久「それじゃ、今日の部活はここまで。みんなお疲れ様!」

まこ「お疲れさん」

和「須賀君はこの後も居残り練習があるので残って下さいね」

京太郎「まーじーでー」

優希「頑張れよ! それじゃ私達は帰るじぇ咲ちゃん!」

咲「うん。それじゃ頑張ってね、京ちゃん」


京太郎「それで、今日は何するんだ?」

和「その前に、須賀君に言いたい事があります」

京太郎「なに?」

和「その、非常に言いにくいんですけど……」

京太郎「うん? 遠慮しないでなんでも言ってくれよ」


和「私と話す時は、ちゃんと目を見て話してもらえませんか?」

京太郎「え」

和「女の子は敏感なんですよ、そういった視線には」

京太郎「ア……ハハ……ゴメンナサイ」チラ

和「ホラ、今だって」

京太郎「ご、ごめん! 本当に……」

和「最近は特にヒドイです。以前はちゃんと見てくれていたのに」

京太郎「うう……面目無い」ペッコリン

和「これから気を付けていただければいいですから。もう顔上げてください」

京太郎「あ、ああ……」チラ

和「も、もう! 言ってるそばから!」

京太郎「悪い!」

和「全然反省していないようですね。ホラちゃんと目を見て」

京太郎「うぅ」フイ

和「……なんで目をそらすんですか!」

京太郎「ごめん。もう胸ばかり見るのはやめるよ」

和「それはどうも。で、何故こっちを向かないんですか」

京太郎「そ、それは……」

和「埒があきませんね。こうなったら力ずくで……」グイッ

京太郎「……」フイ

和「ちょ!? この……!」グイグイ

京太郎「うぐぐ……」

和「コッチヲ見ロォ~!」ググググ

京太郎「ひいいぃぃぃ!?」


和「じぃ~……やっと目が合いましたね。何日振りしょうか」

京太郎「あ……あぁ……」

和「ん?」


京太郎「うわわ……///」カアアァァァァ

和「え……え?」

和「な……なんですか!?」

京太郎「いや、なんでもない」

和「なんでもなく……ないでしょう」




京太郎「実はその、先週あたりからかな。えと、和と目があったりすると、顔が赤くなるんだ……」

和「そ、そうだったんですか。それはどうして……?」

京太郎「理由……言わなきゃダメか?」

和「あ……それは……」

京太郎「わかるだろ?」

和「……それでも」



和「……言って、くれませんか? ちゃんと私の目を見て」



和「お願いします」

京太郎「わかったよ。和、俺は……」

和「はい」

京太郎「和……」

和「はい」

京太郎「顔赤いぞ」

和「はい……え!? わ、私もですか……えぇと///」


和「お、お揃いですね……えへへ///」

京太郎「うおおぉぉぉぉのどかああぁぁぁぁうおおぉぉぉぉ!!






次の日


優希「大盛りタコス定食おいしいじぇ~!」

和「タコスとご飯って合うんでしょうか?」

京太郎「さぁな。ふむ、今日の日替わりランチは辣子鶏か」

咲「らーずーじー?」

京太郎「四川料理で、唐揚げを唐辛子とかで炒めたやつだ。いただきます」

咲「うわぁ、辛そう……」

京太郎「あむ、もぐもぐ……ん、そうでもな」

和「じぃ~」

京太郎「……」


京太郎「うぅ……///」カアアァァァァ

咲「京ちゃん!? そ、そんなに辛いの?」

和「ふふっ///」

優希「?」モグモグ


カン!