穏乃「それロンッ! いよっしゃー捲った!!」

玄「ぶぇ!?」

憧「うわー、綺麗に山越しで決めたわね」

穏乃「玄さんから直撃じゃないと逆転出来なかったからね」

玄「またオーラスの捲られてしまったのです……」

宥「げ……元気だして玄ちゃん」

晴絵「んー、玄は先制してから保守的になりすぎる癖があるね」

灼「ドラは玄以外にはいかないから、当たってもそれほどの痛手にならないことが多い」

晴絵「そうそう、だからもっとガンガン攻めていってもいいよ」

玄「ふぅーむ、なるほどなるほどなるほどー」


 ぐぅぅ


穏乃「……何か食べない?」

憧「もー!! こんな遅くにそんなこと言わないでよー!」

晴絵「でもたしかにお腹がすいてくる時間帯だね」


 ガラッ


京太郎「そんなこともあろうかと思いまして」

憧「あっ、さっきからどこ行ってたのよ?」

京太郎「晩飯から結構な時間経ったから、みんな腹減ってないかと思って夜食でもとな」

穏乃「えっ!? なになに!」

京太郎「合宿中の夜食と言ったら――おにぎりとサンドイッチだろ!」

穏乃「うおー!!」

憧「ちょっとしず! 声、声おっきいってば!」

玄(すごいのです! 形は綺麗な三角形なのに口の中でほろりと崩れる!)

憧(ま、巻いてあるのは韓国海苔かしら? パリパリの程よい塩気が白米と合わさって――)

穏乃「おかわり!」

宥(わぁ……しっとりふわふわなパンにバターの香り……あったかーい)

灼(みずみずしいレタスの食感……溢れ出すトマトの甘酸っぱい果汁……)

晴絵(半熟の目玉焼きが挟んである!? 私が自分で作るのよりもはるかに美味しい! でもくやしいっ!)

穏乃「京太郎ってほんと麻雀以外は何でもできるよねー」

京太郎「麻雀部員としては致命的な一言が聞こえたぞ」

穏乃「大丈夫大丈夫、最初はみんな初心者なんだよ。それに私達もついてるしっ!」

京太郎「……穏乃、お前はほんと可愛いなー」ワシャワシャ

穏乃「わー♪」


 カンッ


憧「ところで京太郎って料理どこで覚えたの?」

京太郎「これでも最初は全然できなかったんだぞ? 地元でその筋の人にちょっと習ったんだよ」

京太郎「料理以外にもいろいろ教わったなー」

憧「へえー、たとえば?」

京太郎「瞬間移動とか」

憧(その筋の人っていったいどの筋の人よ……)


 モイッコカンッ