憧「そのときシズったらね……」

京太郎(今日って2月14日だよな?バレンタインだよな?)

憧「それでしょうがないからあたしが代わりに……」

京太郎(準備してないわけないよな、だって憧だし……)

京太郎(だからといって自分から催促するのは……)

憧「ちょっと京太郎、聞いてる?」

京太郎「へ?あ、悪い…ちょっと考えごとしてた」

憧「あたしと一緒にいるのに、他のこと考えてたんだ」

京太郎「そういうわけじゃなくて………なぁ」

憧「なによ」

京太郎「チョコレート…って、無いのか?」

憧「チョコレート?無いけど?」

京太郎「あ、そう………そっか…ならいいんだ…」

憧「欲しかったの?」

京太郎「別にそういうわけじゃ……いや欲しかった、というか貰えるもんだと思ってたからさ…
…」

憧「昨日みんなから貰ってたじゃない」

京太郎「あれは違うだろ…」

憧「だからあたしはもういいかなって」

京太郎「そっか……」

憧「………ぷっ」

京太郎「…?」

憧「あッははは、もう京太郎ヘコミすぎ」

京太郎「は?」

憧「あるわよ、チョコレート。ちゃんと持ってきてるから」

京太郎「マジ?」

憧「まじ。こんな嘘つかないわよ」

京太郎「いま嘘ついたじゃんか」

憧「細かいことは気にしないの……はい、ハッピーバレンタイン」

京太郎「おぉ…ありがとう」

憧「……開けないの?」

京太郎「ちょっと感動を噛み締めてた」

憧「今年も手作りだから味は期待しないでね」

京太郎「憧から貰えるのが重要なのであって、味は別にいいよ」

憧「それはそれで癪なんだけど」

京太郎「お、今年はトリュフ…って言うんだっけ、こういうの」

憧「うん、かわいいでしょ?我ながら上手くできたと思うのよね~」

京太郎「去年はハート型だったよな、あっちの方が簡単そうだけど」

憧「あぁ、あれはちょっとね…たしかに楽は楽なんだけど…」

京太郎「何かまずいことでもあるのか?」

憧「食べるとどうしても割れるじゃない?ハートが割れちゃうのやだなぁって…」

京太郎「憧ちゃんマジ乙女」

憧「それに…」

京太郎「?」

憧「なんでもない!」

憧(チョコキスしやすそうとか言えるわけないし!べ、別にやりたいわけでもないし!!)



京太郎「あーん」

憧「……ん?なにしてんの?」

京太郎「もう憧ちゃんってば!早くしてよ!あー…」

憧「あーもう、わかったわよ!ほらあーん」


~~~
~~


京太郎「さて、残りのチョコ食べるか」

京太郎「うん、美味い!……ん?なんか挟まってる?…メッセージカードってやつか?」

『大好き!』

京太郎「鼻血出そう」


カン