京太郎「…という話をこの前咲の奴としたんだけどさ」

憧「何?私惚気られてるの?それとも喧嘩売られてるの?いいよ、買ったろうじゃん」

京太郎「なんでそうなるんだよ」

憧「自分の胸に手を当ててよく考えてみなさいよ」

京太郎「うーん…さすが俺、いい筋肉してるな~」

憧「比喩表現んん!!」

京太郎「冗談だって。それで憧に聞きたかったことなんだが」

憧「あぁ、もう…何よ?」

京太郎「穏乃との付き合いでいいもん食ってそうなお前でもそういう和菓子買うとかってあるの?」

憧「なんか癪に障る言い方ね…まぁ、あるわよ。無性に甘いものを食べたくなった時とかね。下手な洋菓子よりよっぽど満足感あるもの」

京太郎「栄養もたっぷりだもんな。腹につく系の」

憧「いい加減表出るか?今なら小鍛治プロでもトバせる気がするわ」

京太郎「オーケー、ときに落ち着け憧。聞きたいことはまだあるんだ」

憧「がるるるるるるる…」

京太郎「どうどう…」

憧「ふぅーー……あたしは馬じゃないわよ。で、何?」

京太郎「あぁ、それなんだけど…なんでそういう時こそ和菓子屋に行かないんだ?どうせ食うなら美味いもんの方がいいんじゃないか?」

憧「…逆に聞くけどね。あんたは腹が減ってる時って濃い味つけの山盛り丼か最高級のフレンチとどっちが食べたい?」

京太郎「…あぁ、そういう?」

憧「それだけじゃないけどね。大部分はそういうこと。安いからじゃなくてそのチープさが好みなのよ。

  あたしは堅苦しく礼儀正しく食べる和菓子じゃなくて友達と喋りながらジュースと一緒に流し込めるような和菓子が食べたいの」

京太郎「ま、そこらへんは同感だな。…てかこんな話してたら食いたくなってきたな。ちと買いに行くか?」

憧「そうね、もちアンタの奢りで」

京太郎「そこらへんはしゃーねぇな。こんくらいご馳走してやるさ」

憧「やりぃ♪それじゃシズの店に直行ー!」

京太郎「はぁ!?スーパーのじゃねえのかよ!?」

憧「他人の金なら話は別よー。特にアンタのはね♪」

京太郎「なんつー性悪…!そんなんだから胸ちいせぇんだよ…」

憧「」カチン

京太郎「あ、やべ」

憧「…なーんか今日はいっぱい食べれそうな気がするわねー?全品種制覇いっちゃおっかー?」

京太郎「止めてえええええええええええええええええええええええええ!!!!」

モイッコカンッ