京太郎「マホ誕生日おめでとう」

マホ「ありがとうございます!須賀先輩の作ってくれたケーキ美味しいです!」

京太郎「俺にはこのくらいしか出来ないからな」

マホ「そんな事ありません!マホ、いっつもお世話になってます!」

優希「そうだじぇ。よく咲ちゃんと一緒に迷子になったり」

ムロ「よく宮永先輩と居眠りしたり」

和「この間の合宿では咲さんと一緒に忘れ物を取りに行ってバスを待たせていましたね」

咲「ちょっと、なんか私にチクチクきてるんだけど……?」


京太郎「ありがとな。マホはやっぱり良い子だなぁ」

ナデナデ

マホ「えへへ」


和「須賀君、やはりそっちですか……」

京太郎「待って。そっちって何?やっぱりって何?」

優希「あの副会長と同類の……」

京太郎「ち、違う違う!」

京太郎「マホに対してそんな感情は無い!」

京太郎「なんていうか、マホは娘みたいなもんなんだよ」

ムロ「娘ですか」

京太郎「そう、こんな良い子なんだ。間違って悪い道に進まないようにしないとな」

ナデナデ

マホ「えへへ」

咲「京ちゃんそういうトコあるよね。なんか変に面倒見がいいというか」

和「さすが面倒見てもらってる人が言うと説得力がありますね」

咲「ねぇ、さっきから私の扱いなんなの?」


京太郎「このまま真っ直ぐに成長してほしいよな」

京太郎「でもマホも段々大人になっていって……」


京太郎「は、反抗期なんてきたら……」カタカタ

優希「は?」

京太郎『マホやめろ!そんな牌が可哀そうになるツモり方は!』

マホ『うるさいです!マホの勝手です!』

和「竹井先輩のアレ反抗期だったんですか」


京太郎『マホ、帰ろうぜ』

マホ『一緒に帰って友達に噂されると恥ずかしいです』

ムロ「いや、これはちょっと違う気が」


マホ『先輩の下着と一緒に洗濯しないでって言ったじゃないですか!』

京太郎『ゴ、ゴメン……』

咲「逆になんで一緒に洗濯してるのか」


京太郎「そしていつかは……」カタカタ

優希「お前さっきから大丈夫か?」


マホ『マホこの人と結婚します』

京太郎『待ってくれマホ!行かないでくれ!』

一太『お義父さん、マホちゃんを僕にくだsゴホァッ!?』

京太郎『貴様にお義父さんと呼ばれる筋合いは無い!!』

和「ホントにですよ」

京太郎「そ、そんな……そんな……」

マホ「先輩!しっかりしてください!」

京太郎「マホ!」

ギュウゥゥ

マホ「わっ」

京太郎「マホを他の男になんか渡さないからな!」

京太郎「マホは俺が幸せにしてやるから!」

咲「京ちゃん!?」

優希「ちょ、ちょっと!おい!なに言ってんだこの馬鹿犬!」

和「やっぱりそっちでしたか……」

ギャーギャー!

マホ「よくわかりませんけど、須賀先輩もらっちゃいました!」

マホ「最高のプレゼントです!」

ギャーギャー!




ムロ(マホ、よかったね)

ムロ(後片付け、私ががんばらないと……)

カン!
マホたんイェイ~