憧「玄、京太郎。そこに正座」

玄・京「へ?」

憧「正座」

玄・京「ハイ」

憧「なんで正座させられてるかわかってる?」

玄・京「イエ…」ビクビク

憧「麻雀部の松実玄に胸をずっと凝視される、同じく麻雀部の須賀京太郎に胸をチラ見されるって苦情がきてるのよ」

玄・京「」

憧「それも一度や二度じゃなくよ?」

憧「それも何故か知らないけどぜーんぶ私のとこに来るの。私のせい?違うでしょ?」

玄・京「ゴメンナサイ…」

憧「まぁ幸いからかい混じりだからよかったけど一歩間違えればひどいことになるんだからね?」

玄・京「ハンセイシマス…」

憧「特に京太郎」

京太郎「はいっ!?」ビクッ

憧「アンタの彼女は誰?」

京太郎「新子憧さんです!」

玄「!?」

憧「だったら他の娘なんて見ないで…」ガシッ

京太郎「ちょ、憧さnムグッ!?」

玄(はわわわ…キスしちゃってるのです!というか憧ちゃんと京太郎君が付き合ってたなんて初耳だよぅ…)

憧「ン…チュ…」

京太郎「」

憧「…私だけずっと見てなさいよ、わかった?」

京太郎「ハイ…」

憧「んー、口だけじゃ不安だし…今夜は寝かさないで私なしでいられないようにしてあげないと…ね?」

京太郎「」ガタガタブルブル

憧「ふふっ、楽しみにしててね?」


カンッ