憧「明日はバレンタインか…穏乃達のとあとついでに京太郎の分も用意はしておいたけど…」

憧「……まぁ、別にいいわよねチョコくらい。普段から色々雑用でお世話になってるわけだし」

憧「うん、飽くまで義理!義理よ義理!!さーて、早く寝よっと」

憧「……」ムニャムニャ

  * * * 

(あたり一面お花畑)

憧『京太郎!だ~い好き♪』クルクル

京太郎『アハハ、オレもだよ~憧』クルクル

アッハハハ キャッキャ

  * * *

憧「!!!///」ガバァッ!!

憧「な、な、な何よ今の夢ぇ!?」

憧「ち、ちちち違うわ落ち着け私!これはただの夢!!なんでもないのよホントに!!」

憧「……/// う、うんもう寝よう。あー変な夢見たー…」

憧「……」ムニャムニャ

  * * *

(あたり一面お花畑)

憧『ね、京太郎。私京太郎に渡したい物があるの。受け取ってくれる?』

京太郎『憧がオレに?嬉しいな、何をくれるんだ?』

憧『今日はバレンタインでしょ?このチョコと…』

憧『私を…全部京太郎にあげたいなって…///』シュルッ…


 * * *

憧「あ”あ”あ”あ”あ”あ”!?!?」ガバァッ!!!

憧「なにやってんのよ私ぃ!!いや夢だけど!!!」

憧「いやいやいやいやいや有り得ない有り得ないって!!よりにもよってアイツなんかに!!

  もっと初めてはロマンチックな場所で…って違う!!そもそもこういうのは男の方から…って違うッ!!!」

憧「……あぁもうなによ!///今日はさっきから変な夢ばっかり!!」

憧「今見た夢ってさっきの続きっぽいわよね。ってことは今眠ったらさっきの続きが…………///」

憧「………いやいやいや無い無い無い無い。そんなわけないSOAよSOA」

憧「うん、ももももう寝よう。もう寝よう。飽くまで明日の為に眠るだけだし…続きなんてそう都合よく……」

憧「……///」ムニャムニャ

 * * *


京太郎『あ、悪ィ。オレチョコ嫌いなんだ』

憧「」

 カン


 * * *

憧「そこはいっときなさいよぉぉぉぉぉ!!!!」ガバァッ

モイッコカン