《バレンタイン》


健夜「いってらっしゃーい」

京太郎「いってきまーす」

 ガチャ

健夜「……いったかな。よし私もちょっとしたら行く準備しなきゃ」

健夜「誕生日の時は失敗しちゃったケーキの仇、今回で果たそう」

健夜「あ、こーこちゃん家行く前にレシピで足りないもの買ってかなきゃね」

────────────

─────────

──────

───

ピンポーン

健夜「こーこちゃん、来たよ」

恒子「はいはい上がって上がってー」

健夜「はーい」

 ガチャ

恒子「やぁやぁすこやん。早くバレンタインのやつをつくろー!」

健夜「なんでそんなテンション高いの。……撮ってないよね」

恒子「乙女の秘密を撮るわけないじゃん。それにカメラなんてどこにもつけてないでしょ」

健夜「うん……」

恒子「さ、早く早く!」

恒子「んで、今日はこの間のリベンジだっけ?」

健夜「うん、チョコケーキを作ろうと思って」

恒子「ほうほう、でもチョコケーキにも色んな種類あるけど、何つくんの?」

健夜「ザッハトルテ」

恒子「……あれだよね、表面綺麗にコーティングされてるやつ」

健夜「そうだけど」

恒子「難易度高くない?」

健夜「作ったことないからわかんないけど、スポンジ焼いて溶かしたチョコかけるだけみたいだよ」

健夜「それに、こないだのよくわかんないレシピじゃなくて人気あるやつだから。なんかつくれぽ?ってのが多いやつ」

恒子「なるほど。まぁーやってみよっか」


健夜「レシピ通りレシピ通り……よし、ちゃんと溶けてる。そっちは出来てる?」

恒子「ばっちりだよ!」

健夜「よし、じゃぁ入れるね」

恒子「ちょい待ち。交代しないと」

健夜「なんで?このままでいいんじゃ」

恒子「ダメダメダメ!京太郎君の為に作ってんだから、すこやんがメインでやらないと。ちょっとずつ入れるとかそういうサブは私にまっかせなさい!」

健夜「う、うん、わかったよ」

恒子「じゃーいくよ」

健夜「しっかり混ぜて……型に入れて……オーブンに入れるっと」

恒子「これで一段落だね」

恒子「なんかオーブンの見てると面白いよね。ほら真ん中膨らんできた!」

健夜「そこは切り落としちゃうみたいだけどね。平らにしないといけないから」

恒子「残念、まぁこないだみたいな真ん中へこむよりましなのかな。いやこないだも焼いてる時は膨らんでたか……」

健夜「焼けたから取り出してっと」

恒子「おぉー!!すでにチョコのいい香り!このままでも食べられそうなくらい素晴らしい!」

健夜「もう実況とかレポートが日常的になってるね」

 バァン!

恒子「……なぜに落としてるんですか?」

健夜「なんかこうしないと駄目なんだって。焼き縮みっていうのするみたい」

恒子「もしかしてこの間へこんだのはそれか!」

健夜「そうかも、それじゃ上切るよ」

恒子「おぉ、綺麗だね、美味しいね」

健夜「もう切り落とした部分食べてる!?まぁ使い道ないからいいんだけど」


健夜「じゃぁチョコ溶かして……混ぜすぎないように……」

健夜「これでいいの……かな?こーこちゃん塗れた?」

恒子「多分塗り残しないかな……うん完璧。もうチョコかけて大丈夫!」

健夜「よし、じゃぁチョコかけるよ」

恒子「ちょっとかたよってるかな?」

健夜「だ、大丈夫。レシピもヘラで整えてるからこうして……」

恒子「きれー!!あとは冷蔵庫に入れて待つだけじゃん!よゆーよゆー!!」

健夜「神経大分削られたけどね……」

恒子「さてさて仕上がりは……綺麗だけどちょっと小さい穴空いてるね」

健夜「なんでだろ……あ、これかな。混ぜすぎると空気を含むって書いてるやつ。注意してたんだけどね」

恒子「まぁ初めてなんだから妥協しないと!あ、そうだ!これで隠すのはどう?」

健夜「オレンジピール?」

恒子「そうそう、これならチョコにも合うから上手く盛り付けたら……ほらばっちり!」

健夜「ありがとー、こーこちゃん!」

恒子「よしよし、それじゃもう一つの秘密兵器、ポッキーも……」

健夜「それはいらない」

恒子「ひどい!それじゃせめて私をポッキーゲームで楽しませてよ!バレンタイン代わりに!」

健夜「えぇー……うーんまぁ反対からたべるだけだし別に……」

恒子「よし、ふぁもーん」

健夜「はやっ!!……あむっ」

 ポリポリポリ

健夜(そろそろ、顔近いなぁ。ここら辺でおろ)

 ポリポリ チュ

健夜「!?!?!?!?!?」

恒子「あ、あはははは……すこやんの唇いただいちゃった!いやー京太郎君に悪いなぁ!」

健夜「もー!!!!」

────────────

─────────

──────

───

健夜「ただいまー」

京太郎「おかえり」

健夜「? 何見てるの?」

京太郎「んー内緒です」

健夜「え、なにー?ちょっと見せてー」

 『小鍛治健夜のバレンタイン!
    20XX/02/14 生放送 動画版』

健夜「」パクパクパク

京太郎「いやぁいいですね。特に最後のぽっき

健夜「わー!わー!わー!!!こーこちゃんしんじらんない!!」

京太郎(メールで言われたけど恒子さんも予期せぬ事態だったということは隠しておこう。面白いし)

健夜「うー……その……これがバレンタインです」

京太郎「ありがとうございます」

京太郎「綺麗ですね。ザッハトルテって初めてなんで、楽しみです」

健夜「うん。多分上手く出来てると思うから」

京太郎「ありがとうございます」

健夜「はい、ご飯まだだけど一口だけ食べて。あーん」

京太郎「あむ……うん、美味しいです」

健夜「……」

 チュ

京太郎「!?」

健夜「その……あれだよ。こーこちゃんのあれはおふざけだから。これは……違うけど」

京太郎「……知ってますよ」

京太郎「はい、健夜さんも食べてください。あーん」

健夜「あむ……うん、大丈夫」

京太郎「……」

 チュ

京太郎「おかえしです」ニコッ