○月×日

ーーー今日は京ちゃんに告白された

京ちゃんに呼び出されて、向かった先ですごく真剣な顔をしてる京ちゃんにドキッとしてたら
『咲、お前の事が好きだ!俺と付き合ってくれ!』
って言われて…

思わず固まってたら危うく京ちゃんに拒否したと勘違いされるとこだった

慌てて受け入れた時の京ちゃんの笑顔はすごくーーー


咲「可愛かったなぁ…普段はカッコイイのに」ホゥ

咲「京ちゃんと恋人、かぁ…」ポワポワ

咲「うー、ドキドキして寝れなさそうだよぅ…明日はデートなのに」

咲「…」

咲「…」カキカキ

咲「~~~っ」ボフッ

咲「何書いてるの私!?…寝よ寝よ、もう寝ちゃおう!おやすみなさい!」

ーーーーーーー
咲「…浮かれてたとはいえホント何書いてるんだろ私…でもこれは消したくないなぁ」

サキー?キョウタロウクンガキテルヨー

咲「うぇっ!?も、もうそんな時間!?」ワタワタ

咲「い、今行くー!」ドタドタ



サァァァァァァ パララララララ

ーーー京ちゃん、大好き!


カンッ