注:京太郎の年齢が変わります 嫌な人はスルーで



夢を見ている・・・

何故か自分は色々な世界をめぐっている

?「京ちゃんまたレディースランチ食べたいの?仕方ないなぁ」

よく迷子になるポンコツな女の子がいた

?「キョウタロー!ほらほら早く部室に行こ!」

金髪の騒がしい強がりの女の子がいた

?「京太郎さん、また一緒にお昼寝しましょう」

巫女服をきた神秘的な女の子

?「京太郎!山に行こうよ!」

いつも元気な、慌ただしい身体小さな女の子

?「京・・・おんぶ」

ダルいが口癖の白髪の女の子

?「京ちゃん~お膝かしてや~」

病弱な膝枕が好きな女の子



色々な人が出てきたり消えたりしている・・・

なぜかみんな世話が大変そうな女の子なのは何故なのだろうか

何?俺はそういう星に生まれてしまったのだ?泣いていいですか?


ユサユサ ユサユサ キョウチャン・・


あぁ誰だ俺を起こすのは、そんな揺らすのはは止めてくれ・・もう起きるから




??「京ちゃん!」

京太郎「う~ん・・」

??「起きて! 京ちゃん!」

京太郎「うあ・・・うん?・・・あぁ」

京太郎「おはよう・・・理沙」

理沙「起きた?」

京太郎「おう、起きた起きた・・・」

理沙「二度寝 ダメ!」

京太郎「そう言われてもなんか変な夢みちまってなぁ」

理沙「夢?」

京太郎「う~ん・・・あれ?なんだっけ?」

理沙「学校! 遅刻!」

京太郎「あぁそうだなそろそろ起きないとなぁ」ムクリ

理沙「うん!」


 野依理沙、俺の幼馴染


京太郎「ふわぁ、まだ寝みぃ・・・」

理沙「我慢!」


 口下手で少し怒りん坊


京太郎「あれ?シャツどこいったっけ?」

理沙「これ!」


 昔、色々あってから俺の背中をひょこひょこ付いてくるようになった


京太郎「なぁ理沙?」

理沙「何? 京ちゃん?」


 京太郎と呼ぶのが長いのか、俺のことを京ちゃんと呼ぶようにいつの間にかなっていた


京太郎「・・・俺着替えたいんだけど?」

理沙「?」


 だけど、一つ勘弁してほしいことがある


京太郎「いや【?】じゃなくてだな部屋出て行ってほしいんだけど」

理沙「大丈夫!bグッ」

京太郎「大丈夫じゃねぇよ!」


 着替えまで一緒に居ようとするのは止めてほしい・・・
,


京太郎「はぁ・・・ほら飯も食ったし遅刻しないように早く行くぞ」

理沙「うん   京ちゃん!」


 いつものように理沙が手をこちらに差し出して・・・


京太郎「はいはい」


 そしていつものように手を握り返してやる・・・

理沙「出発♪」

京太郎「応」

 いつもの日常・・・

カンッ