穏乃「パンツがみたい?わかった!家からとってくるねー!」ピュー

京太郎「いやそういう事じゃなくてだなー!」


シロ「パンツがみたい?」

シロ「……どうぞ」ピラ

京太郎「いや、そう堂々と出されてもなんというか風情がないというか」

京太郎「って履いてないじゃないですかぁーっ!!?」

シロ「ダルくて履くの忘れてた…」



一「パンツがみたい?」

一「………パンツって何?」

京太郎「え、えぇぇ~……」