淡「ねーアコー」

憧「んー?」

淡「アコってさー」

憧「うん」

淡「やっぱり処女じゃないの?」

憧「ふきゅっ!?」

憧「なななな何いきなり言い出してるのよ!!」

淡「えー、だってキョータローと付き合ってるんじゃないの?だからヤることやっちゃってるのかなーって

憧「つつつつ付き合ってなんかないし!」

憧「確かにパッと見不良っぽけど気が利いて優しいしカッコいいし正直付き合って欲しいとか思ってるけど…」ゴニョゴニョ

淡「おーい?アコー?」

憧「と、とにかく!」

憧「私は、京太郎と付き合ってなんかないし!だ、だからしょ…しょしょしょ処女だから!(ガチャッ)…え?」

京太郎「あー、えーっと…」

憧「」パクパク

京太郎「…すまん」

憧「あ…う…」

憧「ち、違うの!」

憧「あ、処女じゃないって意味じゃなくて!淡がいきなり私が処女じゃないって言い出して!」

憧「それで京太郎と付き合ってるんじゃないかって言われてだから付き合って言って…それで…私の処女が…私の処女がぁ…」

京太郎「あぁうん、わかったから。わかったから落ち着けって」

淡「えーでもさっきキョータローと付きあムグッ」

憧「な、何でもない!何でもないから!」

淡「」モガモガ

憧「とにかく!さっき聞いたことは忘れなさい!いいわね!?」

京太郎「お、おう…それはいいんだが…」

憧「な、なによ」

京太郎「そろそろ淡を離してやらないと…」

淡「」グッタリ

憧「あ…」


アワイー!?シッカリシナサーイ!


京太郎(憧は処女なのか…てことは誰とも付き合ったこともないのか?…ヤベ、なんか興奮してきた)

憧(あーもーなんであんなことを…京太郎に知られたとかもう死にたい…)



カンッ