京太郎「すぴー…すぴー…」

照「…」ツンツン

京太郎「んー…」ゴロン

照「…」

京太郎「すぴー…すぴー…」

照「…」ツンツン

京太郎「ぅー…」ゴロン

照「…」ツンツンツン

京太郎「ぬぁー…ぉ?」ゴロンゴロン ツルッ

照「あ」

京太郎「げへっ!?」ドスン

照「…」

京太郎「いっで…何で床に落ちてんだ…」

照「おはよう、京ちゃん」

京太郎「ん?あぁ、おはようございます」

照「ん」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「いや、なんでいるんすか。さらっと流しそうになりましたけどなんでいるんすか」

照「それには海より高く山より深い理由があるの」

京太郎「…つまり大した理由はないんですね?」

照「そうとも言う」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…まぁ、一旦置いといて。何しに来たんです?」

照「今日は休みだから京ちゃんと遊ぼう…と思ってたら」

京太郎「たら?」

照「ぐっすりと眠っていたので」

京太郎「あぁ、それはすみません」

照「京ちゃんで遊んでた」

京太郎「おい」

照「楽しかった」

京太郎「俺の謝罪を返せっ…返せこの野郎っ…」

照「だが私は謝らない」

京太郎「何でそんなに偉そうなんですか…」

照「お姉ちゃんだから」

京太郎「だからなんで…あーもー…」

照「起きたばかりなのにしんどそう」

京太郎「だからあんたのせいだろぃ!」

照「だが私は謝らない」

京太郎「もういいです。天丼いらないです」

照「(´・ω・`)」

京太郎「何でそっちは落ち込むんすか…とりあえず飯食ってきてもいいですか?何するにしても腹に入れとかない「ぐー」…」

照「ぐーぐー」

京太郎「口に出して言うなや!食べたいのはわかりましたから!」

照「お姉ちゃん大勝利」

京太郎「とりあえず手を洗って待っててください…すぐに作りますから…」

照「ん」トテトテトテ

京太郎「こういう時だけ行動早いんだよなあ照さん…」

照「呼んだ?」ヒョコッ さくさく

京太郎「呼んでない、ってかお菓子食ってんじゃねえ!!」

程良いカオスでカンッ