《素直な君》


淡「きょーたろー!お茶入れて」

京太郎「なんで俺が」

淡「飲みたいからに決まってんじゃん!」

京太郎「なんでそんな偉そうなんだ……」

淡「はーやーくー」

京太郎「はいはい」

京太郎(しかしこいつほんとに高圧的な態度だよなー)

京太郎(ツンデレとか似合うんじゃないか?)

京太郎「なぁ、淡」

淡「何?」

京太郎「『べ、別にあんたのこと好きなんかじゃないんだからね!』って言ってみて」

淡「なんできょーたろーのこと好きなのにそんなこと言わなきゃいけないの?」

京太郎「え?」

淡「……あ」

淡「うわああああああああぁぁぁぁぁ!!!!違うんだからぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 バタン!!!

京太郎「……まじで」


カン!