久「さぁ須賀くん!貴方にはたんまりと稼いでもらうわ!」

京太郎「なんだかこの展開……」ガシッ


グイッギュッバタンッ


京太郎「ロッカーだとぉ!?」

久「そう、各校の女子生徒たちを呼んでいるわ……一人一分9000円の超お得価格!」

京太郎「人でなし!人身売買!」

久「なんとでも言いなさい……これもすべて、須賀君のためなの」クッ

京太郎「お前の中ではな!」

久「中だなんて」ポッ

京太郎「くっ、殴りたい!」

久「それじゃ一人目を呼んでくるわ」

京太郎「フ○ック!フ○ァァァァァックッ!」

理沙「千里山!野依理沙!」プンスコ

京太郎「案の定女子じゃねぇぇ!」

理沙「……」

京太郎「ふぇぇ、ごめんなさぃ」

京太郎(本当に怒った時は無言なんだぁ)

理沙「イケメン!」

京太郎「あ、ありがとうございます……縛られてロッカーに入れられてなきゃもっと素直に喜べました」

久「あ、すみません」ガチャッ

理沙「なに?」プンプン

久「性的なことはダメです。健全な部活と健全なバイトなので……ロッカーの中で健全にエンジョイ!」

京太郎「なんだロッカーの中で健全にって!」

久「天~」

京太郎「JOIN!じゃねぇ!」

久「ということでそれでは」ガチャッ

京太郎「こら待て竹井ぃぃぃぃッ!!」

理沙「……二人!」プンスコ

京太郎「で、ですね……」

理沙「きしむベッドの上で!」プンスコ

京太郎「?」

理沙「優しさを持ち寄り!」プンプン

京太郎「……き、きつく体」

理沙「抱きしめあえば!」ガバッ

京太郎「まって!このロッカー一人用!ごめんのび太!このロッカー一人用なんだ!」


バタンッ


理沙「さっきの!」プンスコ

京太郎「……え?」

理沙「歌!タイトル!」プンスコ

京太郎「あ、え……お、尾崎の」ガシッ

京太郎(ひっ顔を押さえられた!?)

理沙「I LOVE YOU」

京太郎「あっ」ドキッ






数か月後…



久(あれから、須賀君は行方不明、誰も居場所を知らない……)

久「女性エイトなんて買っちゃって……」フフッ

ピラッ

久「あら、野依プロ……スキャンダル?」



―――そこには理沙と手を組む見慣れた少年の姿が



久「」


カンッ