京太郎「ん…」パチッ

咏「おはようさん京太郎」

京太郎「…何やってるんですか咏さん」

咏「んー?京太郎と、そ・い・ね なう!」

京太郎「なうじゃないですよなうじゃ!大体どうやってここに!?」

咏「親御さんに挨拶して普通に入れて貰ったけど?彼女と勘違いされたんじゃないかねぃ、知らんけど」

京太郎「…」アタマカカエ

咏「全く…こんな可愛い女に添い寝されてんのにそんな反応は失礼じゃないかねぃ?」

京太郎「それとこれとは別ですよ…というか咏さん有名人なんだから問題になったらどうするんです?」

京太郎「それに俺だって男なんですからこんなことされると勘違いしちゃいますよ?」

咏「…はぁー」

京太郎「咏さん?」

咏「この鈍感男。私が好きでもない男にこんなことするような女だと思ってるのかい?」

京太郎「…え?」

咏「こうなったらもう既成事実を作るしかないかねぇ」

京太郎「あの、咏さん…?なんでにじり寄って…」

咏「ふふっ、逃さないよ」ペロリ

京太郎「ちょ、ま、親!親がいますから!」

咏「親御さんなら私達は出掛けますのでーってそそくさと家を出たよ?知らんけど」

京太郎「」

咏「さーてそれじゃぁ…」


ーーーいただきまーす



カンッ