京ちゃん晩成ルート


憧「京太郎、ごめんお待たせ」

京太郎「お疲れさん」

京太郎「みなさんもどうも」ペコリ

穏乃「おー須賀くん!」

宥「こんにちわ~」

玄「いつもお迎え大変だねー」

京太郎「好きでやってることですから」

灼「一昨日はどうも…」

京太郎「あ、お世話になりました」

憧「?、なんかあったの?」

灼「うちの店に来てくれた、女の子と一緒に」

憧「は?」

京太郎「ちょ!?間違ってないけど言い方が悪い!!」

憧「どういうこと!!?」

京太郎「クラスの友達と行っただけだって!何人か男も女もいて!」

灼「ちっ…」

京太郎「舌打ちしましたね!?」

憧「………」(疑念の眼差し)

京太郎「初瀬も一緒だったし、俺が憧と…つーか彼女いるのみんな知ってるから」

灼「でも結構女の子から人気ある感じだったよね…」

憧「!?」

穏乃(お腹空いた…)

京太郎「いやいやいや、そんなことないですって」

憧「友達と遊ぶとは聞いてたけど、女子もいるなんて聞いてなかった…!」

京太郎「別に隠してたわけじゃないぞ?言わなかっただけで」

憧「一緒じゃない!」

京太郎「…じゃあ言ったほうが良かったか?『友達と遊びに行く、女子も一緒』って」

京太郎「嫌な気持ちになるだけだろ?」

憧「そう…かもだけど!でも……」

京太郎「憧の言ってることもわかるけどな、憧のことを思ってのことだってこともわかってほしい」

憧「………うん。でも今度からは言ってほしい、知っておきたい」

京太郎「わかった。まぁ、あれだ、いちいち不安になることないって」

京太郎「俺、浮気なんてしないから」

憧「なっちゃうもんはしょうがないじゃない。京太郎のこと信じてないわけじゃないけど……理屈じゃないのよ」

京太郎「俺はこういう心配しなくていいから気楽だけどな」

憧「ずるい」

憧「あたしは…いままでと違って京太郎があたしの知らないところにいるっていうのが、すごく不安なのに」

京太郎「考えすぎなんだよ、お前は昔から………ってそういえば」

憧「あれ?みんなは?」





穏乃「肉まんおいしい!」

宥「おでんあったか~い」

穏乃「それにしても、あの2人置いてきちゃいましたけど…」

灼「夫婦喧嘩は犬も食わない…」

玄「灼ちゃんが焚きつけたようなものなのにー」アハハ


玄「ところで灼ちゃん、それ何まん?」

灼「生チョコまん」

カン