照「京ちゃん、ハッピーバレンタイン。というわけでこれあげる」

京太郎「え、照さんオレにチョコくれるんですか!?」

照「チョコじゃないけど・・・はいコレ」つバケツプリンキット

京太郎「でかっ!?・・・ってこれキットなんですね」

照「うん。だから作って」

京太郎「作ってくれるじゃないんかーい!!」ズコー

京太郎「……まぁいいですけど。じゃあちょっと待って下さい。えーと、まず牛乳を2パックか…」

照(計画通り)ニヤリ

照(京ちゃん一人にあのバケツプリンを全て平らげる事はまずムリつまり…

京『あーちょっと量が多いなー』→京『そうだ、照さんも食べませんか?』

→京『あ、スプーンが一個しかないな…それじゃ、アーン』→二人はプリン味の幸せなキスして終了)

照(完璧!)テルーン

京太郎「よし、あとは冷蔵庫に入れて冷ますだけ、と。」バタン

照「京ちゃん、どれくらいでできる?」ソワソワ

京太郎「だいたい10時間後くらいですね」

照「………え?」

京太郎「量が量ですし明日になったら部のみんなに持って行って分けて食べましょうか」

照「」

カン