淡「ん~~……どうしよう……」タン

尭深「淡ちゃん、最近随分悩んでるね?」タン

淡「え?あ、うん。ちょっとね」

誠子「何をそんなに悩んでるんだ?」タン

淡「あ、それロン。12000ね」

誠子「あぁっ!?」ガーン

尭深「淡ちゃんのトップ。これで3連勝、かな?」

淡「ん~……」

誠子「ほんと、気の抜けた返事。一体どうしたんだ?」

淡「うん……最近ね、ちょっと上手く出来てなくて……」

誠子「え゛!?」

尭深「……?淡ちゃんはちゃんと出来てるよ?ちょっとした失敗もあるみたいだけど、淡ちゃんらしく出来てたらそれでいいんじゃないかな?」

淡「う~ん……ん?え!?た、たかみー、知ってるの!?」

尭深「え?う、うん。それはそうだよ」

誠子「ずっと近くにいるんだもんな。それくらいは私でも分かるぞ?」

淡「ぅわ~、そんなにバレバレだったのか~……あ、で、でも、キョータローには絶対言わないでね!?」

誠子「へ?京太郎?なんで今それが――――」


京太郎「それローン!!7700!!どうだ!!」

白糸部員A「うおっ!?須賀にやられたぁ!?」

白糸部員B「やっべ、捲くられたよ」


誠子「っと、噂をすれば。あいつも随分と調子いいよな」

尭深「宮永先輩がずっと虎姫の側に置きたがってたからじゃないかな?知らず実力はつくよ」

誠子「あ~、だなぁ」


白糸部員B「それにしても、須賀はほんと強くなったよな。攻撃力が馬鹿にならねぇ」

京太郎「へっへ~ん!伊達にチーム虎姫の雑用してないぜ!」

白糸部員A「雑用だけでも十分自慢なんだよ、畜生っ!」

白糸部員C「……でも、防御はダメ。ロン、12000」

京太郎「うぎゃ~~っ!?また落ちた~~っ!!」

淡「あ~あ~、何やってんだか、キョータローは……」

尭深(口では呆れながら視線はデレてる)ヒソヒソ

誠子(こいつもほんと素直じゃ無いよな)ヒソヒソ

尭深「ねぇ、淡ちゃん。なんで須賀くんに言ったらダメなの?」

淡「え、だってそんなの、恥ずかしいじゃん、全然上手くならないし……それにもしかしたら幻滅されるかも知れないし……」

誠子(こいつ、まだインハイのこと気にしてるのか?あれは仕方が無かったってずっと言ってるのにな……)

誠子「それは考えすぎだって。京太郎はそんな奴じゃないだろ?」

尭深「そうだよ。それに淡ちゃんはもう立派な須賀くんの彼女なんだから、そんな程度のことじゃ幻滅されないよ?」

淡「そうだといいんだけどな……」

尭深「大丈夫だよ、淡ちゃん。淡ちゃんらしくあれば、それで大丈夫だから」

淡「……うん、分かった。頑張ってみる。ありがとうね!あ、でも、キョータローには内緒にしててね!」

誠子「はいはい」

尭深「うん」

淡(よ~っし!頑張って間に合わせるぞ~っ!)



~~クリスマス当日~~

京太郎「え~っと……あれは用意した。こっちも準備オーケー。よし、あとはこれを焼けば……」

ピンポーン
京太郎「っと、来ちまったか。今開けるからちょっと待ってくれ~!――」ガチャ

淡「メリークリスマーッス!!」

京太郎「メリークリスマス!さっ、入ってくれ」

淡「おっじゃましま~す!わ~っ!いい匂い!!」

京太郎「おう!折角のクリスマスだからな。腕によりをかけて作ったぜ!」

淡「さっすがキョータロー!」

京太郎「ケーキは今焼いてるから後でな。まずはこっちを食べちまおう」

淡「は~い!」

京太郎「よし、そんじゃあ……」

京淡「いただきまーす!」

~~~~

京太郎「ふぅ~、食った食った」

淡「美味しかった~!キョータロー、また料理の腕上げた?」

京太郎「どうだろうな?色々作ってる内に慣れてきたのはあるけど。まあ、淡に喜んでもらえたなら良かったよ」

淡「ふっふ~ん!ようやった、褒美をつかわす!」

京太郎「はは~、有難き幸せ」

淡「……フフッ」

京太郎「……ははっ」

京淡「アハハハハッ!」

淡「やっぱりキョータローといると楽しいっ!」

京太郎「それはお互い様だな。あ、そうだ。ホレ」ポーイ

淡「ん?わわっ!?」トサッ

京太郎「俺からの心を込めたクリスマスプレゼント。開けてみ?」

淡「う、うん……わ~っ!!カワイイセーターだ!!でも、こんな柄見たこと無い……これ、どこで買ったの!?」

京太郎「はは、気に入ってもらえてよかった。それ、俺が編んだんだよ」

淡「え~っ!?す、凄っ!?キョータローは何でも出来ちゃうね!」

京太郎「いやいや、ネットのおかげだって」

淡「ほんと、何でも出来すぎだよ……」

京太郎「淡?」

淡「…………う~……ええいっ、行っちゃえっ!!キョータロー!はい、これっ!!」

京太郎「おっとと……お?これ、淡からのクリスマスプレゼント?」

淡「う、うん……一応そう、なんだけど……」

京太郎「お~っ!サンキューな、淡!これは……マフラーか。それも、手編みじゃないのか、これ?」

淡「うん。でも、色々失敗しちゃってさ……模様が不格好だし、長すぎるし……」

京太郎「ふ~ん……なぁ、淡、ちょっと」チョイチョイ

淡「?な~に?」

京太郎「よっと」フワッ

淡「え?え?ちょっ、なに!?」

京太郎「長いマフラーはさ、こうして2人で使えばいいじゃん?模様もこれはこれで俺は好きだぜ?なんたって、淡が作ってくれたんだからな!」

淡「……キョータローっ!!」ダキツキ

京太郎「おっと!?」

淡「ありがとう……キョータロー、ありがとう!」グスッ…

京太郎「はは、そんなに気にしなくて良かったのに。まったく、淡はカワイイなぁ」ナデナデ

淡「……ねぇ、キョータロー?」

京太郎「ん?どうした?」

淡「これかも、ずっと一緒にいようね!」

京太郎「ああ、勿論!」

カン!