明華「ミーはおフランス帰りザンス~」

智葉「何を言ってるんだお前は、遅刻だぞ」

ハオ「今日のおやつはとても美味しかったです。残念でしたね」

明華「えっ私の分はありませんか!?」

ダヴァン「今日のトップの景品になりまシタ」

智葉「少しは反省しろ」

明華「そんなぁ……」

京太郎「まぁまぁ、今日のは生菓子だから置いておくと悪くなるんで、早く食べてもらいましょう」

明華「いいんですか?」

智葉「まったく、しょうがないな。それじゃあ他の奴は練習再開だ」

ネリー「はーい」


京太郎「じゃ、明華さんの分はそこに置いてあるんで」

明華「おやぁ?用意してくれないんですか?」

京太郎「いや俺も練習しなくちゃいけませんから……」

明華「日本の男性は女性に一人でお茶を飲ませるんですか?」

京太郎「……」

京太郎「お待たせしました、お姫様」

明華「はい、お姫様は満足ですよ」

京太郎「はぁ……俺も後で智葉さんに怒られるな」

明華「その時は私も一緒ですよ」

京太郎「そりゃ明華さん遅刻しましたもんね。何してたんですか」

明華「今日は公園でお昼してたんですけど、とてもよい陽気で」

京太郎「そうでしたね、いい天気でした」


明華「今度一緒に行きましょうよ」

京太郎「公園にですか?」

明華「そうですよ。フランスではよく休日に公園でのんびり過ごすんです」

京太郎「へぇ、なんかいいですね」


明華「日本人はもう少しのんびりした方がいいと思うんですよ」

京太郎「うーん、そうなんですかねぇ」

明華「そうですよ。おやつの時間だって、なんで3時からなんですか」

京太郎「いやぁ、それは習慣だからとしか……」

明華「それに日本人って、休憩時間は何時何分から!何時何分まで!ずばあっ!って決めるじゃないですか」

明華「そんな事で本当に休めるんですか?」

京太郎「んん……そう言われるとちょっと時間に急かされてる気が……」

明華「そうです、時間に囚われ過ぎなんですよ」

明華「それに良い事だってありますよ?」

京太郎「なんです?」



明華「ホラ、今だって京太郎君と一緒に過ごせてます」

明華「ちょっと遅れたおかげで二人だけの時間が作れました」

明華「本当なら今日はずっと練習して、終わったらすぐ帰るはずだった……」

明華「でもこうしてお茶する時間ができて、私にはとても良い事です」


明華「ラッキー」

京太郎「明華さん……」

明華「ね、今度のお休みに一緒に行きましょう?」

京太郎「……そうですね」

明華「フランスの休日は朝寝坊が当たり前ですけど」

京太郎「当たり前なんだ」

明華「やはり家族や恋人といった大切な人と過ごす。これが一番です」

京太郎「こ、恋人って……」


明華「朝はパン屋さんでサンドウィッチを買って行きましょう」

明華「食べたらお昼寝しましょう。おしゃべりするのもいいですね」

明華「貴方となら何をしても楽しそうです」

京太郎「ええ、俺もなんだか楽しみになってきました」


明華「あ」

京太郎「どうしました?」





明華「もしかして一緒に朝寝坊もしたいですか?」

京太郎「みょみょみょみょんふぁさんん!?」


カン!