その後のちょっとした小咄


久 保「そうか。 それでこそ私も教え甲斐があるというもの……ん?」

久保先生の目がどこか俺ではないところを見ている。
視線の先を見てみると…?

『カナチャンダシー
 ソロソロ ワタシモマゼロヨ ダシー』

変な歌を歌ってる女の子?
視線を久保先生に戻す。
……ッ!!??

久 保「イイイイイイイイケエエエエエエエエエエエダアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」

京太郎「ヒッ!?」

久 保「池田コラアアア!!!! 今日は部活あんだろオラアアアァ!!!!」

怒声を立てて女の子の方へ物凄い勢いで走っていく…。
俺、あの人に指導してもらって本当に大丈夫なんだろうか…。

『ウワアァァァァァ、ナンデ コーチガ コンナトコロニイルンダシ!?』
『イッケッダァァァ!!!!』
『ワアァァァァァァァァァ!! カンニンシテェ!!』

……まぁ、なんとかなるか


ちゃんちゃん♪

名前:
コメント: