久「さぁ須賀くん!貴方にはたんまりと稼いでもらうわ!」

京太郎「逃げ……」ガシッ


グイッギュッバタンッ


京太郎「ロッカー!?知ってた!」

久「そう、各校の女子生徒たちを呼んでいるわ……一人一分8000円の超お得価格!」

京太郎「人でなし!人身売買!」

久「なんとでも言いなさい……これもすべて、須賀君のためなの」クッ

京太郎「ド鬼畜!竹井の下半身デブ!」

久「あら、お尻きらい?」

京太郎「大好き!」

久「それじゃ一人目を呼んでくるわ」ガチャッ

京太郎「フ○ック!フ○ァァァァァックッ!」

晴絵「阿知賀女学院、赤土晴絵だよ!」

京太郎「やっぱり女子じゃねぇ!」

晴絵「は?」レジェンドツモノカマエ

京太郎「ふぇ、ごめんなさぃ」

晴絵「ほら、また阿知賀来なよ須賀」

京太郎「お、おう……赤土さんは教えるのがうまいから」

久「あ、すみません」ガチャッ

晴絵「え、お楽しみはこれからなんだけど」

久「性的なことはダメです。健全な部活と健全なバイトなので……ロッカーの中で健全にエンジョイ!」

京太郎「ロッカーの中で健全なんて無理だよ!無理ぃ!」

久「アクショーン」

京太郎「デュエル!じゃねぇ!」

久「ということでそれでは」ガチャッ

京太郎「おぃ竹井ぃぃぃぃッ!!」

晴絵「これで、二人きりだね」カァッ

京太郎「う、うっす……」メソラシ

晴絵「……こ、こっち来てもみんなとばっかだからさびしかったんだよ?」

京太郎(でも麻雀教えてもらう時は赤土さんの胸が当たってたんだよなぁ)

晴絵「そ、それじゃ!インマイドリーム!」


バタンッ


京太郎「ああ、赤いバラの花!」

晴絵「部屋中に一杯しきつめて!」

京太郎「シル―――ッ!?」

晴絵「愛し合おう朝まで」ニコッ

京太郎「い、一分だよぉぉぉぉ!ハルチャァァァァァァッ!!」

晴絵「邪魔はさせない誰にも」ギュッ

京太郎「あふっ」





数か月後…



久(あれから、須賀君は行方不明、誰も居場所を知らない……)

久「……あ、テレビで麻雀が」フフッ

<ザワザワ

久「あら、赤土プロ……もう試合終了かぁ、あれあそこにいるのって」



―――晴絵が駆け寄って抱き着いた相手は見慣れた少年、そして二人の左手薬指には指輪



久「」


カンッ