京太郎「くっそレジェンゴめ…」

穏乃「あっはっはっはっは!きょーたろー!きょーたろー!」ゲラゲラ

憧「ちょっときょうたろー!?きーてんのー!?大体アンタはいつもいつも他の女にぃーーー」グダグダ

宥「わ、私京太郎君じゃないよぅ…」

灼「ハルちゃん…ハルちゃん…」クンカクンカスーハースーハー

晴絵「ンゴー…グガー…」

京太郎「どうすんだよこの状況…元凶はいびきかいて寝てやがるし」

京太郎(いやほんとにどうしよう…素面の宥さんは憧に捕まってるし…そうだ、玄さんは!?)

玄「…」チビチビ

京太郎(ここからじゃよくわからないな…よし、話しかけてみるか)

京太郎「あ、あのー…玄さん?」

玄「…玄『さん』?」ユラァ

京太郎(!?な、なんだこの威圧感!?玄さんの背後になんか女王様みたいな格好をしたおっかない人が見えるぞ!?)

玄「ふ、ふふ…おもちに触ることもできないヘタレで臆病でチキンな童貞さんのくせに生意気だねぇ…?」クイッ

京太郎「え、あ、あの…?」

玄「私のことはぁ…玄『様』とお呼び!!!」

京太郎「え、ちょ、ま…うわぁあああああ!?」




ーーーーーーー

玄「う、うーん…頭が痛いのです…あれ?」

穏乃「ぷるると…ぷるるとがぁ…」ウーンウーン

宥「あ、あったかくないよぅ…」ウーンウーン

灼「ハル、ちゃぁん…」スヤスヤ

晴絵「グゴー…グガー…」

憧「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイワタシゴトキガタメグチキイテゴメンナサイ…」ガタガタブルブル

玄「あ、憧ちゃん…?一体何が…」

憧「ヒィッ!?ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイモウナマイキナクチキキマセンカラナニモシナイデ…!?」カタカタカタカタ

玄「え?え?」

玄(憧ちゃんに一体何が…?)

玄「あ、京太郎く、ん…?」

京太郎「あ…へへ…うひへ…あう?」

京太郎「あ、くろさま…くろさまだぁ…ふへへ…」

玄「きょ、京太郎君!?何があったの!?玄様って何!?」

京太郎「くろさまぁ…もっと罵って…もっとぶってぇ…」

玄「い、一体何があったのーっ!?」

ーーーその後しばらく、京太郎(とついでに憧)は玄を玄様と呼んで崇め奉り、下僕のように振舞っていたという


カンッ