憧「誕生日おめでと、京太郎」

京太郎「ありがとうございます、ようやく憧さんと同い年になれました」

憧「あと2年かぁ……」

京太郎「…なにが?」

憧「なーんでもない」

京太郎「??」

憧「でね、これ誕生日プレゼントなんだけど…」

京太郎「おぉ、ありがとうな!開けても?」

憧「ど、どうぞ」

京太郎「ではでは……これは、ネックレスか」

憧「ネックレスというかチョーカーね。京太郎、こういうの持ってないじゃない?」

京太郎「興味ないわけじゃないんだけど、なかなか自分ではな」

憧「ね、トップの裏見てみて」

京太郎「裏?……KとAって彫ってある」

憧「その、一応…京太郎のKと…」

京太郎「憧のAか。こういうの彫ってもらうのって、結構かかったんじゃないか?」

憧「もう、プレゼントなんだからそういうこと聞かないでよ」

京太郎「ま、安くても高くても憧からのプレゼントには変わりないからな」

憧「ねぇ、つけてみて」

京太郎「……そうだ、憧がつけてくれよ」

憧「あたしが?」

京太郎「うん」

憧「…じゃあ、んしょ……」

京太郎「憧ちゃんいい匂いがするー」

憧「バカなこと言ってんじゃないわよ…っと、ハイできた」

京太郎「なんか首輪つけられてる気分だったわ」

憧「そうよ?これは京太郎はあたしのモノだっていう印なんだから」

京太郎「ははは、どうよ?似合ってるか?」

憧「似合うに決まってるでしょ、誰が選んだと思ってんのよ」

京太郎「24時間365日、肌身離さずつけさせて頂きます」

憧「よろしい、大事にしてね?」

京太郎「あったりまえだ、墓まで持ってくっての」

憧「お返し、楽しみにしておくから」

京太郎「お返し!?」

憧「あたしの誕生日」

京太郎「あ、あぁ…そういうこと」

憧「なにがいいかな~……あ、ペアリングとか?」

京太郎(決めといてくれると楽でいいなぁ)

カン