《君と健やかにいたい》


京太郎「健夜さん!」

健夜「な、何かな?」

京太郎「好きです!付き合ってください!」

健夜「えぇっ!?」

京太郎「年齢差があることもわかってます!それでもあなたのことを好きになりました」

健夜「で、でも」

京太郎「俺は健夜さんと話してて会話が弾みます」

健夜「それは私も」

京太郎「遊びにいくと楽しいです」

健夜「う、うん」

京太郎「一緒にいるとドキドキします」

健夜「……わ、わたしも」

京太郎「それじゃ……いけませんか?」

健夜「……きょ、今日のところはこれで」ピュー

健夜(び、びっくりした。まさか告白されるなんて)

健夜(でも、逃げちゃったからなー。うぅ……どうしよう)

健夜(多分、振られたと思って諦めちゃうよね……)

健夜(もったいないことしたなぁ……)

健夜(こんな歳になって情けない……バイバイ初恋)



京太郎「捕まえました」ギュ

健夜「えぇっ!?追ってきてたの!?」

京太郎「当たり前じゃないですか!ちゃんとした答えを聞くまで諦めたくありませんから」

健夜「……今更言っても遅くない?」

京太郎「もちろん遅くありません」

健夜(せっかくここまで追ってきてくれたんだ……伝えなきゃ)

健夜「私も……京太郎君のこと……すき」

健夜「だから、付き合ってください」


カン!