http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343296452/




インターハイ前日

照「みんな、わざわざ集まってくれて申し訳ない」

尭深「いえ、構いませんが……」

菫「何なんだ? とんでもない大事件が発覚したと聞いたが」

照「うむ、正直インターハイなどとは比べ物にならないほどの大事件だ」

誠子「一体、何があったんです?」

照「清澄高校に、私の妹……咲がいることは知っているな?」

淡「耳にタコが出来るほど、散々妹さんの自慢話を聞かされてきましたからね」

照「今日の開会式でも、私は常に清澄の方……正確には咲の方ばかりを見ていた」

菫「シスコンここに極まれりだな」

照「そうしたら、気付いてしまったのだ……思い返すだけでも恐ろしい、事実に……」

淡「…………」ゴクリ


照「清澄高校に……一人、男子部員がいたのだ!」


淡「……え?」

尭深「……?」

誠子「……もしかして、とんでもない大事件ってそんなことですか?」

照「そんなこととは何だ! これ以上の大事件があってたまるか!」

菫「清澄高校って共学だろう? そりゃ男子部員くらいいても不思議ではないだろう」

照「冗談じゃない! 清澄にいていいのは数合わせのモブ女だけ、男などもってのほかだ!」

照「どうしよう……清澄に、咲の近くに男がいるなんて……」

尭深「……で、結局私たちはなぜ集められたのですか?」

照「教えてくれ……私は一体、どうすればいいのだ……」

淡「私も教えてほしいですよ、目の前のシスコン先輩をどうすればいいのか」

誠子「別にどうってことないじゃないですか、男子の一人くらい」

照「そんなわけあるか! いつ咲が奴の毒牙にかかるかと思うと、夜も眠れないこと間違いない!」

誠子「同じ部活だからといって、そんな仲良しになるかというと別問題でしょう」

尭深「……適度な雑談をする程度で、気が付いたら卒業というのが関の山かと」

照「咲の場合にはそれは当てはまらない。見ろ、この写真を。先ほど咲を隠し撮りしたものだ」

淡「隠し撮りって……」

照「どうだ? 死ぬほど可愛いだろう」

菫「……それで?」

照「こんな天使のような咲に、惚れない男がいないわけがない」

菫「あぁ……まぁ、そういうことにしておこうか……」

照「その後バレない程度に色々調べ回り、その男子は須賀京太郎という一年生であることは分かった」

淡「あ、私や妹さんと同い年ですね」

照「そのことも、より危険な材料となっている。一刻も早い対処が必要なことは間違いない」

誠子「と言われましても……」

菫「だから、そうそう男子と恋仲になんてなるはずがない。私たち全員独り身であることからも分かるだろう」

淡「うっ、事実だけどちょっと痛い」

尭深「……あの……」

菫「何だ?」


尭深「窓から見える、あの歩いてる男女……妹さんと、噂の彼では?」


照「!?」

菫「む……確かに宮永咲にも見えるような……」

照「ま、間違いない……我が愛しの咲と、あの忌わしい男だ……」

尭深「……二人きりで、お出かけですね……」

誠子「もしかして、上京デートとかですかね?」

照「で、デートだぞ! 許さん! お姉ちゃんは認めんぞ!」

淡「まぁ、ただぶらぶらしてるところに偶然出くわした、とかかもしれませんし」

尭深「……二人の関係が分からないのが問題」

照「今なら間に合うな。淡、あの二人が何を話してるかを盗み聞きしてこい」

淡「えぇ!? 嫌ですよ、何で私が!?」

照「先輩命令だ」

淡「横暴だ……」

菫「淡……すまないな。照の精神状況は大会にも影響するだろうし……」

淡「やれやれ……仕方ありませんね。急いで行ってきます」



淡(はぁ、はぁ……何とか見失わずに済んだ……)

淡(さて、少し後ろに付いて、と……どんなこと話してるのかな)


京太郎「それにしても、ずいぶん人が多いな」

咲「さすが東京だね」


淡(あれが噂の須賀京太郎ね……ふぅん、結構カッコいいじゃん)

淡(そして宮永咲……言われてみればどことなく、照先輩に似てるような気もするわね)


京太郎「しかし、部長も相変わらず人使いが荒いよなー」

咲「京ちゃん、買い出し頼まれてるんだよね。お疲れ様」

京太郎「咲はどうするんだ?」

咲「もう少し外を歩いてから、ホテルに戻るよ」

京太郎「そっか、さっきみたいに迷子になるなよ」

咲「うっ……開会式には間に合ったもん!」

京太郎「ははは……まぁ全国だし、相手もかなり強いだろうけど頑張れよ」

咲「うん、ありがとう。じゃあね」


淡(…………)



淡「戻りました」

照「どうだった!? 一体、何を話していたんだ!?」

淡「話の内容自体は、極々普通のものでした。少なくとも、恋人同士の甘い語らいって感じでは全くないですね」

照「そ、そうか……それは何よりだ」

淡「ただ一つ気になったことが……」

菫「何だ?」


淡「あの二人、お互いを『京ちゃん』『咲』と呼んでいたんですよね」


照「!?!?!?」

誠子「京ちゃんに、咲……か」

菫「ずいぶん仲が良いみたいだな」

尭深「まるで、恋人……」

照「ば、馬鹿な! 聞き違いじゃないのか!」

淡「いえ、間違いありません。残念でしたね、照先輩」

照「咲に恋人など、あってはならない! そんなオカルトありえない!」

菫「どんだけ必死なんだ、お前は」

照「……というわけで、第1回白糸台チキチキ恋愛会議を開催する」

誠子「まさか私たちも、その得体の知れない会議とやらに参加しなければならないんですか?」

淡「私たち、一応麻雀の全国大会の場にいるんですけど」

照「そんなもの咲の前では塵ほどの重要さもない。そもそも、私がいる限り優勝は確定的だ」

菫「言い切ったよ……しかもあながち間違ってないのが腹立たしい」

尭深「……で、何を話し合うんですか?」

照「今回のテーマは『咲と須賀京太郎は恋人同士か否か』だ」

照「恋人同士だと思うならパネルに『○』と書き、違うと思ったら『×』と書き掲げてくれ」

淡「菫先輩、どうすればいいんですかこの人」

菫「私が知りたい」


照「……よし、みんな結論は出たか?」

尭深「……私は」

誠子「まぁ、一応」

菫「うむ」

淡「いいですよ」

照「では……パネル、オープン!」


宮永照……×

弘世菫……×

渋谷尭深……○

亦野誠子……×

大星淡……○


菫「わりと意見が割れたな」

照「では、まず私から主張させてもらおう。咲に恋人などいるはずがない、以上。反論の余地はあるか?」

淡「いえ、全くありません」

菫「よし、結論も出たしこの会議は終了ということで」

誠子「お疲れ様でした」

尭深「お茶、おいしい……」

照「こら、勝手に終わらすんじゃない!」

淡「はぁ……いいですか。『京ちゃん』に『咲』ですよ」

淡「後者はともかく、前者の呼び方はとてもただの部員同士って関係じゃないでしょう」

尭深「……同感。とても、深い仲……」

菫「私はそうは思わない。それだけで恋人同士というのはやや決めつけすぎだろう」

淡「よく考えてみてください。男子の呼び方、男子からの呼ばれ方を」

淡「大抵は苗字プラスくんorさん付け、もしくは苗字呼び捨てじゃないですか?」

菫「ふむ……」

誠子「まぁ、それは確かに」

照(そもそも男子と会話した記憶がろくにない……)

淡「だから、そんな呼び方をし合っている時点で恋人同士ってのは間違いないですよ」

誠子「私が思うに、恋人でなくても愛称で呼ぶ時もあるかと……たとえば、幼馴染同士とか」

尭深「幼馴染なら照先輩もご存じのはずですよね……」

照「少なくとも、別居する前に咲の口から須賀京太郎の名前を聞いたことはなかったな」

菫「中学からの付き合い、ということも考えられるな」

誠子「いずれにせよ、愛称だけでは現段階で結論を下すのはやや無理があるのでは?」

尭深「まぁ、彼についての情報が不足しているから……」

淡「名前と学年以外はほとんど何も分かっていませんからね」

照「ふむ……」


照「ならば、次は咲との関係を含めた須賀京太郎についての情報を集めることとする」

誠子「どうやってですか?」

照「こういうことは周囲の人間の方がよく理解しているものだ。清澄には他に4人部員がいるだろう」

菫「選手登録されているのは、宮永咲と……一年片岡優希、二年染谷まこ、三年竹井久、一年原村和とあるな」

照「この中の誰かに聞くのが妥当だな。では淡、行ってこい」

淡「何で私なんですか!?」

照「先輩命令だ」

淡「横暴だ……」

淡「でも、どうやって聞くんですか? さすがに赤の他人の私がいきなり押しかけるのも変ですよ」

照「変装でもして『あの男の子のファンなんですけど、どんな人なんですかぁ~?』と聞けばよかろう」

淡「えぇ……そんなことをしなきゃいけないんですか……」

照「カツラとサングラスは用意してある。私服は持ってるな、臆せず行ってこい」

淡「はぁ……で、誰に聞けば?」

照「そうだな……竹井久にしておこう」



淡(まったく、照先輩には困ったなぁ……変装、バレないよね?)

淡(確か、あの人が竹井久ね)


淡「すいません、清澄高校の竹井久さん……ですか?」

久「ええ、そうだけど……あなたは?」

淡「あ、いえ、私は名乗るほどのものでは……少しお聞きしたいことがあるんですけど」

久「何かしら?」

淡「そちらに一人、男子部員がいますよね?」

久「あぁ、須賀君のことね。いるわよ」

淡「私、その彼のファンで……どういう人だか、知りたいなぁって……」

久「へぇ……須賀君も隅におけないわね。いいわ、私もそこまで彼のこと知ってるわけじゃないけど」

久「思えば、彼がいないと人数不足で大会に出られなかったのよね、私たちは」

淡「え? どういうことですか?」

久「彼と、うちの大将……咲が中学の頃からの友人でね、彼女を麻雀部に誘ったのは彼なのよ」

淡(あ、やっぱり中学からの付き合いなんだ……)

久「彼女結構抜けてるところがあるから、昔からよく咲の面倒を見ていたみたいね。今では優希もだけど」

淡「優希……確か、先鋒の……」

久「あら、よく知ってるじゃない。麻雀の実力は初心者同然、だけど唯一の男手だから雑用係として重宝してるわ」

淡(苦労してるのね……)

久「多分彼もその状況に完全に満足しているわけじゃないけど、文句の一つも言わずに働いてくれるのは助かるわ」

淡「我慢強いんですね」

久「というよりも……彼はきっと、それが部のためだというのを理解してくれているのよ」

淡「部のため……ですか?」

久「初心者の自分が雑用に回ることで、私たちがより麻雀を打てる。それが今の清澄にとってベストだってね」

久「表だっては照れくさくてみんな言わないけど……全員彼には感謝してるし、頼りにもしてるわ」

久「ちょっとエッチで巨乳好きなのが、たまにキズだけど。あの年頃の男子なら、仕方ないのかしらね」

淡「…………」

久「私が知っているのは、そんなところかしら」

淡「ありがとうございました」

久「何だったら、須賀君に会ってみる? 今、彼を呼んでもいいけど」

淡「あ、いえ、それには及びません! では、失礼します!」ダッ

久「あっ……」


久「行っちゃった……誰だったのかしら、一体」

久「うーん、どこかで見たような気がするんだけど……」



淡「聞いてきました」

菫「お疲れ様。どうだった、須賀京太郎については」

淡「分かったことをまとめますと、まず宮永咲とは中学の頃から有名な仲良しで麻雀部に誘った張本人」

照「なんだと!?」

淡「非常に面倒見がよく仲間想いで、しばしば宮永咲や片岡優希が世話になっている」

照「なんだと!?」

淡「麻雀は初心者同然ゆえ部での扱いは雑用係、しかし不平をもらすこともなく部のためと献身的に動いている」

照「なんだと!?」

淡「少々軽めの性格なのか巨乳好きらしいけど、陰ながら皆には頼りにされている……といった具合です」

照「やはりとんでもない悪党だ! 一刻も早く排除しなくては!」

菫「いや、凄く良い人じゃないか」

誠子「もういいんじゃないですか、認めてやっても」

尭深「話を聞く限りでは、なかなかの優良物件……」

照「駄目だ駄目だ! そんなのお姉ちゃん許さんぞ!」

菫「照、わがまま言うもんじゃない。私が言えたことではないが、もう高校生なら恋人くらいいても普通だろう」

淡「そうですよ。麻雀ばかりでろくに男を家に招くこともないままアラフォーになったりしたらそっちのが悲惨ですよ」

照「私とて鬼ではない。だが、咲とラブラブする者ならばそれなりの条件があるだろう」

誠子「どんなですか?」

照「まず、誰よりも咲を愛していること」

尭深「まぁ、それは当然……」

照「そして若干年上が望ましい」

誠子「なるほど、年上の方が色々と頼りになるということですね」

照「さらに咲と同性であり」

淡「うんうん、同性の方がお互い理解も早……ん?」

照「最後に、血が繋がっていること! ここまで満たせば、私も文句はない!」

菫「駄目だこいつ……早くなんとかしないと……」

菫「……そういえば、結局二人の関係は友人止まりなのか?」

淡「あぁ、詳しく聞いてませんが……でも竹井久の話ぶりからすると、微妙なラインっぽいですね」

尭深「微妙……?」

淡「少なくとも恋人同士ってことではなさそうですが、ただの友人と言うには見た感じ仲が良すぎる」

誠子「友達以上恋人未満ってやつか」

菫「まぁ『京ちゃん』だもんな」

淡「もしかしたら、どちらかの片思いだったり……実は両思いだったりするのかもしれません」

照「りょ、両思いだと!? そんなオカルトあってたまるか!」


照「……というわけで、第2回白糸台チキチキ恋愛会議を開催する」

誠子「またやるんですか、これ」

淡「私たち、麻雀を打ちに来たんですよね?」

菫「そのはずなんだがな……」

尭深「……で、今回のテーマは?」

照「『咲と須賀京太郎の間に恋愛感情はあるか』だ」

照「淡の話から、両思いだと思ったなら『両』、恋愛感情はないと思ったなら『×』とパネルに書き掲げてくれ」

照「また須賀京太郎の片思いなら『京→咲』、断じてありえないが咲の片思いなら『咲→京』だ。わかったな?」

菫「もう好きにしてくれ」

照「……よし、そろそろいいか?」

尭深「……OKです」

誠子「はい」

菫「こちらも問題ない」

淡「大丈夫ですよ」

照「では……パネル、オープン!」


宮永照……『京→咲』

弘世菫……『両』

渋谷尭深……『咲→京』

亦野誠子……『×』

大星淡……『咲→京』


照「……お前たち、どういうつもりだ……」

淡「思った通りに書いただけです」

誠子「照先輩は、どうしてそう書いたんですか?」

照「咲が須賀京太郎に惚れるなどありえない、そして須賀京太郎が天使のように可愛い咲に惚れないなどありえない」

菫「なるほど、反論の余地もない完璧な論理だ」

淡「ではこれにて解散ということで」

照「それはもういい!」

誠子「菫先輩はどうして両思いだと?」

菫「私は……正直、希望的観測のようなものも多少ある」

尭深「……どういうことですか?」

菫「あぁ。長い付き合いの中で、いつしかお互いに惹かれあっていた」

菫「しかし今の関係が壊れるのが怖くて、ほのかな恋心を胸の内から出せずにいる……」

菫「そのような感じだったら、素敵な話じゃないかと思ってな」

淡「へぇ~、菫先輩って意外と乙女チックなんですね」

菫「な、何を言う。私だって女なんだ、恋愛への興味も憧れも人並みには持ち合わせている」

尭深「……菫先輩、可愛い……」

誠子「可愛いです」

菫「や、やめろ! 恥ずかしいだろ!」

照「……おい、話を続けるぞ」


淡「誠子先輩は、どちらも恋愛感情はないと」

誠子「うーん……分からないけどまだ判断がつかないからとりあえず、という感じで」

菫「淡と尭深は、宮永咲の片思い……か」

淡「今までの情報から判断するに、須賀京太郎はなかなかのスペックを誇っています」

淡「さらに宮永咲とは付き合いも長く『京ちゃん』という非常に親しげな愛称からも、宮永咲が惚れている可能性は高いでしょう」

尭深「逆に、須賀京太郎は軽めの性格……というから、他の子にも名前呼びしているかも」

照「浮気か! 咲というものがありながら、浮気か! 許さん!」

淡「ちょっと照先輩は黙ってて下さい。うるさいので」

菫(こいつ、言うようになったな……)


淡「一方、須賀京太郎は巨乳好きという情報があります」

淡「宮永咲は見る限り、巨乳とは対極に位置する存在。よって、須賀京太郎としては対象外でしょう」

照「咲の胸はこれからなんだ!」

菫「姉を見る限り、これから先も期待できそうにないがな」

照「嫌味か! 自分が巨乳だからって!」

菫「わ、私は関係ないだろう!?」

誠子「……思ったんですけど、いいですか?」

菫「何だ?」

誠子「もう須賀京太郎をどう思っているのか、宮永咲に直接聞いちゃえばいいじゃないですか」

菫「直球で来たな……」

淡「まぁ、それが一番手っ取り早いのは間違いないですよね」

照「それが出来れば苦労はしない」

尭深「……何か、問題でも?」

照「恋愛事情なんて超のつくプライベート。咲と面識のない淡は勿論、深い関係でない限り話してもらえないだろう」

淡「珍しくまともなことを……って、だから何で私が行く前提なんですか!」

誠子「その点ならば問題ありません」

照「ほう、なぜだ?」

誠子「いるじゃないですか。私たちの中に一人、宮永咲と深い関係の人が」


照「…………」

菫「…………」

尭深「…………」

誠子「…………」

淡「…………」


照「ま、まさか私に聞きに行けと!?」

誠子「だって、照先輩は実の姉なんでしょう?」

照「む、無理だ! 恥ずかしいじゃないか!」

菫「心配するな、すでにお前はこの上なく恥ずかしい」


照「……結局来てしまった、清澄のホテル前……」

照「さ、咲に会ったら何と言おうか……久しぶり、いや普通すぎるか……」

照「愛している……違う違う、何年ぶりかにあった妹に言うセリフじゃないだろ!」

照「む……あ、あれは……」サッ


咲「でさー、それで……」


照(さ、咲!)

照(あぁ、我が妹ながら何という可愛らしさだ……)

照(咲の顔写真だけでご飯三杯いけるぞ、私は……)

照(……………………ん?)

照(咲だけじゃない、他にも誰……か……)


京太郎「ははっ、なるほどなー」

咲「それでねー……」


照(す、す、す……須賀京太郎おおおおおおおおおおお!)

照(な、なぜ貴様がここに! いや、いてもおかしくないが!)

照(ふざけるな、咲の隣にいていいのは私だけだ! こら、そこ近いぞ!)

照(咲も咲で、なんでそんな嬉しそうな顔をしてるんだ! くそっくそっ!)


京太郎「じゃあな、咲」

咲「うん、また後でね」


照(……………………)ギリギリギリギリ

照(許さん、許さんぞ……咲にまとわりつく害虫めが……)

咲「…………」

照(こうなったら奴を追いかけて、コークスクリューパンチで亡き者に……)

咲「…………」

照(妹よ、安心しろ。お前の貞操はこの私が守……)

咲「……あの……」

照「……ん?」

咲「……お姉ちゃん?」

照「さ、咲!?」

咲「お姉ちゃん……だよね?」

照「う、うむ、お姉ちゃんだぞ、咲」

咲「……そんなところに隠れて、何してたの?」

照「こ、これはあれだ! その、えっと……この壁の触り心地がよかったので、堪能していたのだ!」

咲「そ、そうなんだ……」

照「…………」

咲「…………」


照・咲「「……あの……」」


照「すまん! お先にどうぞ!」

咲「い、いや、お姉ちゃんからどうぞ!」

照「そ、そうか、では一つ聞くが」

咲「な、何かな?」

照「…………」

咲「…………」

照「……彼とは、どういった関係なんだ?」

咲「へ?」

咲「彼って……京ちゃんのこと?」

照「うむ、ずいぶん……その、仲が良さそうだったが」

咲「きょ、京ちゃんは中学からのお友達で……」

照「……か、彼氏とかではないんだな?」

咲「彼氏!? ち、違うよ! まだそんなんじゃないよ!」

照「…………」

咲「…………」

照「……『まだ』?」

咲「あっ」

照「……咲」

咲「…………」

照「もしかして……好きなのか? 彼の、ことが……」

咲「えっと……」

照「…………」

咲「…………」

照「…………」


咲「……うん……」


照「」

咲「多分、私の片思いなんだけど……」

照「」

咲「あはは……私たち、何でこんな話してるんだろうね」

照「」

咲「…………」

照「」

咲「お姉ちゃん?」

照「……はっ!」

照「は、ははは……ちょっと意識が飛んでいたよ」

咲「……大丈夫? 疲れてるの?」

照「そ、そうかもしれない……ちょっと戻って、休むことにするよ……」

咲「う、うん……」

照「じゃ、じゃあな、咲……」

咲「ま……またね、お姉ちゃん……」



咲「なんかお姉ちゃん、雰囲気変わったなぁ……」

照「うぅっ……咲、咲ぃ……」

菫「ほらほら、いい年して泣くもんじゃない」

尭深「……お茶、飲みますか?」

淡「まぁ、考えようによっては良かったんじゃないですか。変な男に引っかからずに済んで」

誠子「認めましょうよ、もう」

照「やだやだ! そんなのやだ!」

淡「駄々っ子だ……」


照「というわけで、第3回白糸台チキチキ恋愛会議を開催する」

淡「今更何を話し合うんですか?」

照「信じがたいことに、咲があの男に惚れていることはもう確定してしまった」

照「そして咲の超人的可愛さならば、いずれ両思いになることも明らかだ」

誠子「はぁ……」

照「今回のテーマは『どうすれば咲と須賀京太郎がくっつかずに済むか』だ」

照「みんなは方法を考え、パネルに自由に書いてくれ」

菫「やれやれ……」


照「……もういいか?」

菫「いいぞ」

尭深「……はい」

誠子「私も終わりました」

淡「さっさとやっちゃいましょう」

照「では……パネル、オープン!」



宮永照……『須賀京太郎を抹殺する』

弘世菫……『もう止めよう』

渋谷尭深……『須賀京太郎を寝取る』

亦野誠子……『お手上げです』

大星淡……『諦めたら楽になりますよ』



照「やる気あるのか!」

誠子「あろうがなかろうが、もうどうしようもないでしょう」

菫「うむ、後は若い二人に任せるのがいいだろう」

淡「照先輩だって、抹殺とか現実的じゃないですよ」

照「現実にしてみせる」

菫「うちを失格にする気か……って、尭深!?」

尭深「……はい」

誠子「……え……」

淡「た、尭深先輩、寝取るって……」


尭深「…………」

尭深「簡単なこと……先に須賀京太郎を落としてしまえば、二人が結ばれることはない」

尭深「現実的な方法だし、もちろん失格になることもありません……」

誠子「た、確かにそうだけど……」

照「尭深……お前は、やれば出来る奴だと思っていたぞ!」

菫「おとなしそうな顔して、えぐいことを考えるな……」

淡「てか尭深先輩、実は結構この状況楽しんでませんか?」

尭深「……ちょっとだけ」


照「よし、そうと決まれば善は急げだ。淡、須賀京太郎を寝取ってこい」

淡「だから何で私なんですか!?」

照「先輩命令だ」

淡「先輩命令でも今回は駄目ですよ! だいたい、どうすりゃいいんですか!」

照「男なんて単純な生き物だ。偶然を装いぶつかって転んでパンツの一つでも見せればすぐ落ちるに決まっている」

淡「いつの時代のラブコメですかそれは! そもそも、巨乳好きなんだから菫先輩の方が!」

菫「こら、私に振るな。というかさすがにそれは、照がやるべきだろう」

照「ふざけるな。あんな害虫お断りだし、そもそも咲との仲が険悪になってしまうだろう」

菫「まぁ、その可能性は否定できないな……」

照「淡よ、思い出せ。二ヶ月前のあの日を」

淡「何かありましたっけ?」

照「友達に彼氏ができたという話をして『あーあ、私も素敵な彼氏欲しいなぁ』とか言っただろう」

淡「あー、そういえばそんなこともあったような……でもそれ、絶対深く考えて言ったわけじゃ……」

照「どうだ淡。先輩に恩を売りながら、素敵な彼氏を作るチャンスだと思わないか?」

淡「その素敵な彼氏候補のこと、十秒ほど前に害虫って呼んでませんでしたか?」

照「つべこべ言うな! さっさとあの男を……」

菫「きあいパンチ!」ドスッ

照「ぐはっ!」ドサッ


菫「ふぅ……とりあえず、場は落ち着いたな」

淡「あくタイプ相手なので、効果は抜群でしたね」

尭深「エスパーも混ざってそうだから、実は等倍かも……」

誠子「で、これからどうしましょうか? さすがに寝取れってのはアレですし」

尭深「かと言って、照先輩があの状態じゃ大会にも支障が出かねない……」

菫「……そこで考えてみたのだが、まずは友達から始めて段階的に仲良くなる、というのはどうだろう?」

尭深「友達から……ですか?」

菫「即恋人とはいかずとも、だんだん仲良くなっているという姿を見せておけば照も落ち着くだろう」

菫「大会さえ終わってしまえば、後はどうとでもなる。この一週間だけでも、彼と交流を持とう」

淡「確かにパンツ見せて籠絡するよりは、遥かにマシではありますが……」

菫「というわけだ。頼んだぞ、淡」

淡「結局やるのは私なんですか!?」

菫「先輩命令だ」

淡「横暴だ……」

菫「まぁ、心配するな。今回は私も協力するし、尭深と誠子にも力を貸してもらうから」



インターハイ一日目

菫「彼の宿泊しているホテルは……ここでいいんだよな」

淡「えぇ、男子ですからおそらく」

誠子「……そういえば、照先輩は?」

菫「照は置いてきた。あいつを連れていくと、面倒なことになりそうだからな」

淡「……あ! いました、須賀京太郎です!」

菫「都合よく一人だな。わざわざ部屋をたずねる手間が省けた」


菫「……キミ、須賀京太郎君で間違いないか?」

京太郎「え……はい、そうですけど……あれ? もしかして白糸台の方々ですか?」

菫「む、知っているのか?」

京太郎「はい、有名ですし咲のお姉さんもいますから……何か咲に用ですか?」

菫「いや、宮永咲ではなく今日は君に用事があって来たのだ」

京太郎「俺に……?」

菫「うむ。うちの照の妹が、たいそうお世話になっているそうだからな」

京太郎「いえ、そんな大したことは……」

菫「噂に聞いたのだが、君は麻雀はあまり強くない……と」

京太郎「えぇ、正直他のみんなの足元にも及ばないくらいで……」

菫「どうだ? せっかくの機会だ、君さえよければ私たちと少し打たないか?」

京太郎「え!? いいんですか、俺なんかじゃ相手に……」

菫「問題ないさ。照という繋がりもあるし、他の清澄の選手は大会に出るので打てないからな」

尭深「他校との交流も、全国の楽しみの一つ……」

京太郎「ありがとうございます。じゃあ……よろしくお願いします」


誠子「ロン、12000」

京太郎「ま、また飛んだ……」

淡「はぁ……本当に初心者なのね、あんた」

京太郎「うぅ、面目ない……」

淡「二向聴からリーチに対して攻める手じゃないでしょ。親番も残ってるんだし、ここはオリの姿勢で行かないと」

京太郎「オリるっつっても、現物が……」

淡「現物がなくてもスジならあるでしょ」

京太郎「スジ?」

淡「何にも知らないのね……スジっていうのは……」

淡「というわけで、4切りに対する1や7、5切りに対する2や8は通る可能性が高いのよ」

京太郎「へぇ、なるほどな……」

淡「あとこういう形ではこっちを切る方が、ポンでもチーでも両面に取れるでしょ?」

京太郎「……あ、確かに。大星さんだっけ? 教えるの上手いな」

淡「淡でいいわよ、私も京太郎って呼ぶし。というかこのくらい、部員の誰かに教えてもらってないの?」

京太郎「いや……みんな大会の特訓で忙しくて、俺は雑用ばかりだったから」

淡「あんたねぇ……そんなんでいいの?」

京太郎「まぁ、不満が全く無いって言うと嘘にはなるけど……これが俺の役目だからな」

淡「役目?」

京太郎「俺は弱いからさ、麻雀では役に立たない。だから雑用に回って、その分みんなが強くなればって」

京太郎「咲みたいに、戦績では貢献できないけど……陰から清澄を支えられれば、今はそれでいいさ」

菫「うむ、私たちも5人だけの力で勝ってきたわけではない。君のような部員たちが、我々にもいてこそ今がある」

尭深「……みんなには、感謝です」

誠子「でも、須賀君だってこのまま雑用だけで終わる気はないんでしょう?」

京太郎「勿論ですよ! 俺だって大会で勝ち進みたい……だから指導よろしくお願いしますよ、淡先生」

淡「……ま、やる気は認めてあげる。それじゃ、次いくわよ」

京太郎「おう!」



尭深「……ただいま、戻りました」

照「む、みんなしてどこへ行っていたのだ?」

菫「須賀君と交流を深めるため、麻雀を打ってきた。初心者ながらも、強くなる素質は十分感じられたぞ」

照「なるほど、我が作戦も一歩前進ということだな! 淡、この調子で頼むぞ!」

淡「はいはい……」

照「では、私は部屋に戻るとしよう」


菫「さて……みんな、申し訳なかったな。照のわがままに付き合わせてしまって」

誠子「いえ、私も楽しかったですよ」

尭深「いい気分転換になりました……」

菫「淡も今日の感じでのらりくらりと、大会終了まで彼と付き合っていけば照の方は大丈夫だろう」

淡「だといいんですけど……」



久「あら須賀君、どこ行ってたの?」

京太郎「あ、みんな。実は白糸台の人たちに麻雀に誘われまして……」

咲「白糸台って……お姉ちゃんの?」

京太郎「咲のお姉さんは来てなかったけどな。何でも宮永照の妹が世話になってるとか何とかで……」

優希「なに~、犬のくせに生意気だじぇ! 私も連れてけ!」

まこ「選手同士はまずいじゃろ……」

久「そうだったの。今度会ったら、お礼言っておかないとねぇ」

咲「ふうん……」



インターハイ二日目

淡「あら京太郎、偶然ね。買い出し?」

京太郎「ん、淡か……あぁ、みんなは明日の相手について色々調べてるからな」

淡「そういえば明日は清澄の試合だっけ。うちは五日目までは何もないからね」

京太郎「白糸台はシードだからな。でも、対戦相手の研究とかはあるだろ」

淡「勿論それなりにしてるわよ。正直、何もしなくても先輩たちだけで勝てるとは思うけどね」

京太郎「まぁ、あの人たちならな……」

淡「……それにしても重そうね。半分持ってあげてもいいけど」

京太郎「い、いやそんな女の子に荷物を持たせるわけには……」

淡「遠慮しなくていいわよ」

京太郎「……んじゃ、こっちの軽い方を頼むわ」


京太郎「悪いな、ホテル前まで付き合わせちゃって」

淡「別にいいわよ。あと、せっかくだし携帯のアドレスも交換しない?」

京太郎「おう。そんじゃ、っと……」



京太郎「よし、これでいいかな」

淡「じゃあ、私も戻るわ。明日頑張ってね……って、あんたが戦うわけじゃないけど」

京太郎「ははは、まぁ決勝で会おうぜ」


淡「須賀京太郎と偶然会ったんで、携帯番号とアドレスを交換してきましたよ」

菫「ほぉ、やるな淡」

誠子「でも、肝心要の照先輩が今はいないけどね」

淡「どうしたんですか?」

尭深「明日は妹の試合があるから、自宅でHDDレコーダーと格闘してくるって言って……」

淡「あー……あの人、機械オンチですからね。一日作業になりそう」

菫「まぁ、淡はその調子で頼む。照さえ落ち着けば、我々の優勝もより盤石なものとなるだろう」

淡「……ま、適当にやりますよ」



京太郎「買い出し、終わりましたー」

まこ「京太郎、お前さんやるのぉ~」

京太郎「へ? 何がですか?」

久「優希が言ってたのよ、女の子と一緒に戻ってくるところを見たって」

優希「さかりのついた犬には、お仕置きが必要だじぇ!」

京太郎「いててっ、こら叩くな!」

咲「京ちゃん、本当なの……?」

京太郎「まぁ、そうだが……」

咲「その子……誰?」

京太郎「淡だよ、大星淡」

和「大星淡って……白糸台の大将ですよね」

咲「確か昨日、一緒に麻雀打ったって……」

京太郎「そうそう。淡の奴、教えるのうまかったな。俺も一気に強くなった気がするぜ」

咲「そう……」

優希「そんな簡単に強くなるわけあるかー!」

京太郎「ほらよ優希、タコス買ってきたぞ」

優希「おー、でかした犬!」

咲「…………」



インターハイ三日目

京太郎「はー、すげぇな……まさか中堅戦で終わっちまうとは」

咲「私と原村さんの出番、なかったね……」

優希「見たか京太郎、私の大活躍を!」

京太郎「一番稼いだのは部長だけどな」

優希「なにをー!」


プルルルル

京太郎「ん、電話だ。ちょっと失礼……」バタン


京太郎『もしもし』

淡『見てたわよ、京太郎。まずは一回戦突破おめでとう』

京太郎『淡か。ありがとな、俺は何もしてないけど』

淡『菫先輩も言ってたでしょ。あんたの力があったからこその勝利よ』

京太郎『ははは、そう言ってもらえると嬉しいよ』

淡『まぁ、油断しないことね。清澄の次の相手、見る限りなかなか手ごわそうよ』

京太郎『大丈夫さ、あいつらなら。淡の方こそ、負けるなよ』

淡『……! ばーか、あんたに心配されるほど弱くないわよ。それじゃあね』


ピッ

バタン

咲「……誰だったの?」

京太郎「淡だよ。一回戦突破おめでとうってさ」

まこ「ほっほう……」

咲「……仲、いいんだね」

京太郎「別に普通だろ。しかしさすがに白糸台は余裕あるもんだなー」

和「王者の余裕ってやつでしょうか」

咲「…………」



淡「……照先輩、どうしたんです? 真っ白になって」

照「」

誠子「妹さんまで回らなかったショックで……」

淡「あぁ、なるほど……」

照「」



インターハイ四日目



淡「…………」

淡「明日が、私の……全国の初戦……」


プルルルル

淡「……ん……」

淡「京太郎……?」


淡『もしもし、何?』

京太郎『いや、特に用があるわけでもないんだけどさ』

淡『……何よそれ』

京太郎『明日が試合だろ? やっぱり淡でも緊張してんのかなーと思って、つい……』

淡『……私がそんな風に見える?』

京太郎『まぁ、いくら淡とはいえ一年だし……』

淡『…………』

京太郎『…………』

淡『……よくわかったわね。その通りよ』

淡『みんなには弱音を吐かないようにしてるけど、本当は……先輩たちみたいに余裕はないの』

淡『初めての全国の舞台で、常勝の白糸台の……しかも大将。勝って当然、負けたら恥っていうポジション』

淡『負けるはずがないとは思っていても、負けたらどうしようって気持ちも凄く大きいの』

淡『正直……明日、戦うのが怖いわ……』

京太郎『なるほどなー、何だか安心したよ』

淡『安心って、何が』

京太郎『白糸台の人たちって、負けることなんかありえないって感じに見えてさ、遠い世界だなーと思ってたんだ』

京太郎『淡みたいに不安でドキドキの奴もいるんだなと思うと、やっぱり同じ人間なんだなって』

淡『はぁ……気楽なものね、あんたは』

京太郎『まっ、淡なら心配ないだろ。お前の強さは俺が保証するからさ』

淡『あんたに保証されても、全然安心できないわよ』

京太郎『ははは、冗談冗談。でも考えてみな。弘世さん達、先輩が「自分は負けるはずはない」って言ったらどう思う?』

淡『……さすがの自信だなって思うわ。実際ずっと勝ってきたわけだし、信頼もする」

京太郎『その人たちが淡を大将にしたってことは『淡なら絶対に負けない』って判断したってことだろ?』

淡『…………』

京太郎『だから、自信持てよ。それで万が一負けたら、いっそオーダーを組んだ先輩に責任押し付けちまうとかさ』

淡『……あはは、それ採用。少し気が楽になったわ』

京太郎『ならよかった。ま、普通に打ってりゃ負けることはないだろ。なんせあの人たちが信頼した大将なんだから』

淡『うん、ありがと。じゃあね、京太郎』


ピッ

淡「すみません、遅れました」

菫「遅いぞ淡。まぁいい、じゃあ明日の相手について色々と再確認しておこう」

照「……咲、咲ぃ……」

尭深「あ、喋れる程度には回復してる……」

菫「なんだかんだで卓につけばいつもの調子が出せるだろう。今は放っておこう」

淡「えーっと、明日の相手は新道寺女子に苅谷賀、柏山学院でしたっけ」

菫「あぁ、特に新道寺女子の大将は手ごわそうだ。だが淡なら大丈夫だろう、任せたぞ」

淡「まぁ、気楽にいつも通りやろうと思います」

誠子「……淡、なんだか嬉しそうじゃない? 何かいいことでもあった?」

淡「え? 別に、特に何もないですよ。気のせいじゃないですか?」

尭深「……嬉しそう……」



インターハイ五日目

菫「まずはみんな、お疲れ様。照も完全に復活したな」

照「よく考えたら、負けてしまっては咲と決勝で会えないだろう」

誠子「相変わらずですね、照先輩」

菫「淡も大舞台で大変だったろうが、よくやった」

淡「ありがとうございます。準決勝もこの調子でいきます」

菫「よし、とりあえずは各々部屋に戻って一旦休み、また後で集まろう」


プルルルル

淡『もしもし』

京太郎『淡か。あ、今はまだ忙しかったか?」

淡『ううん、大丈夫よ』

京太郎『見てたぜ! さすがだな、淡! 圧勝じゃないか!』

淡『ありがと、見ててくれたんだ。といっても先輩たちが大量リードしてくれたおかげだけど』

京太郎『清澄もきっと決勝いくから、その時が楽しみだな。言っておくが、咲はつえーぞ』

淡『……へぇ、私よりも?』

京太郎『え? いや、俺みたいな地を這う者には雲の上同士の戦いなんか分からないぜ』

淡『……ま、それもそうか。じゃあ、また会いましょう』

京太郎『おう』


ピッ

菫「戻ったか、淡」

淡「はい。あ、そうそう照先輩。さっき京太郎と携帯で話してきましたよ」

照「何!? もうそんな仲になったのか、偉いぞ淡! 次は胸の一つでも触らせて……」

淡「はいはい、照先輩は大会に集中してくださいね」

菫「気付かなかったな……いつの間にかずいぶん進展してたんだな」

誠子「携帯番号まで交換とは……」

淡「照先輩の作戦に乗っただけですよ。好きでやってるわけじゃないです」

尭深「……本当に?」

淡「……他に理由はないでしょう」

尭深「…………」

菫「ま、それはさておきこれからのことだが……」



咲「ねぇ、京ちゃん」

京太郎「何だ、咲」

咲「さっき、誰かと電話してたよね。誰?」

京太郎「あぁ、淡だよ。さっき勝ったからおめでとうって言っただけさ」

咲「……また大星さん? 確かこの前も、一緒に麻雀打ったって言ってたよね。仲良くしすぎなんじゃない?」

京太郎「そうか?」

咲「……いずれ戦う、敵なんだよ。わかってる?」

京太郎「おいおい、どうしたんだ咲。そんなことを言うなんて珍しいな」

咲「……何でもないよ。それじゃあね」



インターハイ六日目

京太郎「申し訳ありません、今日も誘っていただいて……」

菫「気にするな。それに先日に比べると、少しは上達したと見えるぞ。須賀君」

誠子「うん、今日は飛ばなくなってきたしね」

京太郎「そうですか? だとしたら嬉しいんですが、やっぱり全然勝てませんので実感が……」

淡「あのねぇ、誰と打ってると思ってるの。勝てるわけないでしょ」

京太郎「ははは、だよな」

淡「それに、まだまだ全然よ。例えば、ここはこっちを切った方が受け入れが広くなるの分かる?」

京太郎「あ、そうか確かに……」

淡「まったく、本当に教え甲斐のある奴ね……京太郎は」

京太郎「大したもんだろう」

淡「褒めてないっつーの!」

尭深「…………」

淡「……な、何ですか? 尭深先輩」


尭深「須賀君……宮永咲さんのこと、どう思ってるの?」

淡「!?」

菫(……! 尭深の奴、踏み込んできたな!)

京太郎「どう……とは?」

尭深「好きなの?」

京太郎「な、なんでいきなり!?」

尭深「……ずいぶん、仲がいいって聞いてるから……」

京太郎「さ、咲はただの幼馴染で……」

尭深「そうなの? 可愛いし長い付き合いみたいだし、てっきり好きなのかと……」

淡「ちょ、ちょっと尭深先輩……どうしたんですか、いきなり」

尭深「女の子はスイーツと日本茶と恋愛話が大好き……」

誠子「いや、日本茶はどうだか……」

京太郎「第一、咲だって俺のことなんか別に……」

尭深「……そう思う?」

菫「おい尭深、あんまり人のプライベートを突っつくもんじゃないぞ」

尭深「そうですね……ごめんなさい、須賀君」

京太郎「あ、いえ……」

淡「…………」

京太郎「ど、どうしたんだ淡。そんな睨んで」

淡「別に」


京太郎「今日もありがとうございました」

菫「清澄は明日が準々決勝だったな。勝利を祈っているぞ」

京太郎「はい。それではまた」



菫「……淡」

淡「何ですか」

菫「本当のところはどうなんだ? 須賀君のこと」

淡「だから、照先輩のために仕方なく……」

尭深「……ミイラ取りが、何とやら……」

淡「どういう意味ですか!?」

尭深「……わかってるくせに……」

誠子(尭深、楽しんでるな……)



咲「京ちゃん」

京太郎「な、何だ!?」

咲「知ってるよ。また大星さん……白糸台の人たちと遊んでたんでしょ」

京太郎「……誘われたから教えてもらいに行ったんだ」

咲「……それだけ?」

京太郎「それ以上、何があるってんだよ。俺は部屋に戻るぞ」

咲「…………」

京太郎「あぁもう……何かまともに咲の顔が見れねぇ……」

京太郎「渋谷さんが変なこと言うから……咲はそんなんじゃないってのに……」




咲「…………」

咲「……私の方が、ずっと長く京ちゃんを見つめてきたのに……」

咲「なんで、たった数日で……」

咲「ずるいよ、大星さん……ずるい……」



インターハイ七日目

咲「……京ちゃん」

京太郎「咲か……今日はお疲れ様。相手もかなり強そうだったのに、さすがだな」

咲「また、大星さんと電話してた?」

京太郎「え? あぁ、準決勝進出おめでとうって……簡単な話を、少しな」

咲「……そう……」

京太郎「どうしたんだよ、咲。ここ数日、何かおかしいぞ」

咲「…………」



インターハイ八日目

『あ、京ちゃんだ! ねぇ、京ちゃ……』

『ははは、淡は本当に可愛いなー』

『もう、京太郎ってば何言ってるのよ』

『あ……京ちゃん……』

『ん? 誰この子?』

『あぁ、咲か。ただの知り合いだよ、気にせず行こうぜ』

『待ってよ……京ちゃん……』


咲「行かないで、京ちゃん!」

咲「はぁ……はぁ……ゆ、夢……?」

咲「……京ちゃん……」

咲「…………」

久「あら、咲じゃない。どうしたの、うかない顔して」

咲「……部長……」

久「……そういえば以前須賀君のファンですって子が来たんだけど、今思えば大星さんに似てたわね」

咲「!」ビクッ

久「……やっぱり、須賀君絡みだったのね。ここ数日の貴方たち、少しおかしかったもの」

咲「…………」

久「須賀君のこと、好きなんでしょ? だから最近仲の良い大星さんに嫉妬してるのよね」

久「咲……私は恋愛経験豊富ってわけでは全然ないし、大したアドバイスもできないけど、一つ分かることがあるわ」

咲「……何ですか?」

久「あなたは、このまま何もしなかったら……きっと後悔することになる」

咲「……!」

久「須賀君とはただの友達のままで、満足?」

咲「……満足なわけ、ないです……!」

久「だったら……何か行動を起こすって手も、アリだと思うわよ。大星さんに取られちゃう前に」

咲「…………」

久「あとは、あなたが決めることよ。それじゃ、明後日の準決勝も期待してるわ」



菫「……よし、こんなところでいいだろう。明日は強豪の千里山もいる、気を抜かないようにな」

照「そういえば淡、あの男とはどんな感じだ?」

淡「えーと……まぁ、一歩ずつ着実に進んでいるってとこですかね」

照「そうかそうか、いいぞ。その調子で奴をモノにし、私は咲とてるてるすれば万事解決だ」

淡「はぁ……」

照「そうしてしまえば、後はもうあんな害虫どうでもいい。捨てるなり何なり、淡の好きなようにしてしまえ」

淡「……っ!」

菫「おいおい、さすがにそれは言いすぎだろう」

照「言いすぎなものか。咲をたぶらかすような奴なんて……」

淡「……どうしてですか……」

照「ん?」

淡「照先輩が、京太郎の何を知っているっていうんですか……」

照「あ、淡……」

淡「何にも知らないで……酷いことばかり言って……!」

菫「お、おい淡!」

淡「照先輩の……バカぁっ!」バタン


照「…………」

誠子「……行っちゃいましたね……」

菫「……なぁ、照」

菫「本当はお前も、分かっているんだろう?」

照「……何のことだ……」

菫「大好きな妹を取られたのが、悔しかった。だから嫉妬心で、彼のことをきつく見てしまっているということに」

照「…………」

菫「本当は分かっているはずだ。彼は、お前が言うような人ではないって」

照「そんなこと……」

菫「いや、分かっているだろう。大好きな妹と……大好きな後輩が、好きになった男なのだから」

照「…………」


尭深(……どきどき……)

誠子(楽しんでるな、尭深の奴……)



淡「うぅっ……照先輩の、バカぁっ……」

淡「何よ、人の気も知らないで……うぅ……」


プルルルル

淡「…………」

淡「京……太郎……?」


京太郎『もしもし』

淡『……何?』

京太郎『……ん? 淡、泣いてるのか?』

淡『泣いてなんか、ないわよ……』

京太郎『……そうか。まぁいいけど……明日、準決勝だよな』

淡『……そうね』

京太郎『やっぱり、緊張してるか?』

淡『前ほどじゃないけど……多少はね』

京太郎『そっか、そうだよな……淡なら大丈夫だと思うけど、何か俺にできることがあれば……』

淡『……じゃあ、一ついい?』

京太郎『おう、何だ?』

淡『明日、私たちが勝ったら……また、電話して。声を聞かせて』

京太郎『えっ!?』

淡『できるでしょ。それとも……できないの?』

京太郎『……あぁ、わかった。じゃあ約束だ。お前も、勝ってくれよ』

淡『……任せなさい! それじゃ、明日またね!』


ピッ

淡「…………」

淡「……ふふ……」



インターハイ九日目

久「……やっぱり白糸台は強いわね」

まこ「あぁ……まだ大将戦が残っているとはいえ、圧倒的じゃのう」

和「そういえば、須賀君はあの人とはお友達でしたっけ?」

京太郎「ん……まぁ……」

咲「…………」


『あなたは、このまま何もしなかったら……きっと後悔することになる』

『何か行動を起こすって手も、アリだと思うわよ』


咲「ねぇ、京ちゃん。一つ……言いたいことがあるの」

優希「どうしたんだじぇ、咲ちゃん。改まって」

京太郎「何だ、咲」

咲「…………」

和「宮永さん……?」


咲「私、京ちゃんが好き」


京太郎「なっ……」

和「えっ!?」

久「…………」

まこ「!?」

優希「じぇ~~~~~~~~~!」

咲「返事は、今はいいよ。でも……待ってるから」バタン

まこ「さ、咲!」

京太郎「……咲が……俺を、好き……?」

咲「…………」

久「咲」

咲「……部長……」

久「よく言ったわ。あとは……彼があなたを選ぶのを祈りましょう」

咲「……はい……」

久「大将戦、別の部屋で一緒に見ましょう。恋でも麻雀でも、負けないようにね」

咲「……ありがとうございます、部長……」



誠子「お疲れ様、淡」

尭深「素晴らしい活躍……」

淡「……どうも」

菫「ほら、照」

照「そ、その……淡、昨日はすまなかった……」

淡「…………」

照「私は、その……」

淡「ふふ、安心してください。わかってますから」

照「……淡……」

淡「照先輩、わかりやすいですから。決勝もよろしくお願いしますね」

照「……ありがとう、淡」

淡「すいません、ちょっと部屋に戻ります。また後で来ますから」


尭深「でも……何とか決勝まで来れましたね」

誠子「凄く疲れました、今年の全国は……まだ終わってませんけど」

照「心配せずとも大丈夫だ、みんなには私がついている。敗北などありえん」

菫「心配の種のほとんどは、お前が原因だったんだけどな」



淡「…………」

淡「京太郎、遅いなぁ……」

淡「電話、くれるって言ったよね……」

淡「…………」

淡「……もう5分だけ、待ってあげるからさ……早く、かけて来てよ……」


京太郎(23時か……明日も早いし、そろそろ寝ておかないとな……)

京太郎(……咲……)


プルルルル

京太郎「……ん、淡か……」

淡『……どうしたのよ、京太郎。かけてくれるって、言ったじゃない』

京太郎『あ、あぁ……すまん、忘れてた……』

淡『……待ってたんだけど』

京太郎『……ごめんな……』

淡『何か……あったんでしょ? 声が、いつもの調子じゃないわよ』

京太郎『…………』

淡『……教えてくれない?』

京太郎『…………』

淡『…………』


京太郎『咲に……告白された。好きだって』


淡『!』

京太郎『それで、色々考えてたら……電話の約束、忘れちまった。本当にすまない』

淡『……そ、そうなんだ……きょ、京太郎はどうする気なの?』

京太郎『……正直、わかんねぇ。自分がどうしたいのか……』

淡『…………』

京太郎『自分の気持ちが……全然、わかんないんだ……』

淡『……付き合っちゃえばいいじゃん』

京太郎『……え?』

淡『ずっと仲良くしてたんでしょ? きっと恋人になっても、うまくいくわよ。さっさと付き合えば?』

京太郎『……あ、淡……』

淡『いいんじゃないの、可愛い彼女ができて。羨ましいくらいね』

京太郎『……淡は、それは本心なのか?』

淡『私には……関係ない、話だもの』

京太郎『だったら……何で、泣いてるんだよ』

淡『……泣いてなんか……ない、わよ……』

京太郎『……淡……』

淡『何よ! 勝手にしなさいよ!』


ピッ

淡「うっ……うぅっ……」

淡「京太郎……」


コンコン

照「淡……入るぞ」

淡「……照、先輩……」

照「……どうしたんだ?」

淡「うっ……うわああああああああああん!」

照「……そうか、咲が……」

淡「わっ、私……どうしたら……」

照「…………」

淡「このままじゃ、京太郎を取られちゃう……うぅっ、やだ、やだよぉ……」

照「……淡、すまない。全て、私のせいだ……」

照「私のせいで、淡を苦しめることになってしまった……咲も、須賀京太郎をも……」

淡「……照、先輩……」

照「だから……」

照「私が、何とかしてみせる」



インターハイ十日目

久「おはよう、咲。気合十分ね」

咲「おはようございます、部長」

久「……さっき、宮永照が会いに来たわ」

咲「お姉ちゃんが……!?」

久「ええ、話があるから試合会場の裏口付近で待ってるって」

咲「…………」



照「……来たか、咲」

咲「……話って何? お姉ちゃん」

照「須賀君に告白したというのは……本当か?」

咲「……うん……」

照「……好きなんだな、彼のことが」

咲「……大好き。他の誰にも、取られたくないくらい」

照「そうか……なぁ、咲」

咲「何?」

照「私よりも……好きか? 彼のことが」

咲「…………」

照「…………」

咲「……私が、一番一緒にいたいって思う人は……京ちゃん」

照「……そうか……」

咲「でも……」

咲「私の中には、いつもお姉ちゃんがいた」

咲「お姉ちゃんがいなかったら、麻雀をまた始めることも……麻雀部に入ることもなかったし」

咲「もしかしたら……京ちゃんに告白することすら、できなかったかもしれない」

照「…………」

咲「ずっとお姉ちゃんのことを考えてた。ずっとお姉ちゃんを追いかけてた」

咲「京ちゃんのことは大好き。でも、これから先どんな人と会うことがあっても……」

咲「私が一番好きなのは……お姉ちゃんだよ!」

照「……咲……」

咲「……もう行くね。私、絶対勝つから……決勝で、会おうね」

照「……なぁ、咲。私は……幸せ者だな」

咲「あはは、どうしたの急に」

照「世界一の妹と……私のわがままに付き合い続けてくれている、世界一の後輩がいる」

咲「…………」

照「彼が、選んでくれるといいな……咲」

咲「……うん……」

照「あと、すまないがもう一人呼び出してほしい人がいる。頼めるか?」

咲「……え?」


照「顔を合わせるのは初めてだな」

京太郎「宮永照さんですね。初めまして、須賀京太郎です」

照「妹がお世話になっている……君には本当に、謝っても謝り切れない」

京太郎「え?」

照「君に、淡をけしかけたのは……私なんだ」


京太郎「……なるほど、そういう話だったんですか……」

照「私のわがままで、本当に迷惑をかけてしまった。すまない、などという言葉では許されないのは分かってる」

京太郎「いえ……」

照「だが……それでも私は咲の姉として、淡の先輩として、そして私個人として」

照「君には、結論を下してもらいたいんだ。私にこんなことを言う資格はないのは承知の上で」

京太郎「…………」

照「咲はもちろん……淡の気持ちも、もう気付いているのだろう?」

京太郎「……はい……」

照「君が真剣に考えた末の結論なら……咲も淡も、納得してくれる」

京太郎「……俺も、ずっと考えていたんです……咲のこと、淡のこと……」

京太郎「そして、もう結論も出ています」

照「……そうか……」

京太郎「今夜、二人を呼び出します。照さんも、淡と一緒に来てください」

京太郎「照さんにも、聞いてほしい……俺の、返事を……」

照「……あぁ、必ず行くさ」

咲(勝った……これで明日は、決勝戦……)

淡(決勝進出は私たちと阿知賀、姫松、そして……清澄……)


ビーッ ビーッ

咲(ん……)

淡(メール? 差出人は……京太郎……)



『今夜9時、来てほしい。場所は……』


咲「…………」

淡「…………」

照「……須賀君、来たか……」

京太郎「……すまないみんな、待ったか?」

咲「ううん……」

淡「京太郎、何の用なの……」

京太郎「俺は、ずっと考えてたんだ……淡と咲、どちらが好きなのか」

京太郎「そして……結論が出た」

662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/27(金) 03:21:11.83 ID:gZ6TC2CT0
淡「京太郎……」

咲「京ちゃん……」

照「…………」

京太郎「淡、咲……」

京太郎「俺が、好きなのは……」


京太郎「俺が好きなのは……咲だ」


京太郎「淡は、一緒にいるとすげー楽しい……友達になれて、本当によかったと思ってる」

京太郎「でも……やっぱり俺の隣にいるのは……咲以外、考えられないんだ」

咲「……京ちゃん……」

京太郎「咲、麻雀も弱いし色々と頼りない俺だけど……それでもよかったら……」

咲「……うんっ……うんっ……」

京太郎「咲……好きだ」

咲「私も……京ちゃんのこと、大好き……!」

京太郎「ごめん、淡……俺は、淡の気持ちには答えられない……」

淡「……気にしなくていいわよ……私、あんたに好きだなんて言ったっけ?」

京太郎「…………」

淡「勘違いしないでよ……あんたのことなんか……何とも思って、ないんだから……」

京太郎「……ごめんな、淡」

照「……須賀君。咲は……私の、命より大事な……たった一人の、妹だ……」

照「うっ……ぐすっ……た、頼んだぞ……須賀君……!」

咲「……お姉ちゃん……」

京太郎「……はい!」

淡「じゃ、照先輩……私たちは、帰りましょう。お邪魔ですよ」

照「咲……明日は、負けないからな……」

咲「私も……負けないよ、お姉ちゃん、大星さん……」



照「…………」

淡「……先輩……」

誠子「淡……」

尭深「残念だったね……」

淡「……残念……? 私は作戦に乗っただけ、あいつのことなんて……何とも……」

菫「……そうか。なら……私たちに付き合ってくれ。気分転換に、夜遊びでもしようじゃないか」

誠子「あはは、私たち悪い子ですね」

尭深「……でも、たまには新鮮かも……」

菫「みんなでおいしいものでも食べて……辛いことがあったら、吐き出してしまえ」

誠子「私たち、みんな仲間だからね」

尭深「一心同体……」

照「……みんな……」

淡「うっ、うぅっ……せん、ぱぁい……」



京太郎「はぁ~あ、今日から新学期か」

咲「憂鬱そうだね、京ちゃん」

京太郎「そりゃ休みが終わったら、憂鬱にもなるさ」

咲「私は結構楽しみだけどなー、新学期」

京太郎「うへぇ、マジか……」

咲「……ねぇ、京ちゃん。こうして一緒に通学路を歩き始めて、何年にもなるよね」

京太郎「長い付き合いだもんな」

咲「でもね……今日は、今までとは違う……新鮮な、感触だよ」

京太郎「……へぇ、何でだ?」

咲「もう……わかってて聞いてるでしょ、京ちゃん!」

京太郎「はははっ、まぁな」

咲「もうっ……」

京太郎「なぁ咲、手でも繋ぐか?」

咲「えぇっ! そ、そんな……恥ずかしいよ……」

京太郎「そっかー、でも俺が繋ぎたいから繋ぐわ。よっと」

咲「ちょ、ちょっと!?」

京太郎「嫌なら、ほどいてもいいんだぜ?」

咲「……意地悪……」


プルルルル

京太郎「……また、照さんだ……」

咲「え、お姉ちゃん?」


京太郎『もしもし』

照『須賀君か。今日から新学期だが、咲はどうしてる?』

京太郎『咲ならそこにいますけど』

照『ま、まさか一緒に手を繋いで登校でもしているのか!?』

京太郎『あ、よくわかりましたね』

照『い、いいか! 何度も言うようにそこはギリギリのラインだ、それ以上はお互いもっと大人に……』


ピッ

咲「お姉ちゃん、何て?」

京太郎「いつもの通りさ。よっぽど妹が可愛いんだな」

咲「あはは……でも、なんだかんだで京ちゃんのこともすっごく気に入ってるよ。お姉ちゃん」

京太郎「ま、それは何となく感じるさ……なぁ、咲」

咲「なぁに、京ちゃん?」

京太郎「……ずっとこうして……二人で歩いていけるといいな」

咲「……うん……いや、絶対そうなるよ……」

咲「だって、私……京ちゃんのこと、大好きだから!」



咲END





【分岐END”淡”】

京太郎「俺が好きなのは……淡だ」

京太郎「咲のことは大好きだ……俺なんかとずっと付き合ってくれて、感謝もしている」

京太郎「でも……恋人として、一緒に過ごしたいと思ったのは……淡だ」

淡「……本当に? 私で、いいの……」

京太郎「淡がいい……淡じゃなきゃ、駄目なんだ……」

淡「……私、わがままだし、女の子らしくないし……それでも、いいの?」

京太郎「俺は淡の、そういうところを好きになったんだ」

淡「……京太郎……」

咲「……大星さん、よかったね。京ちゃんを、よろしくね」

淡「咲……さん……」

京太郎「……咲、ごめんな」

咲「……ううん、いいの。京ちゃんの幸せが、私の幸せなんだから」

照「……須賀君。淡は……私の、自慢の後輩だ」

京太郎「…………」

照「……頼む、須賀君」

京太郎「……はい、照さん!」

咲「じゃあ、私は帰るね。明日はよろしくね、お姉ちゃんに……大星さん」

淡「……負けないわよ」

照「……咲……」



久「咲」

咲「……え……」

久「……ついてきちゃった、様子がおかしかったからね……」

久「ごめんなさいね、こんなことだとは思わなくて……」

咲「部長……私、フラれちゃいました……」

久「……今日くらい、いっぱい泣いてもいいわよ」

咲「……部長……」

久「須賀君の代わりにはなれないけど……胸くらいなら、貸してあげるわ」

咲「部長……うっ、うっ……うわああああああああああん!」

久「咲……きっとあなたは、強くなるわ。もっと、もっと……」



照「……ツモ、18000」

誠子「はぁ……やっぱり照先輩には勝てませんね」

照「うむ、先日また咲に会いに長野まで行って、咲ニウムを存分に補充してきたからな」

菫「なんだその得体の知れない物質は……」

照「見ろ、この咲の写真ズを。一枚一枚が、まさに国宝級と言ったところだろう」

淡「まーた妹の自慢話ですか。なんてウザい……」


ビーッ ビーッ

淡「ん、電話……」

淡「……! 京太郎だ!」


淡『もしもし、京太郎!』

京太郎『淡、今平気か?』

淡『あ、ううん。全然平気!』

京太郎『夏休み、まだあるからさ……そっちに、行くことにしたんだ』

淡『え!? 京太郎、来るの!?』

京太郎『あぁ。菫さんたちにもまた教えてもらいたいし……淡に、会いたいから……」

淡『あ、ありがと……私も、京太郎に会いたいな……』


尭深(……いいんですか? 一応、部活中ですが)

菫(よくはないが……私たちも照の作戦に乗った以上、強く言えん……)

誠子(照先輩の妹自慢と相まって、ウザさが凄いことに……)


淡『京太郎、東京に来たら色々一緒に行くわよ。浅草とか東京タワーとか、ホテルとか……』

京太郎『おう……って、ホ、ホテル!?』

淡『冗談よ、ばーか! 何期待してるのよこのスケベ!』

京太郎『なっ……こっ、この!』

淡『あはははっ! だからさ……早く会いに来てよね!』

淡『ねぇ、京太郎……』

京太郎『な、何だよ……』

淡『……大好きっ!』



淡END





【分岐ルート”選べない”】

京太郎「俺は……選べない」

京太郎「どれだけ、考えても……どれだけ、悩んでも……」

京太郎「俺は……淡も咲も、どちらの方が……と、言い切ることができなかった」

淡「…………」

咲「…………」

京太郎「こんな状態で、どちらかと付き合っても……きっと、後悔する」

京太郎「最低なのはわかってる……でも、これが俺の……精一杯の、返事だ……」

淡「結論を、先延ばしにするってことね」

京太郎「……やっぱり、駄目か?」

咲「……京ちゃんが、真剣に考えて……でも、それしかできないって言うなら」

咲「私は、京ちゃんの意思を尊重するよ……」

淡「……ま、しょうがないわね。ヘタレの京太郎なりには、悩んだみたいだし」

淡「……フラれたわけじゃないし、私もそれでよしとしてあげる」

京太郎「淡、咲……ありがとうな……」

京太郎「照さん……すいません、こんな返事しかできなくて。許してくれますか?」

照「……許すも何も、私にはそんな資格はないが……」

照「みんながそれで納得しているというのなら、私には何も言うことはないさ」

京太郎「……ありがとうございます、照さん」



インターハイ十一日目

『さぁ、ついに決勝戦も大将戦!』

『果たして栄冠をつかむのは、どの学校か!』


淡「……よろしくお願いします」ゴゴゴゴゴ

咲「大星さん……私、負けないから……!」ゴゴゴゴゴ


穏乃(え、何この空気?)

末原(なんか知らんが、めっちゃ怖いんやけど)



京太郎「……ツモ、8000!」

優希「ば、馬鹿な……犬が、トップだって……」

和「凄いじゃないですか、須賀君」

京太郎「ははは、こういうこともあるもんだな」

久「うーん……でも、合計収支で見るとやっぱりダントツのビリよね」

京太郎「そ、それを言わないでください……」

咲「あはは……」

久「でも、そろそろ私たち以外の相手とも打ってみたくなったんじゃない?」

京太郎「そうですね、最近ずっとですし……」

まこ「そこで、実は別の学校を招待したんじゃ」

咲「へぇ、どこですか?」

和「龍門渕ですか? それとも、風越か鶴賀か……」

久「そろそろ付く頃だけど……」


バタン

淡「京太郎、久しぶりーっ!」

照「咲ぃーっ! 会いたかったぞー!」

京太郎「あ、淡!?」

咲「お姉ちゃん!?」

菫「こ、こら、お前たちあまりはしゃぐな」

尭深「お邪魔します……」

優希「し、白糸台だじぇ!?」

久「ええ、やっぱり強い相手の方が練習になると思ってね」

誠子「ちょうど合宿を長野でやってるんで、ついでにと……」

和「そういうことだったんですか……」

菫「騒がしくしてすまない。今日は、よろしく頼む」

久「ええ、こちらこそ」


淡「ねぇ、京太郎。私と一緒に打とう?」ギュッ

京太郎「お、おい淡! 腕に抱き着くな!」

咲「むっ……だ、駄目だよ! 京ちゃんは私と打つの!」ギュッ

淡「なぁに、また私に負けに来る気?」

咲「たっ、大将戦の収支だけなら私が勝ってたじゃん!」

久「あらあら、両手に花ね」

優希「犬がモテモテ……こんなオカルトありえないじぇ……」

まこ「部長……ちょっとこれ、狙ったんじゃろ」

尭深(……修羅場……どきどき……)

京太郎「ま、まったく淡も咲も……」

照「……す、須賀君……咲に抱き着かれるとは、いい御身分だな……」ゴゴゴゴゴ

京太郎「て、照さん……」

照「ふ、ふふ……妹が世話になっている礼だ、チャンピオンが直々に指導してやろう……」

京太郎「か、勘弁してください……」


淡「あんた、その貧相な胸を押し付けるのいい加減やめたら?」

咲「大星さんだって大差ないじゃん!」

淡「私はちょっとは成長してるのよ。京太郎、何なら合宿所にも遊びに来てよ。私の部屋に泊めてあげるから」

京太郎「な、何言ってんだ!?」

照「は、ははは……さて、始めるか……須賀君」

菫「やれやれ……まだまだしばらくはバタバタしそうだな」

久「あはは、お互い苦労するわね」

淡「ねぇ、私の方が好きでしょ?」

咲「私の方が好きだよね!?」

京太郎「え、えーと……」



「京太郎!」「京ちゃん!」



俺たちの戦いはこれからだEND