注:京太郎は3年生です また非恋です



咲「ねぇ京ちゃん」

京太郎「ん?なんだ咲?」

咲「ううん、なんでもない」

京太郎「なんだよ、そっちから話しかけておいてよ、この」グリグリ

咲「あぁもうやめてよ京ちゃん髪が~」

京太郎「ほら、変な事行ってないで早く部室行くぞ」手を握り

咲「うん!」


 京ちゃんと二人、楽しい時間だった、京ちゃんと同じ高校に入り、京ちゃんに誘われて麻雀部に入る
そして部員のみんなで全国をめざし邁進する・・・
まさに本にかいてあるような青春そのもの、私がひそかに憧れていたもの・・・



        • でもそれは夢



サキ サキ  モーオキロー
 ユッサユッサ


咲「・・・ううん、・・・朝?」

?「朝だよ咲 、起きろー!」

咲「・・・・淡・・・ちゃん?」

淡「うん、可愛い淡ちゃんだよ!」

咲「・・・うん・・・おはよう」

淡「反応うっすいなぁ まぁいいや、おはよう咲」


 あぁ目覚めてしまった、今日もいつもの学校生活が・・・・
白糸台での生活が始まる



淡「咲、早く食べないと遅れちゃうよ」

咲「ま、まってよ淡ちゃん、」

 いつも通り、寮で同室の淡ちゃんと朝ご飯を食べる。
1年の教室と寮は離れているので急がないとHRに遅れてしまう
というかなんで淡ちゃんは朝からこんなに元気なのだろうか?


淡「ほらほら、今日も元気に出発シンコーだよ」

咲「あはは・・・あっ」


 朝食を食べ、二人で学校の教室に向かうと知っている二人を見つける
それは私が一番見たくないもの、そして私が一番望んでいたこと


______
____
__



京太郎「ふぁ~・・・寝みぃ」

照「京ちゃん寝不足?」

京太郎「あぁ・・・難しい牌譜があってな」

照「私に聞いてくれればよかったのに」

京太郎「そりゃあ最初から照に聞けば楽だろうけど、それじゃ悔しいだろ?」

照「そう?」

京太郎「俺も少しは考えないと「オッハヨー!!(ドサッ」 のわっ」

淡「やっほー!テル、キョータロー!」

照「・・・おはよう淡、で、京ちゃん大丈夫?」

京太郎「・・・大丈夫じゃない」

淡「うん・・・ってキョータロー、なんで倒れてるの?汚いよ?」

京太郎「お前に後から押されたからだよぉ!!」

淡「そうだっけ?」

京太郎「そうだよ!!、ってか お前後輩、俺先輩!、解ってる!?なんで呼び捨てなんだよ!」

淡「ふふん、私に勝てたら先輩って呼んであげる!」

京太郎「ぐぬぬ、これでも照相手に飛ばない様になったのに」

淡「まぁキョータローは淡ちゃんランキング男子版だったら一位だから頑張りたまえ」

京太郎「なんだよ、その淡ちゃんランキングって・・・」

照「京ちゃんはちゃんと強くなっているから大丈夫だよ、はいハンカチ、制服汚れてるよ?」

京太郎「あぁありがとうな照・・・んで咲、なんでそこに突っ立っているんだ?こっちこいよ」

咲「・・・うん京ちゃん」

京太郎「ったく淡のやろー、まだ朝だって言うのに汚れちまったじゃないか」ブツブツ

淡「あわっ!?、もしかして怒ってる?キョータロー・・・」

照「ふふ、京ちゃん、淡は悪気は無いから」

京太郎「あぁ知ってるよ、本気で怒っているわけじゃないから心配すんなって」

淡「う、ちょっと反省・・・」

照「はい、じゃあこのことはこれで終わりにして・・・ほら、早く教室いこ、咲も授業遅れちゃだめだよ?」

京太郎「咲、なんか元気ねぇな? なんかあったら保健室行くか、俺達にすぐ言えよ?」

咲「うん、ありがとお姉ちゃん、京ちゃん」


 二人が、京ちゃんとお姉ちゃんが三年生の教室に歩いて行く、その姿はまるで恋人同士のようで
私が入って行くすき間など無かった


 お姉ちゃんが嫌な人だったら・・・私はもっと京ちゃんの近くいられたかもしれない

 京ちゃんが嫌な人だったら・・・私はお姉ちゃんにもっと甘えられたかもしれない


でも二人はとても優しくて、暖かくて、 なんでもっと嫌な人でいてくれなかったのだろう



照「京ちゃん、さっき言っていた碑譜、教室についたら見せてね」

京太郎「え? あぁ・・・う~ん、確かにまだ解らない所あったし・・・じゃあ答え合わせと一緒に説明頼むよ」

照「うん!じゃあ早く行こ京ちゃん」

 お姉ちゃんがいつものように手を京ちゃんに差し出し、そしていつものようにその手を受け止める京ちゃん

京太郎「おう、行くか照」



咲「・・・」

淡「サキーほら私達も教室いこ」

咲「・・・うん」

離れて行く二人の影が一つになる、その姿は違和感が無く、まるで長年連れ添った夫婦の様で・・・


だから私は夢を見る・・・


カンッ