憧「ん…んん~……もう朝…?」

京太郎「うぅ~ん……」スピー

憧「………」

憧「黙ってれば二枚目なのになぁ」

憧「あ、寝癖ついてる、ふふっ」

京太郎「んー……ふぁあ…」

憧「おはよ、もう朝よ」

京太郎「おー憧、おはよぉ……」ギュー

憧「ぅん………ん?」

憧「京太郎、おっきくなってる」

京太郎「朝だからなー、生理現象せーりげんしょー」

憧「ふーん、変なの」

京太郎「ほんとになー」

憧「そうだ、してあげよっか?」

京太郎「なにを?」

憧「これ」

京太郎「え、いいよ別に。すぐおさまるし」

憧「あ、そう」

京太郎「うん」


「………」


憧「ッ~~~~///////」バッ

京太郎「どうした?」

憧「な、なんでもない!!」

京太郎「ならいいけど……」

憧(あ、ああああたし何言っちゃってんの!?!??バカじゃないの!!?)

京太郎「喉かわいた…」モソモソ

京太郎「憧もなんか飲むかー?」

憧「いらないッ!!」

京太郎「ぅーい………恥ずかしがるくらいなら言わなきゃいいのに」

憧「!!、言うなぁ!!!」

京太郎「いやーあの初心だったアコチャーがあんなこと言うようになるとは」

憧「ぅ~、誰のせいよ!」

京太郎「俺ぇ?」

憧「他に誰がいるのよバカぁ!」

京太郎「だよなー、俺かー俺だよなー」

憧「なんでちょっと嬉しそうなのよ!」

京太郎「だってさ、男冥利に尽きるだろ」

憧「わかんないわよそんなの!」

京太郎「わっかんないかなー、わっかんないかー」

憧「あーもう!ニヤニヤするなー!!」


カン