玄「あ、京太郎くーん」パタパタ

京太郎「あれ、玄さん。何か用ですか?」

玄「うん!最近ますます頑張ってる京太郎君にプレゼントですのだ!」

京太郎「へっ?」

玄「ジャジャーン!松美玄特選おもち本!」ドヤァ

京太郎「…」ポカーン

玄「あ、あれ!?」

京太郎「…ぷっ」

京太郎「くっくっく…あっははははっ」

玄「えっ?えっ?なんで笑ってるの!?」

京太郎「いや…ククッだって…確かにおもちは好きですけどそれにしたって…あははっ」

玄「むー、そんなに笑うなんてひどいのです京太郎君!」ペシペシ

京太郎「いたた…すんません玄さん」クスクス

玄「ぶー、せっかく京太郎君のために頑張って選んだのに」プクー

京太郎「(かわいい)有り難く頂戴させて頂きます…ありがとうございます、玄さん」ニコッ

玄「はうっ…ど、どういたしまして!…あ、後もう一つプレゼントがあるの!」

京太郎「?」

玄「ちょ、ちょっと屈んでくれるかな?」

京太郎「は、はぁ…これでいいですか?」

玄「う、うん!…よしっ」チュッ

京太郎「…え?」

玄「は、はいおしまい!じゃぁまた明日なのです!」タタッ

京太郎「あ、はい…また、明日…」

玄(うー、ほっぺとはいえチューしちゃった…我ながら大胆なのです…)カァァァ

京太郎(…なんだあの人、天使か?)


カンッ