久「さぁ須賀くん!貴方にはたんまりと稼いでもらうわ!」

京太郎「にg……」ガシッ


グイッギュッガンッ


久「ロッカーの中に隠れるのよ!」

京太郎「閉じ込められた!」

久「そう、貴方と共にロッカーの中に入れる……一人一分7000円の超お得価格!各校の女子生徒がこぞってお願いしてきたわッ!」

京太郎「畜生!鬼畜!人身売買!」

久「なんとでも言いなさい……これもすべて、須賀君のためなの」クッ

京太郎「嘘だぁぁぁぁぁぁっ!」

久「あら、察しが良いわね」

京太郎「え!」

久「それじゃ一人目を呼んでくるわ」ガチャッ

京太郎「フ○ック!フ○ァァァァァックッ!」

ガチャッ

雅枝「千里山女子、愛宕雅枝や!」

京太郎「人妻じゃん!もう人妻じゃん!」

雅枝「旦那いのうなってからご無沙汰やねん」ポッ

京太郎「もうやらしいことする気じゃん!」

雅枝「人聞き悪いこと言わんでーな、今度絹とデートさせたるから」

京太郎「はい!」キリッ

久「あ、お邪魔します」ガチャッ

雅枝「邪魔すんならかえってー」

久「はいよー、って……性的なことはダメです。健全な部活と健全なバイトなので……ロッカーの中で健全にエンジョイ!」

京太郎「ロッカーの中で健全ってなに言ってるんだ!ていうかこの人妻あきらかに危険!」

久「チームサティスファクション!」

京太郎「満足させてくれよ?」

久「ということでそれでは」ガチャッ

京太郎「じゃなくて竹井この野郎バカ野郎っ!」

雅枝「これで、二人きりやな」カァッ

京太郎「う、うっす……」メソラシ

雅枝「ど、どことなく昔の旦那に似てるなぁ」ギュッ

京太郎(お、おもちぃぃぃぃぃぃぃ!)

雅枝「せ、セーラー服なんて久しぶりやからあれやけど……」


バタンッ


京太郎(ろ、ロッカーがしまった!くるぞ遊馬!)

雅枝「せ、セーラー服をっ」グイッ

京太郎(世代が違う!そして俺の服がッ!)

京太郎「ぬ、脱がさないで!」

雅枝「今はダメよ」

京太郎「が、が、が、我慢なさってぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

雅枝「友達より早く、Hをしたいやろ?」ギュッ

京太郎「あふっ」







数か月後…



久(あれから、須賀君は行方不明、誰も居場所を知らない……)

久「……あ、洋榎からメールが」フフッ


差出人:洋榎
本 文:おかんが新しいおとんを連れてきてん!


久「写メ付き……え?」



―――その家族写真に写るのは笑顔の洋榎と絹恵、そして雅枝が腕を組んでいるのは見慣れた少年だった



久「」



PS,弟もできんで!



カンッ