穏乃「うまっ!これすごく美味しい!」ガツガツガツ

京太郎「はっはっは、まだまだあるぞー?どんどん食いたまえ」

憧「いや、ホントに美味しいわこのチョコ…どこに売ってるの?」

京太郎「何を隠そう自作です」

憧「ウソッ!?店売りできるレベルよこれ…」

穏乃「ウチのお店にもおきたいねー」モギュモギュ

京太郎「お前んちは和菓子屋だろうがバーロィ」

憧「お土産屋だけどまぁ実質そうよね」

穏乃「えー?でもでも、和菓子の並ぶ中ぽつんと洋菓子…気にならない?」

京太郎「なる」

憧「なるわね」

穏乃「でしょー!それなら」

「「でもそれとこれとは話が別」」

穏乃「おぅ、のぅ…」

憧「でもさー、どうしてこんなに上手なの?料理とはまた違ったレベルで美味しいわよ」

穏乃「あ、それは私も思う!なんていうか、すごく気持ちが入ってるというか!」

憧(おかげでちょっと渡しにくくなってるし)

穏乃(京太郎に手作りははやまったかなー)

京太郎「あぁ…うん…それな…」

憧「何で急に落ち込んでるの」

京太郎「いや…瑣末なことだよ…うん…」

穏乃「雰囲気が些細なことってレベルじゃないんだけど」

京太郎「ひとつ話をしよう…」

―――
――



あるところに一人の少年がいました。


少年「今日はバレンタインだ!楽しみだなぁ」


その少年はこれまでチョコをもらったことがありませんでした。


少年「今年は秘策があるし、きっとチョコがもらえるはずだ!」


その少年には秘策があったのです。それは…


少年「女だけがチョコを作るなんて考え遅れてるぜ!今は男だって作るんだ!!」


そう、その秘策とは「自分からチョコを配ってしまえばお返しとしてくれるんじゃね!?」というものでした。
この時のために少年は必死でチョコを使う類のお菓子を作りまくっていました。
ケーキしかり、クッキーしかり…
今では、お菓子の分野に関しては同年代では少年に並ぶものはいないほどでした。

少年「やったぁ!手作り5個ももらっちゃったぜ!」

結果から言えばこれ以上無い大成功。少年は喜びまくりました。
しかし、それはこの時だけだったのです。
その次の年のバレンタインでは


少年「今年はっと…あれ?お返しのチョコ…全部市販品か?」


同年代には並ぶものがいない。それは女子も含めてのことでした。
異性で、それも悪ガキのリーダーのような少年にお菓子作りの腕が完璧に負けていると言う事実に、女の子達の
プライドは粉々に打ち砕かれてしまったのです。
この時、女の子達はこう思いました。「自分の腕ではお返し足り得ない。市販品にしよう」と…
―――
――

京太郎「というわけで少年が一番求めていた女の子の手作りチョコは最初以外一切もらうことはありませんでしたとさ」

憧「うわあ」

穏乃「うわあ」


京太郎「別に市販品が劣るとか言ってるんじゃないんだぞ?でもさ?一番うれしいのはやっぱり手作りなんだよ」

穏乃「お、おう…」

京太郎「何で俺はあの時キリのいいとこで止めなかったんだろうなって、今でも思うんだ。俺」

憧「京太郎は悪くない…ただ間が悪かっただけなのよ…」

京太郎「はは、でも後悔はしてないぞ。それがあったから今二人に喜んでもらえてるんだ。だから悲しくなんてないさ、はは」

穏乃「もういい!もういいよ京太郎!」

憧「あげるから!手作りしたチョコあげるから!!」


カンッ