霞「しちゃったわね…」

京太郎「しちゃいましたね…」

霞「んっ…」ピクッ

京太郎「霞さん?」

霞「ん…ふふっ、さっき出して貰ったのが垂れてきちゃった」

京太郎「…あんまりそういうこと言わないで下さいよ、またしたくなっちゃうじゃないですか」

霞「あら、私はそれでもいいけど?」

京太郎「う…いえ、惹かれるものはありますが歯止めがきかなくなりそうなのでやめておきます」

霞「そう?残念」クスクス

霞「…ねぇ京太郎君」

京太郎「どうかしました?」

霞「本当によかったの?」

京太郎「何がです?」

霞「…貴方は半ば強引だったとはいえ小蒔ちゃんの許嫁、受け入れた私も同罪だけど知られてしまえば間違いなく追い出されるわ」

霞「いえ、追い出されるだけでは済まないかもしれない」

霞「下手をすればもっと酷いことになるかもしれない」

霞「今なら…今ならまだ間に合うわ、貴方のことは好きだけど…そのせいで不幸になるくらいなら私は「霞さん」?」

京太郎「それ以上は言わないで下さい」

霞「京太郎…君…?」

京太郎「…確かに小蒔さんの事は可愛いと思うしそれなりに好意は抱いています」

霞「なら…「でも」」

京太郎「でもそれは恋愛感情ではありません、どちらかと言えば妹のような感じなんですよ。
    …年上なのに妹、というのも変ですけど」クスッ

霞「…」

京太郎「…それに」

霞「それに?」

京太郎「小蒔さんに言われてしまったんですよ、霞ちゃんのことをお願いしますと」

霞「えっ…?」




京太郎「小蒔さん、話って…?」

小蒔「…京太郎さん、単刀直入に聞きます。貴方は霞ちゃんのことが好きですよね?」

京太郎「っ…気のせいじゃないですか?」

小蒔「隠さなくてもいいですよ、咎めようといわけではありませんから」

京太郎「…いつから気づいていたんですか?」

小蒔「気づいたのはつい最近ですね、思い返せば貴方は霞ちゃんのことをいつも目で追ってましたし」

小蒔(私も貴方のことを目で追っていたから気づけた…なんて今更言っても意味はないですよね)

京太郎「そう…ですか」

小蒔「京太郎さん」

京太郎「?」

小蒔「霞ちゃんのことを…お願いします」

京太郎「小蒔さん…?」

小蒔「霞ちゃんは私のために色々なものを我慢してきました」

小蒔「だから…だから霞ちゃんのために何か出来ることがあればしてあげたいんです」

小蒔「私やお父様たちのことは気にしないで下さい、元々強引に話を進めたのはこちらなんですから」

小蒔「私だってお姉さんなんです、大丈夫ですよ!」

小蒔「だから霞ちゃんのことを幸せにしてあげてください
   私に負い目を感じるのならこうしてよかったと思えるくらい幸せになってください」

京太郎「小蒔さん…」

京太郎「わかりました、霞さんのことは任せてください!絶対に幸せにしてみせます!」

小蒔「ふふっ、絶対ですよ?霞ちゃんを悲しませたりしたら全力でお仕置きしちゃいますからね?」クスクス

京太郎「…それは怖いですね」




京太郎「と、まぁそんな話をしたんですよ」

霞「小蒔ちゃん…」

京太郎「霞さん」スッ

霞「っ…はい」

京太郎「俺にはまだまだ頼りない部分も至らない部分もあります。それでも俺は貴女と共にありたい」

京太郎「だから…霞さん、俺と結婚してください!」

霞「…はいっ…グスッ私も…不束かものですが…」


ーーーよろしくお願いします、あなた


カンッ