《やったぜ!島根の変態ドMプロ はやりん》

はやり「ふんふ~ん♪あれ、なんだろこれ…」ピラッ

はやり「はやっ!?こ、この写真は…!」

はやり(他の二人はわからないけどこの子って確か清澄の…)

はやり(それにこれに写ってる男の子もカッコイイ…いいなぁ、はやりもこんな子に…あれ?)

京太郎「あー、今日も搾られるのかと思うと気が重い…」テクテク

はやり(あ、あの子は…!間違いない、この写真の子!)

はやり「…よし!」

はやり「ね、ねぇキミ!ちょっといいかな?」

京太郎「はい?って瑞原プロ!?」

はやり「あ、私の事知ってるんだ」

京太郎「は、はい!ファンです!写真集も持ってます!」

はやり「あはっ☆ありがとー♪…で、ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

京太郎「なんなりと!」

はやり「この写真のことなんだけど…これに写ってるのってキミだよね?それともう一人の子はわかんないけど、こっちの子は清澄の原村さんだよね?」

京太郎「」ブフォッ

京太郎(も、モモぉぉぉぉぉぉ!何落としてんだ!つかいつの間に撮った!)

はやり「若いからこういう事に興味があるのはわかるけど…大人としてはさすがに見過ごせないかな?」

はやり「でもはやりだって鬼じゃないから…どうすればいいかわかる、よね?」

京太郎「…何を…すれば?」

はやり「…」クスッ

ーーーーーーー

桃子「京さん遅いっすね…」

和「そうですね…いつもなら遅れる時は連絡してくるのですが…あら?」

桃子「どうしたっすか?」

和「この匂い…」スンスン

桃子「匂い?なんも感じないっすけど…」

和「これは…京太郎君に何かあったようです、こっちですね」タタッ

桃子「へ?ちょ、和ちゃん!?」

和「ハァ…ハァ…ここから京太郎君の匂いがしますね」

桃子「ハァ…ハァ…一体、どういう嗅覚してるんすか…」

和「京太郎君の匂いなら10Km先からでもわかります」キリッ

桃子「なにそれこわい」

和「京太郎君!大丈夫です、か…?」バンッ

桃子「和ちゃん固まってどうしたんす、か…」

京太郎「え?」E:仮面、ブーメランパンツ、ムチ

はやり「ハァ…ハァ…ハァ」E:目隠し、ボールギャグ、縄

和・桃「…」バタン

京太郎「わあああああ!?待って!誤解!二人とも誤解だから!」

ーーーーーーー





和「ーーーつまり、この写真のことを黙っていて貰う代わりに瑞原プロのお願いを聞いた結果があれということですか」

京・はや「ハイ…」

和「はぁ…桃子さん?」

桃子「うぅ、面目ないっす…」

和「…まぁいいでしょう、写真も回収できましたし。さぁ京太郎君、行きましょうk「ま、待って!」…なんですか?」

はやり「あ、あの…お願いします!はやりのことをいじめてください!」ドゲザァッ

京・桃「」ポカーン

和「ふむ、続きをどうぞ?」

はやり「う、うぅ…はやりはこの性癖だしアイドルだから男の人とお付き合いする機会なんてなくてぇ…」グスッ

和「…で?」

はやり「経験なんてないからぁ…ヒック…だからぁ…もうどうすればいいかわからなくてぇ…」エグエグ

京太郎(うわぁ…)

桃子(ガチ泣きっす…)

和「なるほど…瑞原プロはアイドルなのにそういうことをされたいんですか、変態ですね」

京太郎(お前が言うなお前が)

はやり「はいぃ…はやりはいじめられて喜ぶ変態アイドルですぅ…」ゾクゾク

和「…ま、いいんじゃないでしょうか」

京・桃「えぇっ!?」

はやり「ほ、ホント!?」パァァァ

和「最近マンネリ気味でしたし…それに桃子さんが加わってもまだ京太郎君の絶倫っぷりは手に余りますから」

桃子「あー」

京太郎「もういっそ殺して…」ガックシ

和「さて、そういうわけです京太郎君。早速ここで…」チラッ

桃子「!わ、私のことを…」

はやり「いじめてください、ご主人様ぁ…」

京太郎(…もうどうにでもなぁーれ☆)


to be continued…