怜「んー、やっぱ京ちゃんの膝は固いなぁ」ゴロゴロ

京太郎「はぁ」

竜華「…」グヌヌ

京太郎(すっげー睨まれてる…)

怜「でもなんかこう安心感があってええなぁ、竜華の膝ともまた違った感じや」グデーン

竜華「…」ゴゴゴゴゴ

京太郎(こえー、ちょーこえー…その内殺意の波動に目覚めそうだ…)

京太郎「あ、あのー…園城寺先輩…?」

怜「なんや固いなぁ京ちゃん、怜ちゃんって呼んでええんやでー?」

京太郎「は、はぁ…」

竜華「ほ、ほら怜!須賀君が困ってるから離れたり!」

京太郎「え、いや別に困っては(ギロリ)ナンデモナイデース」

竜華「膝枕ならうちがしてあげるから!」

怜「んー、今日は京ちゃんの気分やしー」

竜華「今日はってここ数日ずっと須賀君やん!」

怜「そんな時もあるってー」

竜華「ぐ…ぬ…くっ、須賀君!」

京太郎「はいぃ!?」ビクッ

竜華「まだうちは負けたわけやないんだからね!絶対…まだ…うわぁぁぁぁん!」ダッ

京太郎「ちょ、部長!?」

怜「…仕方ないなぁ…」





ーー翌日

怜「お、きたなぁ竜華」ゴロゴロ

竜華「あ、また須賀君に…っ!?」

京太郎(園城寺先輩が消えた!?)

怜「とー」

竜華「え、何!?キャァァァッ」

京太郎(一瞬で縛った!?しかも亀甲しばり!?)

竜華「ちょ、怜!?何するん!?」

怜「竜華も京ちゃんの膝枕を味わってみればうちの気持ちがわかるって…ていっ」ゴロン

竜華「キャッ」

京太郎「おっと」

京太郎(おお…縛られておもちが強調されて…!すばらっ!)

竜華「み、見るなぁ!」

京太郎「ごめんなさい!」

怜「どうやー、うちの気持ちわかったやろー?」

竜華「む…」

竜華(確かに固いけど須賀君以外と体格ええしなんか守ってくれそうな安心感が…)

竜華「ま、まぁ悪くはない、なぁ」

怜「せやろー?じゃぁそろそろ…」

竜華「も、もうちょっと!もうちょっと確かめさせて!」

怜「…まぁええけど」






ーー数日後

怜「なぁ竜華ー、そろそろうちに交代してーなー」

竜華「いーやーやー、こんなええものを独占してたんやからしばらくはうちがするんやー」ゴロゴロ

怜「そんなぁー…」ショボーン

京太郎「は…はは…」

京太郎(俺はどうすれば…)



カンッ