憧「幸せだなって思うとき?」

京太郎「うん、穏乃とか玄さんとそういう話題になってさ」

憧「ふ~ん、みんなはどんなときが幸せなの?」

京太郎「穏乃は高いところに登ったとき」

憧「あの子は……まったく」

京太郎「玄さんはおもt「もういいわ」

京太郎「あ、はい……あと宥さんはあったかーいときで灼さんはハルちゃんがかっこいいとき」

憧「なんかみんなそのまんまね」

京太郎「そこで憧さんはどんなときが幸せですか?」

憧「えぇー幸せかぁ……そうね、お風呂入ってるときとかかなぁ」

京太郎「あー…お前、風呂超長いもんなぁ」

憧「あんたが短すぎんのよ、あんなんじゃなんにもする時間ないじゃない」

京太郎「充分なんだけどなぁ」

憧「あとは……今」

京太郎「いま?」

憧「京太郎に抱きしめられてるから、幸せ」

京太郎「……お前かわいいこと言うようになったな」

憧「照れてる?」

京太郎「照れてねーし。つーかあれか、俺は風呂と同レベルか」

憧「お風呂に嫉妬する男ってはじめて見たわ」

京太郎「あ、じゃあ俺と風呂に入れば完璧じゃ「却下でーす」

京太郎「はえーよ」

憧「だって絶対それだけで終わんないでしょ」

京太郎「そりゃね、俺は憧としてるときが一番幸せだから」

憧「うわ、サイテーなんですけど」

京太郎「まぁ、聞きなさいよ。これにはちゃんと理由があるんですよ」

憧「そこまで言うなら一応聞いてあげるわ。どうせくっだらないだろうけど」

京太郎「俺はさ、憧に好きって言われたいの」

憧「へ?」

京太郎「憧に好きって言われると、あー生きててよかったーってなるの」

憧「……それがなんの関係があるのよ」

京太郎「だって憧、普段は全然言ってくれねーじゃん。俺にはすげー聞いてきて言わせるくせに」

憧「ぅ……そう?」

京太郎「そうなの。でもしてるときは言ってくれるから」

憧「ッ~~/////」

京太郎「それはもう数え切れないくらい」

憧「わ、わかったからッ!!/////」

京太郎「よっしゃもっと頑張ろうってなるわけよ」


京太郎「ってなことを穏乃たちと話してるときにも思ったんだけど」

憧「言ったの!?」

京太郎「さすがにこんなこと言えねーって」

憧「だ、だよね……そりゃそうよね……」

京太郎「憧のあんな姿知ってるのは俺だけでいいからなー」

憧「……京太郎だけよ、あたりまえじゃない」

京太郎「憧ー好きだぞー」ギューッ

憧「あたしもす、好きよ…大好き」

京太郎「もう思い残すことねーや」

憧「大袈裟すぎー」



「「あ~、幸せ」」


カン!