インターハイから数年経った

私は、前評判の通り麻雀プロになった

ただ、世間の予想と違い、私はなかなか結果を残せないでいた

そんなある日、マネージャーを雇えとチームから提言された

なぜ、今そんな事を言っているのかというと

そのマネージャーが、妹の近くにいた金髪のイケメンであった訳で

その上、性格もしっかり者で真面目であった訳で

雇い始めたら、水を得た魚の様に成績が上がった訳で

今、誕生日おめでとうございますと、結構高そうなシンプルなネックレスを彼から渡された訳で

やっぱり小鍛治プロの様になるのか(成績も浮いた話も)と、世間の目がキツくなってきた時にこれである

しかも高校生の時に麻雀ばっかりやってた自分には、内心乙女の様にテンパりまくっている

心臓の鼓動が、はっきり分かる感じ

それが恋なのか分からないけど、今感じる幸福感は大切に たいなと、強く、思った

智葉「それを自慢しに今日お前の家に集めたのか。ほー、ふーん」ゴゴゴゴ

照「…怖い」ブルブル

憩「まぁまぁ、落ち着いて下さいよぉ照さん。苦しい時も一緒に頑張ってきた仲やないですかぁ」ニコニコ

照「確かに個人戦三人組(LINEのグループ名)で三人で愚痴ったり、集まったりしたけどね、こんな険悪だったっけ…」ガクガク

智葉「私だって、私だって…メグもハオもミョンファも結婚…した…のに…」グス

照「あぁ、ごめんね、ごめんね…」アワアワ

憩「はぁ、うちにも春こぉへんかな…」


カンッ