

最初はきれいな髪だなーってぐらいだった。

「大星、だっけ?俺は須賀。これからよろしくな」

二度目にはこいつにゃ血も涙もないのか
と思った。ホント鬼かと。

「んだぁー!もう少しだったのにまたトんだー!!クッソもう一回!!!もう一回オナシャス!!!!」

三度目は不器用っつーかなんつーか、優しい奴だと思った。

「落ち込んでちゃ悪いかよ」

「わかってるよ、初心者じゃ勝ちようがないって。恵まれてない限りはさ。でも、一矢くらいは報いたかった。白糸台の、大星の顔に泥を塗っちまった。なによりも、それが悔しいよ」

「いくら気にするなって言われてもこれは性分だからさ。譲れないんだ。後俺は禿げねえ。絶対にだ」

「おう、そん時はよろしく頼む」

四度目はコイツでも落ち込む時はあるんだなって思った。

「よう、大星」

「笑わねーよ。つか笑うところあるのか?」

「ふーん…」

「…何も言えねーよ。俺は天才だって言われたこともなければ一年でレギュラーになったこともない。二位にもなったこと無い。優勝なんて夢のまた夢だよ。大失点はあるけどな」

「俺の麻雀人生笑ってんじゃないよこん娘は。…ま、笑う元気が出てきたのは良いことだがな」

「気にすんなよ。前は俺が淡に元気付けてもらったしな」

五度目は…

「…多分ってなんだよオイ」

「そっか、初めてか…まぁ、うん…俺も、お前が好きだよ…うん…クッソなんかハズいわ!」

「ハイハイ分かった!恥ずかしいついでに言ってやるよ!俺だって一生離してやんねーよ!バーカ!」

カンッ