《でじたる》


和「さぁ須賀君」

透華「早く決めてくださらないかしら?」

京太郎「あの……そんなこと言われても」

和「ずっと言ってるじゃないですか」

透華「私達二人はあなたのことが好きなんですから。決断を下してくださいまし」

京太郎「といっても二人とも嫌いじゃないしな……二人とも……なんてのは無しだよな」ハハハ

「ありえないです」「それでもよろしくてよ」

原村「……え?」

京太郎「え?」

透華「なんですの?」

京太郎「いやいや、冗談だったんだけど」

透華「龍門渕家の婿になるのですから、二人だろうが三人だろうが愛する度量がなくてはいけませんわ」

京太郎「いや、それって心持ちがそうであれ、って話で実際とは違うんじゃないかと」

透華「?」

京太郎「いや、わかった、それでいい(どうせ聞きゃしねぇ)」

透華「では、早速婚約指輪でも「ちょっと待ってください!」……まだ何かありますの?」

和「私はまだ納得してません!ありえ「京太郎は納得しましたわ」……須賀君!」

京太郎「諦めろ和。透華がそう決めたら海外に行ってでもそうする」

和「……あー、もう!!わかりました!それでいいですよ!!」

透華「理解していただけてなによりですわ。では私本妻で、あなたは妾ということで」

和「なんでですか!そんなのありえません!!」

透華「きー!!文句ばっかりうるさいですわね!!」



京太郎「だめだこりゃ」


カン!