咲「京ちゃん!一緒に帰ろ!」

京太郎「咲…、ちょっと落ち着け」

京太郎「というか、ハンドボール部はどうした」

咲「ん~、何か中学の時とちょっと違うかなって…」

京太郎「そうか…」

咲「というか京ちゃん!本を読みながら話しをするのは失礼だよ!」プンスコ

京太郎「悪いな、実は麻雀部に入ったはいいが、俺だけ初心者で早く役とか覚えないと…」

咲「え~!京ちゃん麻雀部に入ったんだ~」

京太郎「ああ」

京太郎「…そうだ!ハンドボール部辞めるんなら、咲も一緒に麻雀をやってみないか?」


咲「ん、麻雀…か…」

京太郎「俺以外女子しかいなくて、正直肩身が狭いんだ頼む」

咲「へぇ~、ほぉ~、私は女子ではないと」

京太郎「ち、違う、そういう意味じゃなくて」

京太郎「…ダメ…か?」

咲「…はぁ、京ちゃんは中学のときから本の虫で、私がいないとダメダメなんだから」

京太郎「そ、そんな事はないぞ、道を迷う事はないし…」

咲「…じゃあ、私がいなくても大丈夫だね!」

京太郎「ま、待って!咲、咲さん、咲様」

京太郎「いつも感謝してるぞ!レディースランチとか……他にはえーっと…」

咲「…じゃあね」

京太郎「待って!」




そんなこんなで麻雀部部室

京太郎「失礼します」ガラッ

優希「全く、遅いじぇ京太郎!」

京太郎「す、すまん片岡さん」

優希「優希でいいと言っているんだじぇ」

和「あの、そちらの方は…」

京太郎「あ、ああコイツは俺の中学からの友達で宮永咲っていうんだ原村さん」

咲「京ちゃん、頼んどいて『コイツ』はないんじゃないの」

京太郎「悪い、咲」

咲「もう!京ちゃんはいつも調子がいいんだから」

咲「えっと、今日は京ちゃんに頼まれて見学に来ました!一年の宮永咲です!よろしくね!」

優希「…なぁ、京太r」

久「でかしたわよ須賀君!これで念願の団体戦が出れるわ!」

京太郎「わっ、部長」

久「宮永さん、是非とも麻雀部に入って!」

優希「待つんだじぇ!」

優希「大会に出るには相応の腕前が必要なんだじぇ!」

京太郎「片岡さん?」

とかあって、入部テストとかあったり、2連覇のIHチャンプの妹はいないとかの記事とか色々あって、京太郎と咲は何だかんだで付き合って二人は幸せなキスをして終了!

カン!
ちょっと蛇足

京太郎「…ふむ」ペラッ

咲「こら京ちゃん!本を読みながら歩くのは危ないっていつも言ってるでしょ」

京太郎「うおっ、咲!どうしてここに?」

京太郎「…というか、ここどこだ?」

咲「京ちゃんが買い出し遅いから迎えに来たんだよ!まったく」

咲「…で、今度は何読んでるの?」

京太郎「美味しいタコス100選って本だ、片…優希にタコス作りを頼まれてな」

咲「へー、そんな本があるんだね」

京太郎「ああ、東京に行った友達にタコスの作り方の本はないか教えてもらったんだ」

咲「そうなんだ、私にも東京に行ったお姉ちゃんがいるんだけどさ」

咲「京ちゃんみたいに本好きでよく本を貸してきてくれたんだけど」

咲「ジュースを零しちゃったり、なくしたりしたらそれ以降口も聞いてくれなくなっちゃったよ」

京太郎「……」

京太郎「咲には絶対本は貸さん」

咲「ええっ」


再びカン!