怜「うちはもうダメや…」ゴホッ

京太郎「怜さん!」

怜「きょーた…ろ……」

京太郎「あっ、そうだ!」ゴソゴソ

怜「おばあちゃん…今そっちに……」

京太郎「仙豆だ、食え」

怜「……」ポリポリ

怜「はぁーーっ、こいつはいいモンや!」

竜華「2人して何してるんや…」

京太郎「仙豆を食べたときのドラゴンボールキャラごっこ?」

竜華「食べ物で遊ぶ……きちんと食べてるからええんかこれは?」

セーラ「鬼は外おおぉぉっ! 福はうちいぃぃぃぃ!!」シュッ

泉「あだだっ!? 先輩少し手加減してくださいって!」ビシッ

セーラ「じゃんけんで負けて鬼役になったやつが悪いんや!」シュバババッ

泉「うわーん! うちは悪くない! 新井が悪いんやーっ!」

浩子「食べる分の豆は残しておいてくださいよー!」

怜「止めないんか?」

浩子「それはいわゆる、コラテラル・ダメージというものに過ぎない」

京太郎「軍事目的のための、致し方ない犠牲だ」

竜華「あれ1ミリも軍事的な要素なんてないやろ」

泉「」チーン

セーラ「さあ! 次は京太郎の番や!」

京太郎「怖いか、クソッタレ。当然だぜ。元グリーンベレーの俺に勝てるもんか」

セーラ「試してみるか? 俺だって元コマンドーや」

竜華「……ただの豆まきなのになんやこのカオス」

京太郎「これもドン・サウザンドって奴の仕業なんだ!」

竜華「ツッコムの疲れたからそろそろ自重してくれへんかな?」

京太郎「」チーン

泉「」チーン

セーラ「ふぅ…すっきりした」

浩子「じゃあ豆まきはそろそろ終わりにして恵方巻き食べませんか?」

竜華「その前にここの掃除もせえへんとな」

怜「セーラが張り切って撒きまくってくれたからなー」

京太郎「じゃあ俺は恵方巻き取ってくるついでにお茶淹れてきます、調理室の鍵もらえますか?」

竜華「調理室の鍵は一旦返してもうたんや、せんせのとこ行って借りてきてくれへん?」

京太郎「わかりました、それじゃあ行ってきますね」タタッ

浩子「さて、うちらは張り切って掃除しましょ!」

怜「特に大量に撒いた誰かはなー」

セーラ「ほら、泉お前のことやで」

泉「江口先輩のことですからね!?」

竜華「ほんまセーラ張り切りすぎやったな、おかげで豆が谷間に入り込んで…」モゾモゾ

泉「谷間かぁ…」ペターン

セーラ「……」ペターン

浩子「最近また大きくなりましたよね…」フニッ

怜「うちかて媒体次第なら…」ポヨン

竜華「胸なんて邪魔なだけやろ…? あ、でも京太郎くんは大きいほうが好きやったな」ニヤッ

セーラ「……」チラッ

浩子「……」コクコク

泉「……」ペコリ

怜「……」グッ

竜華「わわっ! なにを…待って! やめて! いやあぁぁぁぁぁ!!」

竜華「あっ……あうっ……」ビクビク

怜「悪は去った……」

泉「しかしほんま大きかったですね…」

浩子「貴重なデータが取れましたわ、きっちり保存しとかんと」カタカタ

セーラ「そういえばなんか忘れとるような……」ウーン

竜華「ううっ…服の中に豆がたくさん……」ヌギヌギ

怜「しっかし生で見ると余計にデカく見えるな」

泉「あの1割でも欲しかった…」ペタペタ

竜華「ブラの中にも入りこんでるやん……ちょっとやりすぎ「戻りましたー!」ああぁぁっ!!」

京太郎「あれ、全然片付いてないじゃ…な……」

竜華「あっ…あわわわ……//」カァァ

京太郎「竜華さんの先っぽの豆はきれいなピンク色なんですね……」

竜華「京太郎くんに見られたあぁぁぁぁ」ウワーン

京太郎「ごごごめんなさい! お詫びに俺の恵方巻きを…」

怜「いまはボケとる場合やないやろ!」

泉「はい! 先輩の服ですよ!」

浩子「はやく着てください!」

セーラ「竜華も隠せ!」

竜華「ウワーン! ウワーン!」チラッ

セーラ(こいつ……)

怜(隠さないのはわざとか…)

浩子(というかこれだとただの痴女では?)

泉(でも須賀くんには効果抜群ですよ)

京太郎「ふぅ……」

京太郎「恵方巻きけっこう美味しかったですね」ゴチソウサマデシタ

竜華「ほんまに? 頑張って作ったかいがあったな」

京太郎「えっ! あれ竜華さんの手作りなんですか!?」

竜華「せやで、お店のよりおいしかったやろ?」

京太郎「はい!」

怜「あ、なあなあ京太郎」クイッ

京太郎「なんですか?」

怜「ほい、これあげるわ」

京太郎「……??」

泉「だって昨日須賀くん誕生日やったんやん、これうちからのプレゼントや」

セーラ「誕生日やったら前もって言ってくれれば盛大に祝ってやったのにな、ほい」

浩子「当日に知ったせいでみんな昨日急遽プレゼント用意するはめになったんですからね」

京太郎「みっ…みなさん…」ジーン

竜華「あの…京太郎くん……うち昨日用事あってプレゼント用意できてなくて…」シュン

京太郎「いえいえ、そんな気にしないでくださいよ」

竜華「それでなんやけど…週末って予定空いとる?」

京太郎「土日とも空いていますけど…?」

竜華「なら土日はデートせえへんか! そこで誕生日プレゼント選んだるから!」

京太郎「竜華さんとデートですか!? 是非お願いします!!」

怜(ぐぬぬ…推薦の竜華と違って一般のうちは塾があって邪魔ができへん…)

セーラ(俺もプロチームの契約関連でちょっと出かけへんと…)

泉(私も法事で和歌山の親戚の家に…)

浩子(うちもです…先輩はこれを知っとって…)

京太郎「竜華さんとデート…うへ…うへへへへへ…」ニヤニヤ

竜華「週末はいっぱい楽しもうなー」ニヤニヤ

「「「「ぐぬぬ…」」」」

カン!