エイスリン「日本ノバレンタインッテ女ノ子カラ渡スンダ」

豊音「オーストラリアは違うの?」

エイスリン「ウン、逆!」

塞「日本では想いを伝えるきっかけになったりするね」

胡桃「普通はチョコだけど、最近は他のお菓子でも良いみたいだね」

豊音「他のお菓子って?」

胡桃「ほら、マカロンとか」

豊音「マカロン!ちょーいいよねー!」

エイスリン「……他ノオ菓子カ」


そして


エイスリン「キョータロー!」

京太郎「あ、エイスリンさん。どうしたんですか?」

エイスリン「バレンタイン!」お菓子を渡す絵

京太郎「え、俺にくれるんですか?」

エイスリン「ウン!」

京太郎「わー!ありがとうございます!」

エイスリン「ハイ!」茶色の紙袋を渡す

京太郎「え……何ですか、この炭みたいな、ゴムチューブみたいなお菓子は?」

エイスリン「リコリス、オーストラリアノオ菓子」

京太郎「へー……」ヒョイパクッ


味は、是非ご自身でご賞味ください。


白望「…………」パクッ


白望「ん!?んーっ?!」クチオサエ

エイスリン「?」モグモグ