優希「……のどちゃんはお前のこと部活仲間くらいにしか思ってないじぇ」

京太郎「そうだな」

優希「……のどちゃんにはお前なんかよりもっとふさわしい人がいるはずだじぇ」

京太郎「かもな」

優希「……のどちゃんはお前なんか好きになったりしないじぇ」

京太郎「だろうなー」

優希「なんだよ……それなのになんでのどちゃんを諦めないんだっ!」

京太郎「わかるだろ?」

優希「!?」

京太郎「わかってるだろ、そんなの。今お前が必死になってる理由はなんだよ」

優希「そっ、それは……」

京太郎「はぁっ……わかってるよ、わかってるにきまってるだろ。あいつは俺のことなんて眼中にないし、ふさわしくもない、おまけ今後もそれは変わりそうもない」

優希「ならっ!」

京太郎「それでもさ!……それでも、さ。そんな、簡単に割り切れたりなんかしないし、諦められるもんじゃねーんだわ、コレってさ」

優希「……私は、京太郎が、好き……だじぇ」

京太郎「ああ……ありがとうな。俺もお前のこと、嫌いじゃないぜ」

優希「うん……」

京太郎「あーあ、なんでこんなことになっちまったのかね」

優希「……のどちゃんのせい、だじぇ」

京太郎「ははっ、間違いじゃないな」

優希「お前がもう少しダメ犬だったら良かったんだじぇ」

京太郎「そもそもお前が……っとコレはダメだな」

優希「ああもうやめだじぇ!こんなのこの優希ちゃんには似合わないじぇ!」

京太郎「ふふっ、なんだそりゃ」

優希「おい、京太郎!いつかお前をこの優希ちゃんに絶対服従させてやるじぇ!」

京太郎「おおやってみろ。なら俺はそれまでに……まあ可愛い彼女でもつくってみせるかな」

優希「うぅ、タコス分を大量に消費してしまった……もう今日は疲れたじぇ。早く帰って明日からのタコス分を補充せねば」

京太郎「そうだな。こんな時間だしもう帰るか」


優希「じゃあな、京太郎」

京太郎「じゃあな、優希」






「また明日!」