http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342928340/




久「ええっ!誰に!?」

京太郎「…く、暗かったので顔も見てないんです」グスグス

まこ「げ、元気をだすんじゃ」

和「須賀君…」

優希「た、タコス食うか…?」

京太郎「…皆、ありがとう」グスグス

咲「…なきゃ」

久「?」

咲「消毒しなきゃ!何処の誰かも分からない人に犯されて放って置けないよ!」ガタン

優希「!!」

京太郎「え?」

久「…」スタスタ カチャリ

京太郎「ぶ、部長?」ガタッ

優希「…座ってるんだじぇ、京太郎」ガシッ

京太郎「…ひっ」ガクガク


咲「ちゅっ…れろ…」

京太郎「うっ…」ブルブル

咲「えへへ、京ちゃん気持ちいい?」

京太郎「も、もうやめてくれ咲…」

咲「そっかぁ…もっと頑張るね」

京太郎「さ、咲…」

久「あら、なかなか上手じゃない」

咲「そ、そうですか?えへへ」レロレロ

京太郎「ううっ」

京太郎「のどかっ…これをほどいてくれ…!」ハッ

和「…」ポー

京太郎「発熱してる…むぐっ(息がっ…)」ムググ

和「須賀君…」ギュゥゥ

京太郎(誰か…)ムググ




京太郎「もう誰も信用できない…」ヨロヨロ

京太郎「あんなところ、やめてやる…」

京太郎「…」ヨロヨロ

京太郎「うう…腰が痛い…」

京太郎「もうだめだ…歩けない」ガクッ

ハギー「おや?どうなさいました?」

京太郎「…?」

ハギー「歩けないようですね、どうぞこちらへ」ガシッ

京太郎「す、すみません…」ヨロヨロ

ハギー「…」



京太郎「…もうだめだ」

京太郎「車で何か飲まされた上に知らないところにつれてこられた…」ズルッズルッ

京太郎「あと、お尻が痛い…」ズルッズルッ

京太郎「這ってでも逃げないと」ズルッズルッ

透華「あら?」

京太郎「!」ビクン

一「き、君!どうしたのそんなところで!」

純「行き倒れか…?ほれ、手を貸してやるよ」グッ

京太郎「す、すみま…」ボッキーン

純「なっ…お前!」

京太郎「!!こ、これは違うんです…へんな薬を飲まされて…」

智紀「こんな男を野放しにしておいては衣が危ない、出せるだけ出しておくべき」

京太郎「誤解なんです!違うんです」

透華「往生際が悪いですわ!」ガシッ

一「ごめんねー、でも衣に万が一があっても嫌だしね」ズルズル


京太郎「うっ…」ローン

透華「またですの?ほんとに一の指使いは一流ですわね」

一「これでも手品師だからね」

智紀「いまので6回目」

純「結構出したな」

京太郎「…じゃ、じゃあこれで…」ズリッズリッ

純「まあ待てよ」ガシッズルズル

京太郎(力強っ!)ズルズル

純「羽交い絞めにしとけばいいのか?」ガシッ

透華「抑えててくださいまし…んあっ」リーチ

透華「じっくりたっぷりねぶるように味わわせていただきますわ」グイグイ

京太郎「も、もう許して…下さっ…ううっ」ローン

透華「あら?もう何も出ませんわね」

純「おいおい俺たちまで回ってくるのか?」




京太郎「この辺は危ない…」ヨタヨタ

京太郎「出来るだけ遠くへ行かないと…」

智美「おーい、そこのー」ブロロロ

京太郎「…?」

佳織(眼が虚ろです…)

ゆみ「何処へ行くか知らないがそんな状態では満足に歩けないだろう」


ブロロロ

智美「で…なんであんな事になってたんだー?」ワハハ

京太郎「その…かくかくしかじかで…」

智美「…そ、そうなのかー」ムラムラ

もも「た、大変だったっすね…」ムラッ

睦月「う、うむ…」


ブロロロ キキッ

京太郎「…?…ここ、どこですか?」

智美「山」ワハハ


ゆみ「…ふぅっ、なかなかよかったぞ」

モモ「こ、これが加治木先輩の中に…」ゴクリ

モモ「つ、次私がやるっす!」

京太郎「む、無理です!」ガララ

京太郎「だれか助けてください!」ダダッ

モモ「ああっ、だめっすよ」ガシッ

京太郎「だ、だれk…ムゥ」

佳織「す、すみません静かにしてください…」マタガリ

智美「まあこんな山奥だ、誰もこないだろうけどなー」ワハハ

モモ「ああっ、先輩に入ったのが私にも入ってるっす!」ヘコヘコ

京太郎「ンー…ンー…」ローン

佳織(息が…当たって…)グリグリビクビク

智美「なかなか回ってこないなー」ワハハ

睦月「うむ」




智美「じゃあ学生証と携帯も控えたし、"またなー"」ブロロ

京太郎「」ピクピク

美穂子「…あら?」


京太郎「…!」

美穂子「よかった…眼が覚めて…」

未春「半日は寝てましたもんね」

華菜「なにがあったか話すし!」

京太郎(この人たちはいい人そうだ…)

京太郎「じ、実は…」


美穂子「…///」モジモジ

華菜「キャプテン照れてるし」

未春「し、しかたないよ女子高なんだし…///」

京太郎「す、すみません…こんな話を…」

華菜「いいし!話すことで楽になることもあるし!」

未春「そういった話に疎いからなんとも言えないけどね…」

華菜「初心だし!」

美穂子「そ、そんなことないわ!私もう高三よ!」

華菜「にゃっ!?キャプテンは経験があるし!?」

美穂子「そ、それは…知識だけなら…多少…」モジモジ

華菜「じゃあ試してみるし!」ガシッ

京太郎「…え?」ビクッ

未春「…」ガシッ

美穂子「…ご、ごめんね?」

京太郎「ひっ」ブルブル

華菜「脱ぐし!」バッ

美穂子「きゃっ…」

未春「これが…男の人の…」

京太郎「も、もういいでしょう?帰してください…」

美穂子「…」サワサワ

京太郎「っ…福路さん…」ピクク

美穂子「…(かわいい)」サワサワ

京太郎「ううっ…」

美穂子「…(確かこうすれば)」コスコス

京太郎「うあっ」ローン

美穂子「きゃっ」ベトッ

華菜「キャプテン!」

美穂子「…(不思議な味)」ドキドキ

美穂子「…」トローン

京太郎「じゃ、じゃあ俺はコレで…」

美穂子「まって」ギュッ

美穂子「もっと、くれるわよね」ハムッレロレロ

京太郎「うあっ…」

華菜「キャプテンばっかりずるいし!華菜ちゃんも舐めるし!」チュゥ

京太郎「ちょっ、離してくださ…」

未春「わ、私も…」レロォ

京太郎「うああっ…」ローン

美穂子「!」ピチャピチャ

華菜「かわった味だし!」

未春「も、もう一回お願い(あんまり飲めなかったや)」

京太郎「そ、そんな…」

ピチャピチャ




京太郎「長野は…だめだ…」

京太郎「あらゆる意味でダメだ…魔界だ…」

京太郎「むこう3年は帰りたくない…ところでここは…」

穏乃「どうかしましたかー?」

京太郎「ひっ…いえ…」

穏乃「もしかして道に迷いましたか?」

京太郎「ま、まあそんなところです」

穏乃「じゃあついてきてください!」

京太郎「は、はあ…」

京太郎(どうしてこんな山奥に人が…)


穏乃「~というわけで迷ってたんだ」

玄「ふぅーむなるほどなるほど」

宥「…」ブルブル

灼「なんにせよよろしく」

レジェ(…この匂い)クンクン

レジェ「ねえ君、もしかして~~」


京太郎「え、ま…まあそうですね…それで逃げてきたところです…」

憧「何それ犯罪じゃない!」

レジェ「それは違うわ、須賀君だっけ?あなた気付かなかったの?」

京太郎「…?」

レジェ「ただでさえ女だらけのこの作品で数少ない男キャラ」

レジェ「しかも他の男は完璧超人執事とおじいさん(あとモブ)」

レジェ「貴方は知らず知らずの内に、作品内での男女比率が均等になるようなフェロモンを発していたのよ!」

京太郎「そ、そんな!?じゃあ出来るだけ人から離れないと…」

京太郎「…」ハッ

京太郎「し、失礼しま…ひぃっ」グッ

レジェ「まあまあ、その前にやってくことがあるでしょ?」

宥「あったかーい」ギュッ スリスリ

京太郎「や、やめてくださ…」

玄「ふぅーむなるほどこれは見事な…」ヌガシヌガシ

玄「…んっ…れろっ」ジュルジュル

宥「…暖かい」ギュー

穏乃「サンドイッチだね」

憧「なーんか手出しづらいわね」

灼「…」スタスタ

京太郎「ちょっ…離してくださっ…」チュゥー

灼「ん…」チュゥー

憧「…やるじゃん」

穏乃「…」ウズウズ

憧「じゃー空いてる手でも借りよっかな」パシッ

憧「ほら揉んだもんだー」

穏乃「わ、私も!」パシッ


ワサワサチュパレロヌルスバラッ

レジェ「彼が見えなくなってしまったわ…」ヤレヤレ



照「…ツモ」

照「…ツモ」

淡「最近トルネードツモしなくなりましたね」

照「ああ、出せなくなった」

淡「ええ!?」

照「…」

照(あの日から何故かトルネードが出せない)

照(あれをきっかけに能力が京ちゃんに移ってしまったのだろうか)

照(幸い照魔境は残っているが・・・)

照(京ちゃんから発するなんかいい匂いが風で撒き散らされると大変なことになる)

照(止めないと…でもまずはあと4回ほど咲ニーしておこう)

照(いや…)

照(あと5…6回だな…)キリッ

淡(かっこいい…)




宥「あったかいのもっときてぇー」グリグリ

玄「お、おねえちゃんばっかりずるいよー」フニフニ

京太郎「ウッ…も、もうムリデス…ムググ」

憧「ちょっと手が動いてないわよー」ギュムギュム

京太郎(俺は死ぬんだ…)


バターム

「待ちや!!」

阿知賀「!?」

「そのままやったらソイツ死んでまうで…」

レジェ「あ、貴方は…」

穏乃「どうしてここに…」

「きまっとるやろ…うちは未来が見えるねん!」ドーン

京太郎「…た、助けが…きたのか」

怜「そや、辛かったな何回も出さされて、もう安心しい」

京太郎「や、やっと解放される…」

怜「何言うてんねん」

京太郎「…え?」

怜「要は出さんかったらええだけの話や」

怜「うちの力を使えば延々寸止めも可能やで」(マジキチスマイル)

京太郎「…」ダッ

怜「逃げたで!」

穏乃「…」バッ

京太郎「…うわぁっ」ドターン

怜「なかなかタフやな…でもこのすばら印の筋肉弛緩剤(錠剤)を飲ませとけば」スッ

京太郎「ひぃぃ」ガクガク

怜「皆口開けさせえ!」

京太郎「うわあああやめろおお」ドッタンバッタン

京太郎「うあっ…」ローン

怜「まーた放銃かい」

怜「ほな8本場いきましょか」グリグリ

京太郎「待っ…ああっ…」ビックンビックン

怜「ははは、流石に5人がかりで押さえつけられたら何もできへんな」

玄「お任せあれ」

怜「こっちは竜華に毎晩鍛えられとるからな」グリグリ

京太郎「うああ」ローン

怜「早いとこうちをイかせへんとミイラになってまうで」グリグリグリ

京太郎「」ローン

怜「お?」

京太郎「」

怜「…誰か水もってきてー」

レジェ(ほんとに病弱なのかしら)




咲「ここに京ちゃんが…」

久「信用できるのね?」

智美「おー、須賀君の携帯はここを示しているぞー」ワハハ

もも「一応GPSアプリ勝手に入れておいてよかったっすね」

ゆみ「さすがモモだ」

透華「まったく、リムジンではなくヘリを手配するべきでしたわ」

池田「でもまあ無事についたし!」

純「ほれ行くぞー」ガチャッ

美穂子「だ、ダメよ勝手に開けちゃあ…」


ゾロゾロゾロ


わらわらわら

まこ「…」

睦月「…」

まこ「見えんな」

睦月「うむ」

怜「またハコった(気絶)」

煌「このすばら印の気付け薬を使うのですばらっ」

まこ「…」

睦月「…」

まこ「まるで女体の海じゃの」

睦月「うむァ」

咲「カン、カン」グリグリ

咲「もいっこカン」

京太郎「」リンシャンカイホー




京太郎「な、何とか逃げてこれた…」フラフラ

京太郎「痛い…体中べとべとだし…」フラフラ

照「…あれは」

京太郎「…」フラフラ

照(丁度よかった…能力を返してもらおう)ゴスッ

京太郎「…がっ」バタン


京太郎「…うっ」

照「これが…咲の中に…っ!」ズッズッ

京太郎(誰だ…暗くて…見えない…)

京太郎(ダメだ…また意識が…)


~~~


京太郎「…はっ」ムクッ

京太郎「ここは…旧校舎前…」

京太郎(…何も思い出せない)

京太郎「と、とにかく部室に行かないと」


久「昨日までの記憶がない?」

咲「…」

京太郎「はい…なにがなんやら…」

優希「…」

まこ「その頭のコブはどうしたんじゃ」

京太郎「え…あ…」ズキン

京太郎「そうだ…昨日俺は誰かに殴られて…」

京太郎「…あ」

和「そ、それで…」

京太郎「レイプされた…」



カン