京太郎「由暉子…俺はおまえのことが好きだ!俺と付き合ってくれ!」

由暉子「…嬉しいです、京太郎くん。私もあなたのことがす…」

揺杏「その告白、ちょーっと待った!」

京太郎「ゆ、揺杏先輩!?」

由暉子「…待ったとは、どう言うことですか?」

揺杏「ユキに京太郎…忘れたとは言わせないよ。ユキが将来目指す姿をさ」

京太郎「それって…」

由暉子「瑞原はやりプロ…つまり、アイドルですか」

揺杏「そう。それは言い換えれば恋愛は御法度ってことさ」

京太郎「…でも!みんなには秘密にしたら…」

揺杏「京太郎はさ、恋愛スキャンダルを起こしたアイドルを何人見てきた?その中で干された人は?それを考えてもまだ秘密にって言える?」

京太郎「それは…」

揺杏「そもそも私に見つかってる時点で秘密にはできてないよね?身内だから油断したなんて言い訳にもならないよ」

京太郎「ぐ…」

揺杏「ユキがさ、自分の所為で潰れるところなんて見たくないでしょ?」

京太郎「…」ギリッ

由暉子「…わかりました。京太郎くん、私はあなたとお付き合いをすることが出来ません」

京太郎「由暉子…」

揺杏「そう、わかってくれて良かった。私だって言いたくはなかったけれどこれは仕方のないこ」「だから」

由暉子「私をあなたのペットにしてください」

「「えっ」」

由暉子「?」

京太郎「…今なんて言った?」

由暉子「ですから、私を京太郎くんのペットにして欲しいと…」

京太郎「オーケーオーケー、時に一旦落ち着こうか」

由暉子「はい」

京太郎「…」

揺杏「…」

由暉子「…」

「「「………」」」

京太郎「いや落ち着ける訳ねえよ!?どうしてそうなった!?」

由暉子「いえ、恋人同士のお付き合いが御法度なのでしょう?ならばペットと飼い主としてのお付き合いならば問題ないと思ったのですが…」

京太郎「問題しかねぇよぉ!どうしていけると思った!?」

揺杏「そうだよ!何言ってんだよユキ!」

京太郎「今だけは!今だけは揺杏さんの味方です!」

揺杏「ペット枠は私が狙ってたんだから!ユキには絶対渡さないよ!」

京太郎「前言撤回!前言撤回ィィィィ!!俺の思ってた展開と違うぅぅぅぅ!!!!」


由暉子「揺杏先輩、安心してください。私はあなたの邪魔をしませんから」

揺杏「それはどういうこと…?」

京太郎「俺が言いたいっすその台詞」

由暉子「そもそも役割が違うのです。揺杏先輩は全力で甘える犬、私は京太郎くんの…いえ、御主人様の望むままに従う雌犬です」

京太郎(御主人様と言われてゾクッときた自分の本能が憎い)

揺杏「なるほど、それなら一緒に出来そうだ…嫌なこと言っちゃったけど出来れば水に流してこれからもよろしくね!」

由暉子「はい。ですが私はむしろ感謝していますよ。私の秘めた欲望をさらけ出す機会を与えていただいたので」

京太郎「ねえ?俺の意志置いてけぼりくらってない?大丈夫?」

爽「こらぁー!私はそんなもの認めないぞー!」

京太郎「また覗かれてたけど救いの手か!?」

誓子「そうだよ!二人だけずるいよ!私達だって御主人様に飼っていただきたいんだから!」

京太郎「またこのパターンか!正直知ってたチクショウ!!」

成香「あ、あのー…そのー…」

京太郎「成香さん!あなたが最後の希望です!」

成香「その…えっとですね…」

京太郎「はい!」

成香「…目一杯、可愛がって欲しい、にゃあ…」

京太郎「はい?」

成香「な、なーんて…」

京太郎「」

成香「あぅぅ…」カァァァ

京太郎「」



すがけに あたらしい かぞくが くわわりました!

きょうたろう やぬし。へんたい。おもちすきー。どえすよびぐん。

ゆきこ めすいぬ。じゅうじゅん。もっともえろす。おもちもち。

ゆあん わんこ。えろいことよりあまえるほうがすき。ただしいろいろやわっこいのでよくじょうふかひ。

さわや さばさばけいおねこさま。ただしはつじょうしたときのしおらしさはまさにめす。

ちかこ おねえさんねこ。ぼうそうしがちなみんなをまとめるしっかりもの。ふたりきりになるとあまえたさん。

なるか しょうどうぶつけいにゃんこ。ひたすらにかわいい。しゅんじんむくなのでこういのさいはえもいわれぬはいとくかん。


カンッ