ダヴァン「ムムム、思ったとおりこの銘柄は当たりですネ!」ズルズル

京太郎「食うラーメン全部に言ってる気がしますけどね…」

ダヴァン「失礼な。私はちゃんと美味しいものは美味しい、美味しくないものは美味しくないといっていまス」

京太郎「じゃあ不味いラーメンって何がありました?」

ダヴァン「ありませン!」ムフー

京太郎「おい」

ダヴァン「あ、でも好みとは違うなーってものはありましたネ」

京太郎「へぇ?いったいどんなのです?」

ダヴァン「何と言いましたっけ…確か生麺思考、ですカ?」

京太郎「あー、確かインスタントを限りなく普通のラーメンに近づけるとかそういうあれでしたっけ」

ダヴァン「そう、それでス!」

京太郎「あれ?でもダヴァンさんならむしろ喜ばしいんでは…」

ダヴァン「甘イ!」

京太郎「!?」

ダヴァン「甘いですヨ京太郎!甘々デス!具体的に言うならサトハが皆に隠れてこっそり嬉しそうに食べてたシュークリームより甘イ!!」




智葉「!?」

ネリー「意外ー」

ハオ「甘党だったんですね…」

明華「これがあのジャパニーズ・ギャップ萌えって奴ですね!」

智葉「…死にたい」カァァ




京太郎「すげえカオス」

ダヴァン「京太郎!ちゃんと話を聞いてくださイ!!」

京太郎「ウィッス」

ダヴァン「いいですカ…?そもそもインスタントラーメンは普通のラーメンに勝てるはずがないのでス!

     職人が丹精こめて調整したスープ、計算され尽くしたベストな茹で加減、そしてまた手間暇掛けた具の数々…

     インスタントで追いつこうというのが土台無理な話なのデス…」

京太郎「それならインスタントの存在する意味って…」

ダヴァン「ない…そう思いましたカ?」

京太郎「まぁ…便利さを除けば無くなるんじゃないかとは…」

ダヴァン「フフフ…実のところそうではないのデス。…時に京太郎。アナタはカップ麺を食べるときにトッピングをしたりしますカ?」

京太郎「へ?まぁ…それだけじゃ物足りないなーって時に卵とかソーセージとか…」

ダヴァン「フム…では普通のラーメンを食べるときにはいれますカ?」

京太郎「いやぁ、普通のラーメンだったら卵じゃ物足りないっすよ。せめて味付けたま…っ!!?」

ダヴァン「気づきましたネ…?」

京太郎「まさかっ…!?」

ダヴァン「そう、確かにインスタントでは追いつけない高みかもしれない…でもそのチープさに合う具材はとても多い…それも家庭の冷蔵庫にネ」

京太郎「そうか…!チープだからこそ…!」

ダヴァン「味も壊れませんし、むしろ助長できる…繊細なバランスの上に成り立っているラーメンでは出来ない事デス」

京太郎「これが…インスタントのとるべき道…」

ダヴァン「普通のラーメンはそのまま味わえばいい、インスタントラーメンは好みのアレンジで味わえばいい…そうです、もっと自由になってもいいのデス…」

京太郎「…ダヴァンさん!!!」ガシッ

ダヴァン「京太郎…」ギュッ




ネリー「何だかすごい事になっちゃったねー」

ハオ「なかなか面白い話ではありましたね。智葉はどう思いました?」

智葉「ん、あぁ…とりあえずアイツはアメリカ人の皮をかぶった日本人なんじゃなかろうか?」

明華「食のこだわりぶりを見ると一概に否定できませんよね」

カンッ