カコーンッ

京太郎「おっしストラーイク!」

灼「なかなかやる…でもこっちも負けてな…」

カコーンッ

京太郎「むむっ、ならばこっちもーーー」



京太郎「いやー、楽しかった。今日はありがとうございます、灼さん」

灼「ん、気晴らしになったのならい…最近京太郎はよく頑張ってるから…息抜きも必要」

京太郎「灼さん…」

灼「…私は穏乃みたいに活発じゃないし憧みたいに綺麗じゃない、玄みたいに共通の話題もないし宥さんみたいに優しくもない…ハルちゃんみたいに大人っぽくもない」

京太郎「そんなことは「それでも」」

灼「それでも京太郎を想う気持ちで負けるつもりはない」スッ

京太郎「え、灼さーーームグッ!?」

灼「…どうせ憧辺りが先にしてるだろうけど、私は私なりのやり方で京太郎を貰うから」


ーーー覚悟してて、京太郎


カンッ