憧「う~ん……」

京太郎「……」ジー

憧「この人の打ち筋は癖がありすぎてあんま参考にならなそう……」

京太郎「……」ジジー

憧「……」

京太郎「……」ジジジー

憧「ねぇ」

京太郎「ん?」

憧「そんなに見られると流石に気になるんだけど」

憧「なんか言いたいことでもあるの?」

京太郎「憧、かわいいなぁ」

憧「……ふぇ?」

京太郎「憧がかわいいからつい見つめ、見惚れてた」

憧「な、何回も言わなくていいからっ!」////

京太郎「こんな美少女が彼女なんて俺は幸せだなぁ、って」

憧「京太郎だって……」

京太郎「?」

憧「京太郎だってかっこいい、よ?」

京太郎「へ?」

憧「//////」

京太郎「憧……」スッ

憧「ねぇ京太郎、あたしのこと好き?」

京太郎「好きに決まってるだろ」

憧「じゃあ……どれくらい好き?」

京太郎「どれくらいって、難しいな……そうだ」

憧「?」

チュッ

憧「!?」

京太郎「伝わった?」

憧「……まだわかんない」

京太郎「しょうがないな」

チュッ

憧「もっと」

チューッ

憧「んっ……ぷは」

京太郎「……じゃあ、今度は憧の番な」

憧「え?」

京太郎「俺のことどれくらい好き?」

憧「……それじゃ目つむって?」

京太郎「あぁ」

憧「京太郎……」ピトッ

ガタタッ

京・憧「!!??」

アワワワワ
クロチャー!?
ダイジョーブデスカ!?
あ、バレた


憧「あ、あああああんたたち…いつからそこに……」

玄「い、今来たとこだよ!?」

穏乃「そうそう!ちょっと入りにくくて……」

灼「『京太郎もかっこいい、よ?』あたりから」ズバー

憧「(声にならない声)」

宥「あつい……」

玄「なんでバラしちゃうのー!!」

灼「どうせすぐバレる…」

憧「ふ」

穏乃「あ、憧?」

憧「ふきゅあああああああああああああ」ズダダダダダダダダダダダ

穏乃「憧ぉぉ!どこ行くんだー!!」

宥「京太郎くん…?」

京太郎「……」

宥「だいじょうぶ…?」

京太郎「フッ……」

宥「?」

スタスタスタ…ガチャ、バタン

穏乃「あぁ!京太郎が無言でロッカーに!」

ロッカー『あああああああああああああああああああああああ』

穏乃「きょ、京太郎ーーっ!!」

宥「ふえぇ……」プルプル

晴絵「ねぇ憧が叫びながら猛ダッシュしてたんだけど……」


アラタチャンノバカー
ワズラワシ…
『アアアアアアアアアアアアア』
キョータロォォーー!!
フエェェ


晴絵「なんだこれ」





屋上

憧「あ」

京太郎「おう」ヨッコイセ

憧「部活始まっ…てる、よね」

京太郎「今日はもう来なくていい、ってか帰れってさ」

憧「え、なんで!?」

京太郎「事情を知った先生がな、お前が顔出せるわけないからって」

憧「あぅ……」

京太郎「で、だ。今後こういうことが続くようなら俺、しばらく部活禁止だって」

憧「えっ!??」

京太郎「部の活動を著しく阻害しちゃってるわけだからなぁ」

憧「なんで京太郎だけなの!?」

京太郎「全国を目指してるお前と高校から始めた初心者の俺。お前が優先されるに決まってるだろ」

憧「でも」

京太郎「ま、ちゃんとTPOを弁えてれば問題無いんだからさ」

憧「……」

京太郎「だから、なんというかその……ちゃんとしよう」

憧「そうね……」

京太郎「はー、それにしても恥ずかしかった。先生に叱られてるときとかマジで死ねた」

憧「……」

京太郎「さて時間できちゃったけど、どうする?帰るか?」

憧「……もう少しここにいよ?せっかく、二人きりなんだし」ピッタリギュー

京太郎「お前、反省してる?」


カン



穏乃「赤土先生、さっきの本気ですか?」

晴絵「ん?」

穏乃「京太郎部活禁止って」

晴絵「今日みたいなことが続いたら、さすがにケジメはつけなきゃダメでしょ」

晴絵「いまは大事な時期なんだよ?」

穏乃「そうですけど~」

玄「でもどうして京太郎くんだけなんですか?」

晴絵「戦力的にも人数的にも憧は欠かせないってのは、もちろんあるけど」

晴絵「憧にもペナルティつけたら、須賀くん辞めるって言い出しかねないしね」

晴絵「そうなると憧だけじゃなくてみんなのモチベーションに関わりそうだし」

宥「それはあったかくないですね……」

穏乃「京太郎も大事な仲間ですよ!」

晴絵「うん、そうだね。それに憧は憧で自分より周りにダメージがあるほうが効くと思うから」

灼「ハルちゃん、まるで先生みたい…!!」

晴絵「先生だっての」


モイッコカン