怜「…およ?」

怜「京ちゃん大変、うち偶然にも『超越神フォルダ』なるものを発見したった!」

京太郎「」ブフォッ

京太郎「ゲホッゲホッ…それ一番階層の深いとこですから!偶然とかないですから!」

怜「ま、まさか…」

京太郎「な、なんです…?」

怜「ゲ○ツの贈り物!?」

京太郎「なわけあるかぁっ!?」

怜「うちとっても気になるわ!」

京太郎「気にしないで!?」

怜「ふふ、でも…後二回クリックすれば全てはうちの眼前に…」ニヤリ

京太郎「失礼します!」ガシッ

怜「やーん」

怜「はーなーしーてー」ジタバタ

怜「もうちょいで京ちゃんの性癖がわかると思ったのに~」

京太郎「わかってどうするつもりですか!?」

京太郎「ほら居間に行きましょう、竜華さんがおやつ用意してるはずですから」ズルズル

怜「あーん、はーなーしーてー」

怜「超越神フォルダ超気になる~」

京太郎「気にしないでいいですから!」

怜「うわーん、京ちゃんはーなーしーてー。あ~れ~」

怜「お~た~わ~む~れ~を~♪」

京太郎「へ、変な声出さないでください!人聞きの悪い!ほら行きますよ」グイッ フニュッ

怜「あんっ」ビクゥッ ゴスッ

京太郎「グハッ!?」

京太郎(怜さんの頭が顎に…!というか今の感触って…)フラリ

怜「きょ、京ちゃん…どうせうちの胸触るんならベッドの中で…って京ちゃん?」

竜華「なんや二人とも楽しそうやなぁ、何してるん?…て京ちゃん!?大丈夫!?」

京太郎「りゅ、竜華さん…俺が…死んだら…HDは物理的に破壊してください…」

京太郎「見たら…呪い、ます」ガクッ

怜・竜「京ちゃぁぁぁぁぁん!」

怜「超越神フォルダ見たいぃぃぃぃぃ!」

竜華「え、超越神フォルダ?」

京太郎「…ダメ絶対ダメ…」チーン

竜華「ーーーで、怜。超越神フォルダって?」

怜「これやこれ、見てみよーや」

竜華「え、でも京ちゃんがダメって…」

怜「あんなぁ竜華、これを見れば京ちゃんのあんな性癖やこんな性癖が…」

竜華「…」ゴクリ

ーーー
京太郎「ん…」パチッ

オー、コレハナカナカニナカナカ

ウ、ウン…キョウチャンニツツマレテルカンジガシテエエナァ

京太郎「二人とも…なにやって…っ!?」

京太郎(裸ワイシャツだと…!?俺のワイシャツだからダボダボしててこれは中々にすばらっ!ってそうじゃなくて!)

京太郎「ふ、二人とも…まさか…見た…んですか?」カタカタ

怜「どや、似合うやろー?」ムフー

竜華「う、うん。ごめんな?京ちゃん…でもどうしても気になってな?」

京太郎「orz」ガックシ

怜「そ・れ・よ・り・もー…ほら、竜華」

竜華「う、うん…きょ、京ちゃん…」カァァァ

京太郎「ナンデスカーイマイショノナイヨウカンガエルノデイソガシインデスケドー」

竜華「…きて?」

京太郎「」プッツーン

京太郎「ウオォォォォォォァッ!」

怜・竜「やーん♪」

この後無茶苦茶ry


カンッ