憧「お待たせ~」

京太郎「おう、おはようさん。じゃ行くか」

憧「てゆーか、寒すぎっ!」

京太郎「この冬、最大の寒波らしいぜ。なんか半月くらい前にも聞いたような気もするけど」

憧「もうほんと勘弁してほしいわね」

京太郎「ん?お前、手袋は?」

憧「え?あ、道理でいつもより寒い」

京太郎「忘れたのか、つーか今まで気づかなかったのかよ」

憧「てへっ」

京太郎「てへっじゃねーよカワイイな、宥さんなら死んでるぞ。待ってるから取ってこいよ」

憧「う~ん……あ、そうだ」

憧「ねぇ京太郎、左手貸して」

京太郎「?、はい」スッ

憧「てぃ」
スポン
京太郎「ぬぁ!?空気が冷た痛い!!」

京太郎「お前なぁ!」

憧「あ~あったかい、京太郎の温もり?」

京太郎「ったく、片方だけでいいのか?」

憧「え?もう片方もいいの?」

京太郎「そりゃお前、彼女が寒がってたら温めてやるのが彼氏の仕事だろ」

憧「うん、京太郎のそういうところ好きよ。でも……ちょっと違うやり方で温めて欲しいかな」

京太郎「違うやり方?」

憧「うん、こんな風に」
手を繋いで京ちゃんのポケットにin

憧「これなら二人とも寒くない、じゃない?」

京太郎「お、おぅ…」

憧「京太郎の…あったかい」

京太郎「…お前の手が冷たすぎるんだよ」

憧「だから、京太郎が温めてくれるんでしょ」

京太郎「お、おう任せろ!」

憧「………」

京太郎「…………」

京・憧(これメッチャ恥ずかしい!!)


憧ちゃんが次の日も手袋を忘れたのはまた別のお話

カン