京太郎「…」フゥ

憧「こんなとこにいたのね」

京太郎「ん、憧か」

憧「皆心配してたわよ?」

京太郎「…すまん」

憧「…まだ気にしてるの?」

京太郎「ははっ、やっぱわかっちまうか」

京太郎「ーーーわかってるさ。まだまだ初心者の俺がそうそう結果を出せる訳がないことは」

京太郎「でも…それでも…こうして終わって見ると自分が情けなく思えて、な」

憧「そうねぇ…今のアンタは確かに情けないわ」

京太郎「憧…?」

憧「私は…ううん、私たちはアンタがどれだけがんばっていたのか知ってるわ」

憧「それで結果を出せなくて悔しいのはわかる…でも、そうやってウジウジしてるアンタはかっこ悪いし情けない」

京太郎「っ」

憧「『まだ一年だし大会に出る機会なんていくらでもある』なんて気休めにしかならないのはわかってる」

憧「でも…でもね、少なくともーーー」スッ

京太郎「あ、こ…ンンッ!?」

憧「…プハッ 私が好きになった『須賀京太郎』はその程度じゃへこたれないはずよ」

京太郎「…」ボーゼン

憧「だから前を向きなさい、私も、皆もアンタを支えてあげるから」

京太郎「…そう、か…ありがとな、憧」

憧「ふふっ、どういたしまして」

憧「あ、そうそう。キスしちゃったけどすぐにお付き合いしましょうってわけじゃないから」

京太郎「へっ?」

憧「…まぁそんなことだろうと思ったけど。皆アンタに惚れてるのよ?」

京太郎「うぇっ!?」

憧「ま、アンタを貰うのは私だけどねー。じゃ、風邪ひかないうちに戻ってきなさいよ?」ヒラヒラ

京太郎「…マジ、で…?」ポツーン


カンッ